ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「景品表示法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「景品表示法」に関する情報が集まったページです。

「ここでしか手に入らない」と書かれていたのに…… 角川「くじ引き堂」への不満訴える投稿に注目集まる 運営元と弁護士の見解は
KADOKAWAが運営するオンラインくじサービス「くじ引き堂」の対応が物議を醸しています。(2024/2/16)

今日のリサーチ:
「しみ・しわ」「ダイエット」他 違反表現を含む広告商材の内訳――REGAL CORE調査
法令違反になり得る広告商材について、Webメディアでの配信状況はどうなっているのでしょうか。(2024/2/14)

「大復活」のインバウンド消費 取りこぼさないために重要な「MEO」とは?
ようやく「復活」といっても良さそうなインバウンド市場。2023年12月は19年比で110%近い成長を見せた。このチャンスを生かすために、知っておくべきポイントを有識者が解説する。(2024/1/31)

弁護士に聞きたい“ネットの話題”の法律:
「ポケモンカード」はなぜ高騰する? “ポケカプレイヤー弁護士”が解説 フリマアプリに潜むキケンとは
2023年はポケモンカードゲームの人気が急上昇した1年だった。新パックの発売日には行列ができ、発売形態はほぼ抽選予約で、現在まで入手困難な状態が続いている。なぜここまで“ポケカ”は人気なのか。自身も“ポケカプレイヤー”である弁護士が解説する。(2023/12/27)

消費者庁に送られた情報提供、実際は届かず 11月末から投稿フォームに不具合
消費者庁公式サイトの意見投稿フォームにシステム上の不具合があり、11月末から12月13日にかけて一部の問い合わせや意見投稿が届かない状態だったことが分かった。(2023/12/19)

ITmedia マーケティング用語集:
【用語解説】ステマ規制
2023年10月1日に施行されたステマ(ステルスマーケティング)規制について。(2023/11/20)

布袋寅泰、限定品の再販決定→中止せざるを得ない状況に 一部で高額転売相次ぐも再販“指摘”の声
300台限定で販売されていました。(2023/11/9)

旧ジャニーズタレントデザインの景品を急きょ変更 「当選後に知らされた」と久光製薬の対応に物議
当初は岩本照さんと重岡大毅さんがデザインされていました。(2023/11/1)

“糖質カット炊飯器”で優良誤認 販売4社に措置命令 糖質カットの根拠示せず
消費者庁は、糖質カット炊飯器の販売事業者4社に景品表示法に基づいて措置命令を行ったと発表した。(2023/10/31)

SEOタイムズ編集部が初心者向けにわかりやすく解説:
知らないとやらかす、「ステマ規制」における各ASPの対応まとめ
ステマ規制の実施によって具体的に何が起こっているのか、ASP8社の動向を踏まえて、知っておくべきポイントを解説します。(2023/10/31)

規制:
「口コミ高評価で値引きします」は法律違反 「ステマ規制」を弁護士が解説
10月から景品表示法にいわゆる「ステマ規制」が追加されました。今後、「口コミ高評価で値引きします」は法律違反になる可能性があります。(2023/10/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「六甲のおいしい水」はどこへ? “水買いブーム”の先駆けを、店舗で見なくなった理由
国内ミネラルウオーターの先駆けである「六甲のおいしい水」。1983年の発売以降ヒットを続け、飲料各社がミネラルウオーターを販売する呼び水にもなった。一方、最近は小売店で目にする機会もなくなっており、どうなっているのか。(2023/10/24)

小寺信良のIT大作戦:
「ステマ規制」スタートで混乱も? 「ステマ」は何が問題なのか、改めておさらいする
10月1日より景品表示法の一部が改正され、「ステルスマーケティング」が規制の対象となった。ただこのガイドラインの書き方が回りくどいこともあり、誤解や臆測を生んでいるのもまた事実だ。今回はこのステマ規制で、誰のどういう行為が対象になるのかを整理したい。(2023/10/19)

注意:
「知らなかった」では済まされない 新・ステマ規制のリスク
消費者庁は10月1日、景品表示法違反の「不当表示」の新たな形態として「ステルスマーケティング(ステマ)」を追加する新たな規制を施行した。発注企業、広告代理店、インフルエンサー、消費者はそれぞれ、どこに気を付けたら良いか。(2023/10/17)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
ついに始まったステマ規制、SNSマーケティングの不安はどう解決すれば良い?
今週は、ステマ規制に対処するための投稿チェックサービスなど、3つのトピックスを紹介する。(2023/10/7)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
ステマ法規制への対策、もうできていますか?
デジタルマーケティングやCXに関する気になるニュースを最近のリリースからピックアップして紹介する。今週は、10月に始まるステルスマーケティング法規制に対応する企業のステマ対策サービスなど4つのトピックスを紹介する。(2023/9/8)

「『D2Cの会』フォーラム2023」レポート:
オルビス、北の達人コーポレーション、やずや D2C業界のトップランナーが「しくじり」から学んだこと
ビジネスの世界に必勝法はないが、「これはやったら絶対失敗する」というような“必敗法”はある。そして、それを学べば成功確率は上がるはず。優良通販企業のトップが失敗経験から得た学びとは?(2023/8/31)

株式会社アートワークスコンサルティング提供ホワイトペーパー:
PR:安全性を担保しつつ訴求を高めるために、化粧品・健康食品の“NG”広告表現とは
商品の広告を出す際には、“不適切な表現”に十分注意しなければならない。ここでは化粧品・健康食品に焦点を当て、関連する法律について分かりやすく解説するとともに、広告表現におけるOK/NG表現や、代替案の考え方を紹介する。(2023/8/16)

株式会社アートワークスコンサルティング提供ホワイトペーパー:
PR:広告事故が頻発する時代、安全かつ迅速な広告を配信する方法とは
製品と企業をアピールできる広告も、表現を間違えてしまうと消費者からの信頼を失い、ブランド価値の低下を招くもろ刃の剣となりかねない。法令違反となるような表現を防ぎつつ、スピーディーな広告出稿を維持する方法はあるのか。(2023/8/16)

米当局、“悪質UI”のアマゾン提訴 ユーザーだます「ダークパターン」なぜ生まれる?
ECサービスなどでユーザーを故意に迷わせたり、誤って購入させたりする「ダークパターン」。6月、米連邦取引委員会がアマゾンを提訴し大きな話題になった。ダークパターンはなぜ生まれるのか。(2023/7/31)

消費者庁の「不当処分」疑惑 優良企業はなぜ「1年間の一部業務停止」をくらったのか
昨今、順法意識の低い企業を取り締まるはずの消費者庁による、ずさんな処分が物議を醸している。消費者保護の現場で今何が起きているのか、消費者庁による「不当処分」被害に遭ってしまった企業の実録をレポートする。(2023/7/26)

ドミノ・ピザ、景品表示法違反で措置命令 チラシにサービス料を分かりづらく記載
ドミノ・ピザでは、2023年4月24日からサービス料を廃止していました。【訂正あり】(2023/6/27)

「LIFEBOOK 21%引き」は嘘……「富士通 WEB MART」で二重価格 消費者庁が措置命令
PC直販サイト「富士通 WEB MART」で、ノートPC「LIFEBOOK」シリーズについて、通常価格より安いかのように見せかけていた二重価格表示があったとして、消費者庁が富士通クライアントコンピューティングに措置命令を出した。(2023/6/26)

消費者庁がFCCLに措置命令 Web通販サイトにおける一部LIFEBOOKの価格表示が「不当」と判断(是正済み)
消費者庁が、富士通クライアントコンピューティング(FCCL)に対して是正措置命令を発出した。FCCLのWeb通販サイト「富士通 WEB MART」における一部ノートPCの価格表記が景品表示法第5条第2号に定める「有利誤認」に当たると判断されたもので、同社では既に表記の見直しを行っている。(2023/6/24)

スピン経済の歩き方:
スシローは「6700万円の損害賠償請求」を止めるべき、3つの理由
回転寿司チェーン「スシロー」を運営する「あきんどスシロー」が揺れている。備えつけの醤油の差し口や湯呑みを舐めまわしていた岐阜県の少年に対して、約6700万円の損害賠償を求めていることが明らかに。この対応は「吉」と出るのか、「凶」と出るのか。(2023/6/13)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
景表法違反のクレベリンは「やったもん勝ち」だったのか? 売上200億円の大きな代償
空間除菌をうたった販売が不適切だったとして、6億円の追徴金を課された大幸薬品。同商品が生み出した200億円ほどの売り上げと比べればわずかな額だった。株主代表訴訟が提起されているが、損害賠償は保険で賄える可能性がある。となると、不適切な販売は「やったもん勝ち」なのだろうか。(2023/5/26)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
「ステマは何でやっちゃだめなの?」 ChatGPTにしつこく聞いたら真理が見えた
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「ステルスマーケティング」です。(2023/4/29)

「クレベリン」の大幸薬品に課徴金6億円 「空間のウイルス除去」根拠なし
消費者庁は11日、「空間に浮遊するウイルス・菌・ニオイを除去」などと表示して「クレベリン」を販売していた大幸薬品に対し、景品表示法に違反(優良誤認)するとして課徴金納付命令を出した。22年4月に出た措置命令にもとづくもの。(2023/4/11)

消費者庁が命令:
クレベリン「空間のウイルス除去」根拠なし 大幸薬品に課徴金6億円 過去最高額
「空間に浮遊するウイルス・菌・ニオイを除去」などと合理的な根拠のない表示で除菌用品「クレベリン」を販売したとして、消費者庁は4月11日、製薬会社「大幸薬品」(大阪市)に対し、景品表示法違反(優良誤認)で6億744万円の課徴金を支払うよう命じた。景品表示法違反の課徴金としては過去最高額になるという。(2023/4/11)

ステマ規制は10月1日から、河野大臣が発表 違反すれば行政処分の対象に
河野太郎デジタル大臣が、ステルスマーケティング(ステマ)規制について、景品表示法における「不当表示」に指定したと発表した。10月1日以降は、措置命令などの行政処分の対象になる。(2023/3/28)

広告であることを隠して口コミなど装う「ステマ」、10月から景表法で規制
(2023/3/28)

糖質カット炊飯器、実際は「大差なし」
国民生活センターは15日、ご飯の糖質を低減できるとうたった、いわゆる「糖質カット炊飯器」を実際にテストした結果を発表した。通常の炊飯と比べ、含まれる糖質(デンプン)の総量に「大きな差はみられなかった」という。(2023/3/15)

アトラス「3DSファイナルセール」中止の原因は昨年のセール? ファン「セールがダメなら価格改定して」
アトラスが「ニンテンドー3DSファイナルセール」を開催前日に中止。「世界樹の迷宮シリーズ」や「真・女神転生シリーズ」など人気タイトルを1000円で販売する予定だった。(2023/3/2)

スピン経済の歩き方:
「ステマ規制」によってどうなる? 担当者の“冤罪”が多発する日
2023年秋、消費者庁による「ステマ規制」が本格的にスタートする。この規制によって、どのようなことが起きるのか。マーケティングやPRの担当者は戦々恐々としていて……。(2023/2/21)

「ラルクのSS席を買ったはずなのにS席だった」──消費者庁、コンサート事業者に措置命令 サイトの座席表示が“優良誤認”
消費者庁が、コンサート提供事業者3社に景品表示法に基づいて措置命令を行ったと発表した。3社は2022年5月に開催した「L'Arc-en-Ciel」のコンサートにおいて、公式サイトやチケットサイトに誤解を招く座席表を掲載していた。(2023/2/17)

ラルクのコンサートめぐり消費者庁が措置命令 直前の座席レイアウト変更で批判されていた問題
(2023/2/16)

「スシロー」全品10%オフ! 迷惑動画拡散時の応援を受け、店内飲食・持ち帰り・出前館がお得に
2022年の景品表示法違反についてもあらためて反省の意を示しています。(2023/2/10)

消費者庁、キリンビバレッジに1915万円の課徴金 「メロン果汁100%」表示も実際は2%
キリンビバレッジがメロン果汁2%の商品を100%と表示して販売していたことを巡り、消費者庁が景品表示法違反で課徴金1915万円の支払い命令を出した。同社は「再発防止に努める」とコメントしている。(2023/1/18)

広報会議1000人アンケート:
22年評判を落とした不祥事 「スシローおとり広告」「知床遊覧船の沈没」を上回ったのは?
宣伝会議が発行する広報・メディア対応の専門誌『広報会議』は、2022年に発覚した企業や自治体、団体などの不祥事について、全国1000人の男女を対象にアンケート調査を実施した。イメージダウンした出来事を任意で選んでもらったところ「園児送迎バスに置き去り、熱中症で死亡」(32.5%)が最も高い結果となった。(2022/12/1)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
スシロー、おとり広告で「信用失墜」し客離れ──それだけではない業績悪化のワケ
最近のスシローといえば、おとり広告の問題で景品表示法に係る措置命令を受けてしまった件は記憶に新しいことでしょう。こういった問題が起きるとどのような影響があるのかを「減損損失」という視点から見ていきます。(2022/10/28)

「NURO」が一時Twitterトレンド入り 回線の不安定さから怒りの声相次ぐ 集団訴訟を検討するユーザーも【追記あり】
Twitterで突如「NURO」が日本トレンドに入った。ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する高速インターネット回線「NURO 光」を指すもので、複数の怒りや不満の声が拡散されている。(2022/9/22)

「なぜ広告と書く必要があるのか」 消費者庁が「第1回ステマ検討会」開催 広告主の意識を調査
消費者庁が「第1回 ステルスマーケティングに関する検討会」を開催した。広告代理店などへの調査を通して、ステマの実施状況を整理。短期的な利益からステマは実施されているが、長期的に見ると悪影響があるとして規制の必要性を検討する。(2022/9/16)

キリン「トロピカーナ」の季節限定商品の発売を中止 「改めて商品のパッケージ表記を精査」とコメント
9月6日には、一部商品が景品表示法違反の措置命令を受けていました。(2022/9/8)

トロピカーナ:
「メロン果汁100%」実際は2% 消費者庁、キリンビバレッジに措置命令
ジュースにメロン果汁は2%程度しか用いていないにも関わらず、「メロンテイスト果汁100%」などと誤解を与えるパッケージ表示をしていたとして、消費者庁は9月6日、飲料商品「トロピカーナ」を製造・販売するキリンビバレッジに対し、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を出した。(2022/9/6)

キリン「トロピカーナ」に景品表示法違反 メロン果汁100%のはずが98%がぶどう・りんご・バナナ
「100% MELON TASTE」という表記は現在「100% FRUITE JUICE」になっています。(2022/9/6)

「スシロー」運営元、マグロ偽装疑惑報道を否定 「誤った回答をした」
「週刊新潮」(9月1日号)が、回転ずしチェーン「スシロー」がマグロの種別を偽装していると報道したことを巡り、運営元のあきんどスシローが声明を発表し、報道内容を否定した。(2022/8/31)

東亜産業は「研究用」140万本を無償提供:
抗原検査キットには「体外診断用医薬品」を──消費者庁が注意喚起 「『研究用』では新型コロナ感染チェックできない」
新型コロナウイルスの感染が再拡大していることを受け、自宅で簡単に陽性・陰性を判定する「抗原検査キット」に注目が集まる中、「研究用」と記載された商品の使用を巡って、消費者庁が事業者などに注意を呼び掛けている。(2022/8/17)

フライング:
スシローの「生ビール半額」ポスター、対象が31店舗に拡大 「現在も確認中」
回転ずしチェーン「スシロー」を運営するあきんどスシローは、一部店舗で開催前の「『生ビールジョッキ』半額キャンペーン」に関する告知物を掲出していた問題で、掲出していた店舗が当初の2店舗から増え、31店舗だった発表した。(2022/7/13)

措置命令を受け:
なぜ、在庫不足に? スシロー「おとり広告」で報告書 AIの予測外れる
消費者庁から景品表示法違反(おとり広告)で措置命令を受けた大手回転寿司チェーンのスシローは7月8日、監査委員がまとめた調査報告書を公開した。(2022/7/9)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
スシローは「おとり広告」問題の本質を理解しているか おわび文書に“違和感”を覚えたワケ
「スシロー」のおとり広告問題。筆者はスシロー運営会社の体質が、今回の問題と大きく影響しているのではないかと分析する。どういうことかというと……。(2022/6/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。