ニュース
» 2011年01月25日 14時52分 UPDATE

「不当な二重価格を排除」 「ポンパレポリシー」公開

クーポン共同購入サイト「ポンパレ」のクーポン掲載基準など「ポンパレポリシー」を公開した。“Grouponおせち問題”などを受け、ポンパレの審査の厳格さをアピールし、ユーザーの安心感を高める狙いがあるとみられる。

[ITmedia]
画像 ポンパレポリシー

 リクルートは1月25日、クーポン共同購入サイト「ポンパレ」のクーポン掲載基準など「ポンパレポリシー」を公開した。他社のクーポン共同購入サイトで問題が起きたことなどを受け、ポンパレの審査の厳格さをアピールし、ユーザーの安心感を高める狙いがあるとみられる。

 ポンパレではクーポン掲載前に、(1)企業そのものを審査する「掲載審査」、(2)景品表示法に基づいて二重価格を防ぐ「通常価格実績確認」、(3)景表法や薬事法など各種法規制違反を防ぐ「表現や内容の審査」――を実施。悪意による金銭被害や人体被害、チケットの内容の不実行、不当な二重価格を排除しているという。

 ポリシーでは「不透明なチケット、不正などがあった場合には厳しく対処を行い、ユーザーのみなさまに真摯に対応する」と明言。「常にユーザー第一の視点に立ち、ユーザーのみなさまにご満足いただけるサービスを推進していくことを誓います」としている。

 クーポン共同購入サイトをめぐっては、Grouponで“半額”で販売されたおせち料理が期日までに届かなかったり、届いた商品が事前の説明と違うといったトラブルが起き、大きな問題になっていた。

 ポンパレでも、オープン初日(当時は「ポンパレード」という名)に提供したクーポンの価格について「不当に高いのでは」という指摘が相次ぎ、クーポンの提供内容を変えていた。リクルートはその経験を糧に審査を厳格化し、トラブルを防いできたという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -