ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ジャニーズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ジャニーズ」に関する情報が集まったページです。

なぜ令和に「ABBA」なのか、2000年代生まれのZ世代に聞いてみた 40年ぶり新作で記録塗り替え&初グラミーの快挙
メンバー全員70歳を過ぎて再始動。(2022/1/20)

白間美瑠、“芸能界デビュー”のイケメン弟・太陽とプリクラ 顔面最強ショットに「美男美女」「ジャニーズみたい」
現在、高校3年生。(2022/1/12)

川崎麻世、38年前“新成人”の和装ショットに反響 「カッコ良すぎ」「キンプリの海斗くんかと」
ま、まぶしい……!(2022/1/9)

元V6・坂本昌行、元宝塚トップスターの朝海ひかると結婚 「こりゃびっくり!!」「お幸せに!!!」
おめでとうございます!(2021/12/30)

大下容子アナ、名コンビ・香取慎吾の結婚を祝福 “完璧なコメント”に称賛の声「アイドルとしての矜持も理解」
大下アナうれしそう!(2021/12/29)

香取慎吾、一般女性と結婚「今後も、真摯に仕事に取り組んでまいります」 ファン祝福「今年一の衝撃」「ママ二人に」
ネットでは驚きと祝福の声。(2021/12/28)

2021年版「YouTubeチャンネル総再生回数ランキング」 26億再生の1位は?
BitStarは、2021年に活躍した動画クリエイターや動画チャンネルのランキングを発表した。YouTubeチャンネル総再生数ランキング2位は「まいぜんシスターズ」だった。そのほかにも、動画再生数ランキング、新規開設チャンネル、急上昇ランキングなどを発表している。(2021/12/28)

Twitterトレンド大賞は「金メダル」 審議委員会特別賞に「ルックバック」
Twitter Japanは12月20日、日本のTwitterで2021年に話題になったワードをランキング形式で紹介する「♯Twitterトレンド大賞」を発表した。1位は東京五輪の「金メダル」だった。(2021/12/20)

猫「俺の車だけど、乗る?」 車型の爪とぎをプレゼントされた猫ちゃん、ドヤ顔で飼い主をナンパしてしまう
乗ります!(2021/12/19)

元キンプリ岩橋玄樹、25歳バースデーに決意表明「同じ病気で苦しんでいる方々の力に」 過去に“パニック障害”でグループ脱退
岩橋さん「僕に出来ることは何かを一生懸命考えています」(2021/12/18)

「ジャニーズ系」「すっごく似合ってます」 柳楽優弥の妻・豊田エリー、少年風なショートカットにイメチェン
肩上の外ハネミディアムからショートカットへ。(2021/12/16)

田中聖、“1000万企画”辞退を直接謝罪 朝倉未来は運営から「逃げたっていわれたんで」と告白
和やかな雰囲気の動画に安心した。(2021/12/16)

ジャニーズ海賊版DVDを販売した女性が書類送検 1本300円で計1700万円売り上げ
「ジャニーズ WEST」のコンサートDVDを無断で複製し、Twitterで販売していた福岡県の女性を、鹿児島県警が著作権違反の疑いで鹿児島地方検察庁に書類送検した。(2021/12/1)

手越祐也、芸能活動20年目に突入 紆余曲折を経てフリーに転身「後悔はしてない」
7月からは6カ月連続の新曲配信およびアルバムをリリース。(2021/12/1)

2021年の「インスタ流行語大賞」、3位「イカゲーム」、2位「東京卍リベンジャーズ」、1位は?
パスチャーは、トレンドを予測するメディアとして独自に選定した「インスタ流行語大賞」、流行に敏感な10〜20代女性に調査した「部門別インスタ流行語大賞」を発表した。(2021/11/28)

山口達也の息子・Shotaro、初コンサート終え感無量 声変わりやキャリア不足の悩み告白し「全ての皆さんに心から感謝します」
日英両方の文章で感謝。(2021/11/22)

V6、26年間の歴史に集大成 堂本光一、生田斗真もSNSで「V6 ありがとう」と感謝
TOKIO、KinKi Kids、嵐、NEWS、関ジャニ∞、KAT−TUN、Sexy Zone、Kis−My−Ft2、ジャニーズWESTらも来場。(2021/11/2)

「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」
Twitterでは関連ワードが多数トレンド入り。(2021/10/26)

BitStar調べ:
7〜9月、YouTubeのチャンネル総再生数ランキング 「まいぜんシスターズ」や「HikakinTV」を上回った1位は?
21年7〜9月におけるYouTubeチャンネルの総再生回数が最も多かったのは? コンテンツ制作事業などを展開するBitStar(東京都渋谷区)が調査結果を発表した(2021/10/26)

男性も“妊夫”になるNetflixドラマ「ヒヤマケンタロウの妊娠」 斎藤工のつわり姿に衝撃の声「出産の痛みに耐えられないのでは」
「斎藤工が妊娠する」というパワーワードよ。(2021/10/19)

半径300メートルのIT:
気軽にしていませんか? 配信サービスの“アカウント共有”が招く最悪のシナリオ
動画配信サービスや音楽配信サービスでよく見られる「アカウント共有」ですが、このリスクについて触れられることはあまり多くないように思えます。友人や家族と言えどもアカウント共有が危険な理由を解説します。(2021/10/19)

V6、ファンのための仮想空間イベント「V-Land」を開催 最後の作品「WANDERER」も配信決定
なんだかすごそう!(2021/10/18)

堀内健、ひょうきんレアショットを3連発で披露 10代でのシュール過ぎる決め姿に「昔からホリケンはホリケン」
ひょうきんさと格好良さが合体している写真。(2021/10/16)

サンド伊達、47歳バースデーを女子高校生5人から祝われ感激 「え、すげーな、おい!」「我々も捨てたもんじゃないね!」
伊達さん推しの女子高校生5人。(2021/10/13)

「ザ・マスクド・シンガー」が佳境 パネリストの予想がどれくらい当たっているのかをせっせと調べてみた
ただの盛り上げ役だなんて思ってすみません。(2021/10/8)

櫻井翔&相葉雅紀の結婚に山下智久「2人とも最高に優しいお兄さん」「末長くお幸せに」 生田斗真、堂本剛も祝福
28日に結婚を発表していた相葉さんと櫻井さん。(2021/9/29)

「嵐」櫻井翔、相葉雅紀が結婚 異例の同時発表に「2人が結婚したのかと」 Twitterでは“同性婚”がトレンド入り
ハリー杉山さんも「僕だけでないはず」(2021/9/28)

経営者・岡田武史【後編】:
岡田武史監督に聞くリーダー論 私利私欲でメンバーを外したことは一度もない
日本代表を2回もサッカーワールドカップに導いた希代の名監督・岡田武史。日本代表監督と会社の経営者という2つの立場を経た今気付いた、チーム作りと会社作りの共通点、マネジメントの極意とは――。日本代表監督時代を振り返りながら、“指導者・リーダーとしての岡田”に迫る。(2021/9/24)

経営者・岡田武史【前編】:
岡田武史監督が選んだ経営者という生き方 FC今治を通じて“チーム日本”を引っ張る
あの「岡ちゃん」は今、経営者になっている――。サッカーワールドカップ日本代表の監督を2度務めた岡田武史。なぜ、岡田武史は経営者になったのか。「これからは物質の豊かさではなく心の豊かさを追う時代」だという岡田。本人に話を聞いた。(2021/9/22)

「Hey! Say! JUMP」山田涼介、念願のゲームチャンネル開設 渋谷ハル&HIKAKINとの生配信に「ドキドキとワクワクが混ざっております」
17日22時より配信予定。(2021/9/15)

史上初の快挙:
創刊約60年『小説現代』が初の「完売」 要因は
講談社は、老舗小説雑誌『小説現代』9月号が「完売」したと発表した。創刊60年弱で初の快挙だという。(2021/9/14)

ずん飯尾、乙女ゲーで4種類のイケメンに イケボで囁く演出も「俺とTANPACTだけ見てろよ…」
「壁ずん」「頭ずんずん」「肩ずん」「シークレット」の4種類。(2021/9/10)

YouTubeだけじゃない:
別所哲也に聞く「企業ブランディングに映像が求められる理由」 急速に立ち上がった新市場
俳優の別所哲也氏が主催し、21年で23回目を迎えた国際短編映画祭SSFF。企業のブランディングを目的とした映像だけを集めた部門BRANDED SHORTSには、コンサルティングブランドであるデロイト デジタルが今年からパートナーとしてスポンサードしている。ビジネス業界と映像業界との距離の変化を捉えていきたい。(2021/9/2)

採用活動にも直結:
SDGsが経営にメリットをもたらす、これだけの理由 デロイトトーマツコンサルティング佐瀬社長に聞いた
SDGsという言葉が流行する前から貧困問題や環境問題に向き合ってきたデロイトトーマツコンサルティング代表執行役社長の佐瀬真人氏にインタビュー。話を聞くと、SDGsが経営にもたらすメリットが見えてきた――。(2021/9/1)

目指すは上場:
育児中の主婦が立ち上げた「子ども向け英語スクール」は年商7000万円に成長 教育ビジネスの勝ち組に「異色の戦い方」を聞いた
今、ひそかに注目を集める、子ども向け英語スクールがある。SUNNY BUNNY Language Educationは、もともと2006年に当時2歳の娘を育てていた羽織愛氏が立ち上げた親子英語サークルが母体だ。設立7年で年商は7000万円、売り上げを伸ばし続ける教育ビジネスの勝ち組だ。大手企業も進出する教育ビジネスの中で、どのような戦略を実行してきたのか。代表の羽織氏に聞いた。(2021/8/23)

既存の学校教育はオワコン:
ホリエモンが教育ビジネスに取り組む真意 「あと何年かで“ゼロ高出身のスーパースター”が出てくる」
堀江貴文氏が主宰するサポート校「ゼロ高等学院」は、座学ではなく行動を目的として新たな学習形態を提供している。さらに堀江氏を顧問に迎えたプリスクール「ZERO International Preschool」が9月に開園。3歳から6歳を対象に生徒の募集を始めていて、堀江氏もオンラインを中心にカリキュラムに助言していくという。堀江氏の展望を聞いた。(2021/8/21)

元あいのり桃、息子のお食い初めで幸せ家族ショット パパへの熱視線に「母親としてはさみしいようで嬉しい」
同じ「あいのり」出演者のクロさんも反応。(2021/8/15)

香取慎吾、“名コンビ”大下容子アナと4年ぶり共演 スマステ2ショットに「ウルウルしました」「並ぶだけで涙」
香取さん「大下さんに会えた!」(2021/8/12)

「おそ松さん」実写映画化、ジャニーズ「Snow Man」主演で ネット上では双方のファンが互いに気づかう状況に
東宝は3日、人気アニメ「おそ松さん」の実写映画を2022年春に公開すると発表した。ジャニーズ事務所の「Snow Man」が主演を務めるとあってネット上でも大きな話題になっている。(2021/8/3)

MVNOに聞く:
ビッグローブが新MVNO「donedone」を立ち上げる狙い なぜBIGLOBEモバイルと別ブランドなのか?
新ブランドとして社会貢献活動に対する継続的な参加を売りにした「donedone(ドネドネ)」のサービスを開始。速度を1Mbps、3Mbpsに制限する代わりに、50GBという大容量を実現した。社会貢献活動を売りにしたMVNOが登場するのは初めてではないが、大手MVNOが別ブランドとして展開するのは異例だ。(2021/7/28)

「KinKi Kids」堂本光一、インスタ開設&初投稿 ライブ中の自撮りに会場のファン「現場いる!!」「初投稿の瞬間に参加できた幸せ」
堂本剛さんは4月に開設済。(2021/7/25)

BitStar調べ:
2021年上半期の人気YouTuberは? 再生ランキング発表
2021年上半期、支持されたYouTubeの動画やチャンネルは? インフルエンサーマーケティグを手掛けるBitStarが調査した。YouTubeチャンネル総再生数や動画再生数のランキングが明らかになった。(2021/7/20)

藤森慎吾、手越祐也の“280平米”豪邸をお宅訪問 ブランド物まみれの玄関に驚くも手越は「興味なし」
汚れるのがもったいないので、いつもラフな格好をしているとのこと。(2021/7/15)

「女子学生が選ぶ2021年上半期トレンド大賞」1位は「コムドット」  下半期のトレンド予測1位は?
上半期トレンド大賞の1位は5人組YouTuberの「コムドット」で、下半期トレンド予測の1位は漫画『東京卍リベンジャーズ』だった。(2021/7/6)

「2年半待ち続けて本当に良かった」「歌って踊る玄樹くんをまた見れる??」 元キンプリ岩橋玄樹が公式サイト開設
アーティスト活動再開へ一歩。(2021/7/1)

PR:毎月のスマホ代の一部が、環境保全や医療支援に役立てられる! モバイルサービス新ブランド「donedone」で社会貢献をもっと身近に
月50GBの大容量データ通信と、「ドネーション」という新しいプログラムに注目です。(2021/7/1)

「学校へ行こう!」が2021年秋に3時間SPで復活! V6全員参加の最後のロケで生徒たちを訪問
1997年から2008年までレギュラー放送された伝説の番組。(2021/6/26)

元キンプリ・岩橋玄樹、幼少期の再現ショットで変わらぬ美形ぶりが反響 「昔から顔面大勝利」「可愛さ全然変わらない」
米ロサンゼルスのマイケル・ジャクソンの手形前で撮影。(2021/6/19)

「アクスタを持っている全オタクヘ」 アクスタと貝殻型ランプを使った「推しの誕生ごっこ」で推しを神々しくディスプレイできる
推し、爆誕。(2021/6/12)

会社と“個人SNS”の関係:
フジテレビの女子アナ“ステマ”疑惑が突き付ける「※ツイートは個人の見解です。」のウソ
『週刊文春』4月22日号で発覚した、8人のフジテレビ女性アナウンサーの“ステマ”疑惑。そもそも何が問題だったのか。そして、フジテレビ以外の企業にもそのような問題が発生する芽はないのか、考えてみたい。(2021/6/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。