ITmedia NEWS >
ニュース
» 2010年12月27日 10時32分 UPDATE

2011年のNAND型フラッシュ市場成長率は16%、アナリストが分析

2011年のNAND型フラッシュメモリ市場は平均価格は下落するが、ビット換算の出荷量が伸びる見通しという。

[EE Times Japan]

 市場調査会社である台湾のTrendforceの調査部門であるDRAMeXchangeによると、2011年のNAND型フラッシュメモリの平均販売価格(ASP)は対前年比で35%下落するものの、ビット換算の出荷量が大きく伸び、売上高は対前年比で16%増の215億米ドルに達するという。

 NAND型フラッシュメモリの製造プロセス技術の移り変わりは激しい。2010年は4Xnm世代と3Xnm世代が中心だったが、2011年には3Xnm世代と2Xnm世代に移行する見込みだ。→続きを読む

この記事はEETIMESから転載しています。

Peter Clarke:EE Times (翻訳 高井麻里子、編集 EE Times Japan)


関連キーワード

NAND | DRAM | 台湾


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.