ニュース
» 2011年01月26日 07時00分 UPDATE

誤送信対策機能を強化、情報漏えい対策ソリューションの新バージョン キヤノンITS

キヤノンITソリューションズが情報漏えい対策ソリューション「GUARDIANWALL」「WEBGUARDIAN」の新バージョンを発売。GUARDIANWALLではメールの誤送信対策を強化した。

[ITmedia]

 キヤノンITソリューションズは1月25日、情報漏えい対策ソリューション「GUARDIANWALL」「WEBGUARDIAN」の新バージョンを発売した。GUARDIANWALLではメールの誤送信対策を強化した。

 GUARDIANWALLはメール経由による情報漏えいを防ぐメールフィルタリングソフト。新バージョン「Ver7.4」では、電子メールの送信を一時保留し、誤送信に気付いた場合に削除できるようにする機能、添付ファイルの自動暗号化機能を追加した。

photo メール一時保留機能のイメージ

 また年間利用料の支払いで利用できるサブスクリプションモデルを追加。一括ライセンス購入と比べ、組織の人員数の増減に応じた柔軟な支払いが可能になるとしている。50ユーザーで年間62万4000円など。

 Web経由の情報漏えいを防ぐWEBGUARDIANの新バージョン「Ver3.6」では、社内からTwitterなどのソーシャルWebサービスを利用して発信されたメッセージのログを保存し、メッセージを閲覧・監査できる機能を追加した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -