ニュース
» 2010年12月13日 18時58分 UPDATE

ソーシャルゲームで遊べる「MSNゲーム」 NHN Japanと協業

ソーシャルゲームやRPGなど約130タイトルをそろえた「MSNゲーム」が来年1月にスタート。「ハンゲーム」のコンテンツをMSN向けに再構成して提供する。

[ITmedia]

 「ハンゲーム」を運営するNHN Japanとマイクロソフト(MS)は12月13日、オンラインゲーム事業で協業し、RPGやソーシャルゲームなど約130タイトルをそろえた「MSNゲーム」を来年1月17日に開設すると発表した。

 ハンゲームのコンテンツをMSN向けに再構成して提供。ソーシャルゲームやパズル、カードゲームなどを基本無料でプレイできるほか、アイテム課金機能も用意。アバターやブログ、チャット機能なども備える。

 開始時には、ソーシャルゲーム「もふもふ牧場」、RPG「真・女神転生IMAGIN」、対戦ゲーム「プロ野球 ファミスタ オンライン 2010」など約130タイトルを公開。ハンゲームのタイトルを随時、MSNに移植していく。

 プレイには、Windows Liveが必要。ハンゲームの会員と一緒にプレイすることもできる。今後、Windows Live MessengerなどWindows Liveサービスと連携していく予定だ。

 ゲームの開発や調達、チャットなどのコミュニティー機能の管理はNHN Japanが、サイトへの利用者の誘導や広告販売はMSが担当。サイトの運営やマーケティングは両社共同で行う。

 NHN Japanは、ハンゲームプラットフォームのユーザー増を目指すほか、「協業スキームを海外に広げることも視野に入れている」という。MSはゲームの拡充で「毎日使いたくなるポータル」としてMSNを強化する狙い。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -