ニュース
» 2011年01月26日 07時00分 UPDATE

西友、ネットスーパーを全国展開 13年末までに350店舗

西友がネットスーパーを全国展開へ。2013年末までに既存の西友店舗のほとんどとなる350店舗で提供する計画だ。

[ITmedia]
画像 西友ネットスーパーのPCサイト

 西友は1月25日、3月からネットスーパーの全国展開を進めると発表した。現在、関東圏内47店舗のエリアで展開しているが、順次拡大し、2013年末までに既存の西友店舗のほとんどとなる350店舗で提供する計画。今後5年間で同事業の会員数10倍、売上高20倍を目指す。

 3月1日から関東エリア約30店舗で、新たにネットスーパーを開始。九州、北海道エリアでもサービスを始める。その後、東北、長野、東海、関西にも拡大。今年末までに同社が店舗展開する全エリア・125店舗で対応し、その後もエリアを拡大していく。

 現在は食料品が中心だが、順次、衣料品や家庭用品などに拡大。すべての買い物をネットだけで済ませる「ワンストップショッピング」実現を目指す。親会社の米Wal-Mart StoresグループのECのノウハウも活用する。

 同社は2000年からネットスーパー事業を展開しており、PC、携帯電話から利用でき、食品を中心に約4000アイテムを販売。利用者の最寄りの西友店舗から商品を宅配する仕組みだ。現在の会員数は約26万人で、女性が80%、平均年齢は40歳。利用者からは、「ネットスーパーなら重い荷物を運ばなくて済む」「雨の日でも外出せずに済む」といった声が寄せられているという。

 同日開いた会見で野田亨CEOは、「Wal-Mart Storesグループの米英での成功事例を学びながら、事業を推進していきたい」と意気込みを述べた。

関連キーワード

ネットスーパー | 西友


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -