ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「西友」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「西友」に関する情報が集まったページです。

ロボットが共生する未来【後編】:
「野良猫」ならぬ「ノラロボット」が課題 パナが仕掛ける自動配送の未来
4月に日本初となるフルリモート型の自動配送ロボット運行に関わる道路使用許可を取得したパナソニック。実用化に向けたビジネスモデルはどうするのだろうか。(2022/8/9)

大規模調査:
顧客満足度が最も高いスーパー 12年連続で1位を獲得したのは?
2022年度JCSI(日本版顧客満足度指数)第1回調査の結果を発表した。顧客満足度が最も高いスーパーに12年連続で選ばれたのは?(2022/7/27)

配送料が一つのカギに:
ネットスーパー戦国時代 イオンに西友、Uberも参戦 勝ち抜くために必要なのは?
コロナ禍、非接触・非対面を実現するためにさまざまなソリューションが生まれた。その中でもネットスーパーは大きく飛躍したビジネスの一つだろう。コロナ禍で人々の生活に定着しつつあるが、飛び抜けたプレイヤーはおらず、多くがしのぎを削っている状態だ。勝ち抜くために必要な条件は?(2022/7/29)

下方修正続く良品計画、売上高過去最高も営業利益3割減
良品計画は7月8日に2022年8月期第3四半期連結決算を発表した。営業収益は前年同期比7.5%増加して3707億円、営業利益は29.4%減少して248億円、営業利益率は3.5ポイント減少して6.7%であった。(2022/7/11)

SUUMO調べ:
東京駅まで30分以内、中古マンションが安い駅ランキング シングル向けの1位は「十条」、ファミリー向けの結果は?
「東京駅」まで30分以内、中古マンションが安い駅ランキングの結果を発表した。シングル向け、カップル・ファミリー向けのTOP10を紹介する。シングル向けの1位は「十条駅」だった。(2022/7/7)

「ちいかわ」としまむらコラボ再び! ちいかわ、ハチワレ、うさぎ、鎧さんや栗まんじゅう先輩のアイテムも登場 売り切れる前に急げ…ってコト!?
しまむらに急げッ…!(2022/6/25)

物流のスマート化:
つくば市内で自動配送ロボットによる公道走行の商品配送サービス開始
パナソニック ホールディングスは、楽天グループおよび西友と共同で、つくば市内において自動配送ロボットの公道走行による商品配送サービスの提供を開始した。(2022/6/10)

ロボが配送、商品PR つくば「スーパーシティ」始動
自動配送ロボットがスーパーの商品を自宅前まで配達するサービスがつくば市で始まった。つくば市などが国家戦略特区に指定された「スーパーシティ構想」が、より市民に身近になってきているようだ。(2022/6/2)

公道走って最短30分 スーパーの商品を自動配送ロボットが届けるサービス、つくば市で
パナソニックホールディングス、楽天グループ、西友、つくば市の4者は26日、自動配送ロボットの公道走行によりスーパーの商品を最短30分で届ける配送サービスを茨城県つくば市内で提供すると発表した。(2022/5/26)

プロジェクト:
屋上に8種類の花火大会を望めるテラスを設ける分譲マンション、大和ハウス工業ら
大和ハウス工業と総合地所は、東京都江戸川区で開発を進める分譲マンション「プレミスト新小岩ルネ」を2022年3月5日に発売した。(2022/5/9)

ソフトバンクの「データ通信専用3GBプラン」がお値段以上にお得な理由
タブレット用回線として魅力的な選択肢が多い中、私がおすすめしたいのがソフトバンクの「データ通信専用3GBプラン」だ。現在はキャンペーンで最初の5年間は990円で利用できる。さらに、Yahoo!プレミアムやPayPayクーポンなど、ソフトバンク向けの特典が得られる。(2022/4/20)

6月末まで:
西友、全PB商品の「値上げしません」宣言 約1200品目が対象
西友はプライベートブランド「みなさまのお墨付き」全商品の価格を6月末まで据え置くと発表した。(2022/3/15)

年度末も最大20〜30%還元がめじろ押し! スマホ決済3月のキャンペーンまとめ【3月13日最新版】
2022年3月13日〜22日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayはセブン-イレブンアプリで1%〜1000%を還元。au PAYは同アプリで使える200円引きクーポンを配布しているが、なくなり次第終了する。(2022/3/13)

オリジナルデザインカードを発行:
楽天×西友のOMOが新フェーズに 「楽天ポイント」を軸に協業を強化
西友と楽天グループは、西友が運営する「西友」「リヴィン」「サニー」全店舗において、「楽天ポイント」を軸にしたOMO戦略の新たな協業体制を4月から本格的に展開すると発表した。楽天の三木谷社長は「スーパーマーケットはOMO時代に突入した」と力強くアピールしているが、どのような戦略を描いているのか。(2022/3/10)

西友“楽天ポイントがたまる日本最大のスーパー”に 独自の楽天カード発行など協業強化
楽天グループと西友は、4月から協業をさらに本格化させる。西友オリジナル楽天カードを発行する他、ネットスーパーアプリに店舗で使える機能も追加する。(2022/3/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
やっぱり「セブン」は強かった!? 「そごう・西武」売却騒動で分かったコンビニ事業の底力
セブン&アイ・ホールディングスはそごう・西武の売却を進めている。米国の投資ファンドは、コンビニの潜在的成長率の高さに注目している。日本のコンビニはやっぱり強かったといえそうだ。(2022/3/2)

顧客満足度の高いスーパー 11年連続で1位を獲得したのは?
日本生産性本部 サービス産業生産性協議会は「2021年度JCSI(日本版顧客満足度指数)」の第4回調査を実施した。顧客満足度の高いスーパー2位は「業務スーパー」だった。1位は?(2022/3/1)

どうなるセブン&アイHD:
売却はそごう・西武にとどまらず? イトーヨーカ堂に迫る魔の手と、カギを握るスーパー
セブン&アイHDによる、「そごう・西武」の売却方針の発表が大きな話題を呼んだ。ここで筆者が気になるのが、イトーヨーカ堂の動向だ。グループの食品販売チャネルを担う同部門において、カギを握るのが「あるスーパー」だという。(2022/3/1)

リテール&ロジスティクス:
千葉県松戸市で3温度帯に対応する延べ7.1万m2の物流施設が竣工、ラサール不動産ら
ラサール不動産投資顧問とNIPPOは、千葉県松戸市で開発を進めていたBTS型物流施設の竣工式を2021年2月1日に開催した。今回の施設は、楽天グループと西友が協働で運営する「楽天西友ネットスーパー」に、建物の全フロアを賃借し、専用物流センターとすることが決定している。(2022/2/7)

「楽天全国スーパー」開始 ス−パーのネット進出支援 まずベイシアから
(2022/1/11)

鉄道も商品:
「急行」や「快速」で止まる駅の基準は? 首都圏のケースを見る
京王電鉄が「準特急」を2022年春に終了し、特急に統合する。そもそも鉄道会社にとって、停車駅を決める基準は何だろうか。(2021/12/22)

「楽天ポイント増し増し祭」 「楽天チェック」導入記念で「西友」など計332店舗
 西友(東京都北区)と楽天ペイメント(東京都港区)、楽天グループ(東京都世田谷区)は、西友対象店舗において「楽天チェック」が11月15日より利用開始になったことを記念し、「楽天ポイント増し増し祭」を実施する。(2021/11/22)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
安いだけじゃない 「トップバリュ」「みなさまのお墨付き」の隠れたヒット商品とは
イオンの「トップバリュ」や西友の「みなさまのお墨付き」といった低価格PB。単に安いだけではなく、独自商品が支持されヒットにつながっているケースもある。どのような商品が売れているのか。(2021/11/16)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 リテール×マーケ【後編】:
プロに聞く! 「はなまるうどん」のマーケターになったら「丸亀製麺」とどう戦う?
「はなまるうどんのマーケターになったら、丸亀製麺とどう戦う?」「牛丼チェーン店の大手3社に勤めたら、どんな戦略を立てる?」──西友、ドミノ・ピザジャパンなどでCMOを務めた“プロマーケター”の富永朋信氏に、話を聞いてみた。(2021/10/12)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 リテール×マーケ【前編】:
元西友のプロマーケターがうなる、オーケーストアの差別化戦略
西友、ドミノ・ピザジャパンなどでCMOを務めた“プロマーケター”の富永朋信氏と、東急ハンズ・メルカリなどでCIOを務めた長谷川秀樹氏が対談。富永氏が語る、オーケーストアを研究すべき理由と、小売りに求められる「差別化戦略」とは──?(2021/10/11)

イーアス春日井:
大和ハウス、愛知県春日井市に新商業施設 日常の「モノ」から休日の「コト」消費まで対応
大和ハウス工業は10月22日、愛知県春日井市にファミリー層からシニア層まで、幅広いニーズに寄り添うコミュニティ拠点を目指す大型商業施設「iias(イーアス)春日井」を開業する。(2021/10/7)

磯部孝のアパレル最前線:
小売り覇権に陰り? 丸井の衣料PB撤退が意味するもの
店舗ブランド「OIOI(マルイ)」としておなじみで首都圏を中心にファッションビル業態の商業施設を展開する丸井。その丸井がプライベートブランド(PB)事業からの撤退を決めた。(2021/10/1)

視認性や操作性を向上:
楽天西友ネットスーパー、スマホアプリの提供開始 最大2万アイテムをスムーズに検索
楽天グループと西友が、協働で運営する「楽天西友ネットスーパー」専用スマートフォンアプリの提供を開始した。(2021/9/28)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
どうなる「関西スーパー」争奪戦 勝負に出た「オーケー」に“危うさ”を感じてしまう理由
エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングが関西スーパーを買収すると宣言。オーケーも同スーパーの買収をすると表明した。オーケーにはどんな事情があるのだろうか?(2021/9/14)

「楽天全国スーパー」今秋スタート スーパーのネット進出支援、“楽天経済圏”に
楽天が、スーパーマーケットのネット進出を支援する「楽天全国スーパー」を今秋ごろ始める。ネットスーパー運営に必要なシステムやサポート一式を提供し、楽天経済圏の拡大を狙う。(2021/8/19)

製造マネジメントニュース:
日立のインダストリーセクターは北米事業を核に成長、次期中計で売上高1兆円超へ
日立製作所が「Hitachi Investor Day 2021」をオンラインで開催。インダストリーセクターを統括する同社の青木優和氏が登壇し、中期経営計画の進捗状況や、傘下に収めたJRオートメーションやサルエアーなど北米事業の業績を報告するともに、次期中計で売上高1兆円超、調整後営業利益率で10%超を目指すことを明らかにした。(2021/6/9)

日常着が売れる傾向:
無印良品が定番アイテムを値下げ 10月の「ずっと、見直し。ずっと、良い値。」に続いて
無印良品が定番肌着を値下げする。10月にも日常着72アイテムを値下げしている。コロナ禍で売れ筋が変化したことへの対応を進めている。(2020/12/24)

小売・流通アナリストの視点:
ウォルマートの「西友切り」は遅すぎた? それなのに今、楽天が西友とタッグを組むワケ
ウォルマートが保有する西友株式の85%を手放す。売却する株式のうち20%は、新会社を通じて楽天が取得するという。長らく伸び悩む西友だが、あえて今、楽天がタッグを組む理由とは?(2020/12/24)

小売・流通アナリストの視点:
「次なる島忠」は? 買収劇から透けて見えた、ニトリの壮大な野望
島忠争奪戦に勝利したニトリ。小売・流通アナリストの中井彰人氏によると、どうやらホームセンター業界だけでなく、まだまだ狙いがありそうだ。(2020/11/30)

普段料理をしない夫に、2晩の夕飯作りを任せるとどうなる? 西友の「料理を手間抜きに。」キャンペーンにじんわり
「料理」という家事は“調理”だけじゃない。(2020/11/18)

楽天がスーパー大手の西友に出資 楽天の会員基盤やテクノロジーを小売業に活用
楽天とウォルマートは以前からネットスーパーなどで協業していました。(2020/11/16)

楽天、西友株式の20%を取得 DX加速
楽天は、米投資ファンドのKKRと、米Walmartが保有する西友の株式の85%を共同で取得する。小売店のDX化を支援する新会社「楽天DXソリューション(仮)」も設立。西友のDX化を進める。(2020/11/16)

オンラインと実店舗を融合:
西友に楽天と米投資ファンドが出資 2社で85%取得、デジタル化を加速へ
楽天が西友に出資すると発表。米投資ファンドのKKRと共に、西友の親会社の米ウォルマートから一部の株式を取得する。小売りの現場のデジタル活用を促進し、オンラインとオフラインを融合した顧客体験を充実させる。(2020/11/16)

ピザハット、おひとりさま向けメニューをテスト販売 ピザSサイズ+ポテト+ナゲットで1000円
テイクアウトは700円、デリバリーは1000円。ピザの種類によっては200円増しになります。(2020/11/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナ禍で乾麺・袋麺が“バカ売れ” 伏線は、朝ドラの「まんぷく」にあった
これまでカップ麺に押されていた乾麺・袋麺が、コロナ禍の影響で売れている。在宅勤務の普及などが原因だが、NHK連続テレビ小説「まんぷく」も影響していると筆者は指摘する。その理由は?(2020/10/28)

プロジェクト:
大和ハウス工業が愛知県で延べ8万m2超えの複合商業施設を開発
大和ハウス工業は、愛知県春日井市で、大型複合商業施設を2021年秋に開業する。現在、同施設の開発計画を「(仮称)春日井商業プロジェクト」と呼称し、開発を進めている。周辺エリアはベッドタウンで、5キロ圏内には30万人が居住しているため、地域の賑わいの場となることが見込まれている。(2020/10/7)

サバ水煮缶マニアが選ぶ「本当においしいサバ缶」はこれだ! 初心者もすぐ楽しめる個性派サバ缶4選
サバ水煮缶の「4つの系統」って?(2020/9/20)

幅広い商品が対象:
西友が765品目を平均5.1%値下げ コロナ禍で強まる節約志向に対応
西友が日常的に利用する商品765品目を値下げする。コロナ禍で消費者の節約志向が強まったため。(2020/9/4)

“いま”が分かるビジネス塾:
伊藤忠のファミマTOB成立、王者セブンに勝つ術はあるか
伊藤忠のファミマTOBが成立。コンビニと商社の一体化がますます加速。別路線を取る王者セブンに勝つ術はあるか。(2020/9/1)

専門家のイロメガネ:
コロナで変わる、桃鉄・シムシティ的な都市開発
 TVゲーム「桃太郎電鉄」や「シムシティ」は、戦後日本の都市開発を単純化したものだと言えるだろう。当時の日本では、阪急や西武といった私鉄各社が都市開発をリードしていた。コロナにより働き方や購買行動が変化することで、都市開発、不動産開発がどのように変化するのか。今後のビジネスの変化についても考えてみたい。(2020/7/10)

西友、「売場内で従業員が水分補給」など従業員の熱中症対策について理解を呼びかけ
大型ビニールカーテンの設置でこれまでよりも熱がこもりやすくなるようです。(2020/7/3)

ベストの非着用も:
マスクとレジのビニールカーテンで熱中症の危険 西友、お客の前で従業員が水分補給してもOKの方針
西友が新しい熱中症対策を発表した。レジのビニールカーテン内では熱がこもってしまうため、従業員が売り場内で水分補給することを認める。(2020/7/3)

生鮮食品や総菜を扱う店舗で:
休業している飲食店の従業員をドンキで雇用 「短期」「週払い」可能な就労支援
ドンキ運営会社が新型コロナ関連の支援策を実施。休業している飲食店の従業員が対象。生鮮食品や総菜を扱っている店舗でアルバイトスタッフとして採用。(2020/4/30)

【まとめ】緊急事態宣言を受け、小売店や飲食店の対応は?
大手チェーンの対応をまとめました。(2020/4/19)

スマートアグリ:
西友が「店産店消」の無農薬レタス、植物工場の低コスト化で実現
西友は同社が展開する上福岡店の店舗内に、レタスの水耕栽培を行う植物工場「LEAFRU FARM」を開設した。収穫後すぐに同野菜売り場で販売する「店産店消」の仕組みを実現した。(2020/3/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。