ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「台湾」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「台湾」に関する情報が集まったページです。

電子ブックレット:
半導体業界をいかに生き抜いたか ―― 小さな国の賢い戦略、台湾の成功を行政トップに聞く
アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、半導体業界を生き抜いてきた台湾の裏側に迫る「小さな国の賢い戦略、台湾の成功を行政トップに聞く」をお届けします。(2019/1/21)

海外事例:
ザハ・ハディド氏の遺作「新店裕隆城」を熊谷組が受注
熊谷組は、台湾の新北市で、裕隆汽車製造股フンから建築家・ザハ・ハディド氏の遺作となった超高層複合ビル「新店裕隆城」の新築工事を受注した。(2019/1/15)

今日のリサーチ:
台湾とタイではどのSNS広告がクリックされるのか――アウンコンサルティング調べ
アウンコンサルティングは、台湾とタイのWeb広告に関する意識調査を実施しました。(2019/1/9)

製造マネジメントニュース:
半導体パッケージ向け材料事業を強化、中国・台湾の需要増に対応
パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズは、半導体パッケージやモジュール向けの基板材料「MEGTRON GX」について、中国および北東アジア地域での生産・開発機能を強化すると発表した。(2019/1/8)

「ほとんどビルの爆発か火事レベル」 台湾の超高層ビルでのカウントダウン花火がすさまじいと話題に
ド派手な新年のお祝い花火!(2019/1/5)

MSI、奥行き174mmの短寸設計を採用したGeForce RTX 2070グラフィックスカードなど2製品
台湾MSIは、短寸基板を採用するGeForce RTX 2070搭載グラフィックスカード「GeForce RTX 2070 AERO ITX 8G」など2製品を発売する。(2018/12/21)

「爆音サウンド(!?)」奏でる電動バイク爆誕 台湾キムコの電動スーパースポーツ「SuperNEX」がすげぇ
「電動車の静けさはシラケる。ワイのバイクはこうや」 この考え方、好き。(2018/12/15)

日本女性グループ初の快挙 「9nine」、台湾で“冠番組”が放送決定
「人生でこんなことがあるとは」と喜びを爆発させたメンバーの村田さん。(2018/12/13)

タクシー配車アプリ、普及弾み 「0円」「日台連携」……サービスの拡充相次ぐ
タクシー配車アプリの普及拡大に向けた動きが加速している。DeNAは5日、神奈川県内で展開していたタクシー配車サービスを東京都内に拡大し、運賃を広告主などが負担する「0円タクシー」の運行を開始。大和自動車交通は同日、台湾最大手タクシー会社との提携で、配車アプリの国際連携サービスに乗り出した。(2018/12/7)

MSI、Core i9+GeForce RTX 2080を搭載したスリムゲーミングPC「Trident X」
台湾MSIは、約130mm幅のスリム筐体を採用したハイスペックゲーミングPC「Trident X」を発表した。(2018/12/6)

横須賀15億円、台南50億円 「ポケモンGO」のイベント経済効果
米Nianticはこのほど、2018年に実施したリアルイベントの経済効果について報告した。今年8月の横須賀は約15億円、11月に台湾の台南市で実施したイベントは50億円を超える経済効果があったという。(2018/12/5)

ET2018:
産業用IoTを一歩前に、トレンドマイクロとMoxaが合弁会社設立
産業用ネットワーク技術などを展開する台湾のMoxaは「Embedded Technology 2018/IoT Technology 2018(ET2018)」のマイクロソフトブース内に出展し、同社機器を使い、遠隔稼働監視ソリューションを提案した。また、2018年11月15日に発表したトレンドマイクロとの合弁会社設立などについても紹介した。(2018/11/20)

C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2018:
台湾の“無人セブン-イレブン”、どんな風に買い物できる? 仕組みを体験してきた
7月に台湾にオープンした“無人セブン-イレブン”の仕組みを体験できるブースがNECのイベントに登場した。(2018/11/7)

ビジネスマッチングなど:
みずほ銀が台湾経済団体と提携 日台企業の「橋渡し役に」
みずほ銀行は5日、台湾の経済団体である三三企業交流会と提携した。企業同士を引き合わせるビジネスマッチングやイベントなどを開催することによって、日本と台湾双方の企業の連携を後押しする。(2018/11/6)

“実名システム”実装を要求か:
仮想通貨の匿名取引を実質禁止に? 台湾でマネロン防止法など改正
台湾の立法院は11月2日、マネーロンダリング防止法やテロ資金防止法の改正案を可決。その内容にはビットコインなどの仮想通貨における金融犯罪対策も含まれる。FOCUS TAIWANが報じた。(2018/11/5)

米司法省、中国と台湾の半導体企業などを起訴 米MicronからDRAM技術盗んだ罪
台湾の聯華電子と中国国有の福建省晋華集成電路および、米Micron Technologyの台湾子会社従業員だった台湾人3人が、経済スパイに関与した罪で米大陪審に起訴された。(2018/11/2)

兵役は「時間の無駄」:
「中国に勝てない」、徴兵廃止の台湾で若者が軍離れ
台湾の若者にとって兵役は「時間の無駄」で、中国に対して台湾が経済的もしくは軍事的に立ち向かう可能性は低い、という。(2018/11/2)

VAIO、台湾BenQと提携 電子黒板事業で
VAIOが台湾BenQと電子黒板事業で提携。BenQ製造の電子黒板をVAIO Libertaブランドで販売する。(2018/11/1)

VAIOとBenQが電子黒板事業で提携 国内で「VAIO Liberta」ブランドとして販売を開始
VAIOと台湾BenQが電子黒板事業での提携を発表。BenQ製電子黒板の販売をVAIOが国内で担当する。(2018/11/1)

テックウインド、40カ国語対応のポータブル翻訳デバイス「Speak Me」の取り扱いを発表 年内発売予定
テックウインドは、台湾INSTANT TECHNOLOGY製のポータブル翻訳デバイス「Speak Me」の取り扱いを発表した。(2018/10/17)

バッテリーレスで情報を書き換え:
UHF帯RF IDを用いた電子ペーパータグ技術を開発
富士通セミコンダクターは、UHF帯無線給電技術を用い、電子ペーパーディスプレイの表示内容をバッテリーレスで書き換えることができる技術を、台湾のE Inkと共同開発した。(2018/10/11)

台湾発の注目AI企業が打ち出す新たな一手:
AIベースのマーケティングオートメーションでデータが不十分な企業でも勝てる――Appier CEOに聞く
台湾発のAIテクノロジー企業Appierが満を持してマーケティングオートメーションプラットフォームをローンチした。その狙いとは何か。CEO兼共同創業者のチハン・ユー氏に話を聞いた。(2018/10/5)

リゾートウエディングに広がり:
沖縄で挙式してからサイクリング観光 台湾のカップルら取り込め
沖縄で結婚式を挙げる台湾のカップルと参列者の一部がサイクリングで沖縄観光を楽しむという。沖縄リゾートウェディング協会は「リゾートウエディングとスポーツツーリズムが結び付いた新たな形」と今後の展開に期待する。(2018/10/4)

MSI、H310チップセット採用のエントリーmicroATXマザー
台湾MSIは、Intel H310チップセットを採用するmicroATXマザーボード「H310M PRO-VH PLUS」を発売する。(2018/9/28)

FAニュース:
“緩やかな標準”を台湾に、IVIと台湾のITRIが産業向けIoT推進で提携
インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(以下、IVI)は2018年9月19日、台湾の研究機開発機構である「工業技術研究院(Industrial Technology Research Institute of Taiwan、以下ITRI)」と産業向けIoT(IIoT)推進で連携することを発表した。(2018/9/20)

海外事例:
三菱地所設計が台北市の再開発プロジェクトを受注、延べ38万m2の住宅・商業複合施設で2020年着工
三菱地所設計は、台湾・台北市東部のターミナル南港駅に隣接して計画されているオフィス・住宅・商業施設・展示場などで構成する「台北南港商三特区再開発プロジェクト」を受注したと公表した。(2018/9/14)

電気自動車:
ヤマハ発動機が台湾メーカーと協業、バッテリー交換型電動スクーターのOEM供給で
ヤマハ発動機と台湾の二輪車メーカーGogoroは2018年9月11日、台湾市場向けの電動スクーターに関する協業の検討を開始したと発表した。協業の対象は、電動スクーターの開発と生産委託、バッテリー交換システムの共用で、2018年内の正式契約を予定している。エンジン車も含めて台湾市場向けのラインアップを拡充する。(2018/9/12)

アリオン:
LoRaWAN認証対応の全地域を対象とした認証プログラムをスタート
アリオンは同社の台湾ラボが、LoRa Allianceより第三者認証試験機関(Authorized Test House:ATH)の認定を受けたことを発表した。(2018/9/11)

スマートファクトリー:
スマート工場化で活況のFA市場、台湾のMoxaが産業用ネットワーク機器の提案強化
産業用ネットワーク技術などを展開する台湾のMoxaは日本向けの提案を強化する。主にFA向けと鉄道向けでの産業用ネットワークの展開を拡大する方針を示す。(2018/9/3)

AppleのMicroLEDディスプレイ研究で台湾企業訪問
AppleがAU OptronicsのMicroLED研究開発センターを訪問したようだ。(2018/8/31)

製造マネジメントニュース:
LoRaWAN認証対応の全地域を対象とした認証プログラムを開始
アリオンは、同社の台湾ラボがLoRa Allianceより第三者認証試験機関の認定を受けたことを発表した。また、ヨーロッパやアメリカ、日本などLoRaWAN認証対応の全地域を対象とした認証プログラムを開始した。(2018/8/30)

工場ニュース:
旋盤、立形マシニングセンタなどを生産する台湾の新工場稼働
オークマは、台湾新北市鶯歌区に建設していた大同大隈新工場の稼働を2018年8月から開始した。新工場ではGENOSブランド製品の高効率生産、増産を図っていく。(2018/8/29)

揺るがぬ優位性:
ファウンドリー業界の覇権を握り続けるTSMC
半導体ファウンドリーの先駆けとなる1987年のTSMC設立から30年以上がたったが、620億米ドル規模のグローバルビジネスにおける台湾の優位性が衰える気配はない。TSMCは2017年、ファウンドリー業界の世界売上高の約52%を占めた。(2018/8/23)

台湾に「FGO」魔神柱が出現! 第1部最終章配信に合わせ台北市街が“特異点”と化す
ソフトクリーム……ではない!(2018/8/16)

視野角210度、視線追跡も ハイエンドVR HMD「StarVR One」発表
台湾AcerとスウェーデンStarbreezeの合弁企業・台湾StarVRが、視野角210度と業界最広視野角を実現し、アイトラッキング機能も備えたVRヘッドセット「StarVR One」発表した。(2018/8/15)

コミュニケーション面の課題解消:
日本・台湾のタクシー大手が「Web配車予約」で連携 観光・送迎で相互送客
大和自動車交通が台湾のタクシー最大手・台湾大車隊と業務提携。Webサイトやアプリ上で、相手国での配車を予約できる実証実験を始めた。観光タクシーや空港への送迎にも対応する。(2018/8/6)

次期iPhoneにも影響? 半導体受託大手TSMCがウイルスで工場停止
Appleの「A12」プロセッサを受注したと報じられる半導体受託生産の最大手、台湾TSMCの多数の工場が8月3日、ウイルスの影響で停止した。完全復旧は6日の見込みで、第3四半期の収益に約3%の影響があるとみている。(2018/8/6)

MSI、AMD B450チップセットを採用する第2世代Ryzen向けマザーボード7製品を投入
台湾MSIは、第2世代Ryzen向けミドルレンジチップセットのAMD B450を搭載するマザーボード計7製品を発表した。(2018/7/31)

【マンガ】あのラーメンの具材が「メンマ」と呼ばれるようになった理由
台湾政府の抗議がきっかけだったとか。(2018/8/2)

LINE Pay、コード決済用の独自端末開発中 年内に日本・台湾で受け付けへ
LINE Payは、QRコード決済用の独自の決済端末「LINE Pay ORIGINAL DEVICE」を開発中だと発表した。年内に日本と台湾で申し込み受け付ける計画だ。(2018/7/31)

台湾電動スクーターメーカーの野望(前編):
電動スクーターを“普通に”使えるように、台湾二輪車メーカーはインフラ計画も描く
日本では現在、クルマの世界ではハイブリッド車の存在感が増し、少しずつ電動化の流れが強まってきていることを実感している人は多いはず。しかし2輪では、台湾が日本のはるか先を行く。そんな思いを抱かせる新型スクーターが登場した。(2018/7/31)

パイオニアやデノン、ASUSなどにEUが独禁法違反の罰金
EUが、台湾ASUS、ディーアンドエムホールディングス、蘭Philips、パイオニアの4社が欧州独占禁止法に違反したとして総額1億1100万ユーロ(約143億円)の制裁金支払いを命じた。オンライン小売り業者の値下げに介入したとしている。(2018/7/25)

台湾の無人コンビニ「X-STORE」、顔認証で決済 物体認識技術活用のPOSで商品一括読み取りも NECが技術提供
台湾セブン-イレブンの無人コンビニ「X-STORE」が、NECの顔認証AIを活用した顔認証システムと、異なる形状の商品でも高精度に識別する画像認識技術を活用したPOSシステムを導入。無人店舗のセキュリティと、顔認証を活用したスムーズな購買フローについて実証が行われる。(2018/7/24)

台湾セブン-イレブンの無人コンビニ「X-STORE」 顔認証で決済、画像認識で商品一括読み取り NECが技術提供
台湾セブン-イレブンがオープンした無人コンビニで、顔認証や商品の一括読み取りを行うシステムにNECのAI技術を活用。(2018/7/23)

製造マネジメントニュース:
三重富士通セミコンダクターがグローバル半導体企業の100%子会社に
富士通セミコンダクターは、同社が所有する三重富士通セミコンダクターの株式を、台湾の大手ファウンドリであるユナイテッド・マイクロエレクトロニクス・コーポレーションに譲渡することで合意した。(2018/7/18)

Apple、iOSやmacOS、Windows向けiCloudなどのセキュリティ情報公開
iOS 11.4.1で修正された絵文字関連の脆弱性では、「台湾」という単語を入力するたびに、アプリケーションがクラッシュすると報告されていたという。(2018/7/11)

DMS2018:
台湾3DプリンタメーカーXYZが日本の産業向け市場へ、「高品質、安い、速い」で
XYZプリンティングジャパンは「第29回 設計・製造ソリューション展(DMS2018)」(2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)において、同社の産業用3Dプリンタ新製品などを展示した。(2018/7/9)

大山聡の業界スコープ(7):
富士通三重工場の売却も決定……これからどうなる? 日本の半導体工場
2018年6月末、旧富士通三重工場を運営する三重富士通セミコンダクターが台湾のUMCに売却され、2019年1月にはUMCの完全子会社となると発表された。今回の売却も含めて“日本の半導体工場”の現状および、今後の方向性について考えてみたい。(2018/7/5)

米半導体大手Micronに対し、中国裁判所が販売差し止めの仮命令
米半導体大手Micron Technologyに対し、中国の裁判所が中国での26製品の販売差し止めの仮命令を出した。競合の台湾UMCが起こした特許侵害訴訟でのUMCの主張を受け入れたものだ。(2018/7/4)

HTC、台湾で1500人をレイオフ──Reuters報道
1月にGoogleにPixel部門を売却したHTCが、従業員の約4分の1にあたる1500人をレイオフするとReutersが報じた。(2018/7/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。