ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「西友」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「西友」に関する情報が集まったページです。

専門家のイロメガネ:
コロナで変わる、桃鉄・シムシティ的な都市開発
 TVゲーム「桃太郎電鉄」や「シムシティ」は、戦後日本の都市開発を単純化したものだと言えるだろう。当時の日本では、阪急や西武といった私鉄各社が都市開発をリードしていた。コロナにより働き方や購買行動が変化することで、都市開発、不動産開発がどのように変化するのか。今後のビジネスの変化についても考えてみたい。(2020/7/10)

西友、「売場内で従業員が水分補給」など従業員の熱中症対策について理解を呼びかけ
大型ビニールカーテンの設置でこれまでよりも熱がこもりやすくなるようです。(2020/7/3)

ベストの非着用も:
マスクとレジのビニールカーテンで熱中症の危険 西友、お客の前で従業員が水分補給してもOKの方針
西友が新しい熱中症対策を発表した。レジのビニールカーテン内では熱がこもってしまうため、従業員が売り場内で水分補給することを認める。(2020/7/3)

生鮮食品や総菜を扱う店舗で:
休業している飲食店の従業員をドンキで雇用 「短期」「週払い」可能な就労支援
ドンキ運営会社が新型コロナ関連の支援策を実施。休業している飲食店の従業員が対象。生鮮食品や総菜を扱っている店舗でアルバイトスタッフとして採用。(2020/4/30)

日本のネット通販に追い風 新型コロナで揺らぐ実店舗の優位性
これまで、成長限界説がささやかれているインターネット通販業界だが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で実店舗での消費が落ち込む中、需要が急増している。(2020/4/9)

【まとめ】緊急事態宣言を受け、小売店や飲食店の対応は?
大手チェーンの対応をまとめました。(2020/4/19)

【経済インサイド】日本のネット通販限界説に構造変化 新型コロナで揺らぐ実店舗の優位性
 小売り店舗が充実する日本国内での成長限界説がささやかれていたインターネット通信販売が、変わろうとしている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、学校の臨時休校措置やテレワークの推進などにより、外出を控える「巣ごもり消費」でネット通販需要が急増。消費者の利便性を高める新サービスも相次いでいる。消費の主戦場としての存在感が高まり、業界内の主導権争いも激しさを増してきた。(2020/4/8)

日本のネット通販限界説に構造変化 新型コロナで揺らぐ実店舗の優位性
小売り店舗が充実する日本国内での成長限界説がささやかれていたインターネット通信販売が、変わろうとしている。(2020/4/8)

スマートアグリ:
西友が「店産店消」の無農薬レタス、植物工場の低コスト化で実現
西友は同社が展開する上福岡店の店舗内に、レタスの水耕栽培を行う植物工場「LEAFRU FARM」を開設した。収穫後すぐに同野菜売り場で販売する「店産店消」の仕組みを実現した。(2020/3/2)

小売・流通アナリストの視点:
23年ぶり社長交代のイオンの過去と未来 衰退したダイエー、勢いを増すAmazonから分析する
23年ぶりの社長交代を発表したイオン。バブル崩壊、スーパー業界の再編の中、ダイエーが衰退した一方で同社はなぜ成長できたのか。膨大なデータ基盤で“巨大なよろず屋”はデジタル時代を勝ち抜けるか。(2020/2/20)

「WEST EXPRESS 銀河」で再び脚光 いまだ元気に現役、“昭和イケメン”な国鉄型電車「117系」に乗ってきた
レトロでなんとも言えない感じがたまりません……! 「WEST EXPRESS 銀河」に乗る前にぜひ。(2020/2/18)

レタスを栽培:
西友が「店内植物工場」を開設 収穫したての野菜をそのまま1株137円で販売
西友が「店内植物工場」を開設する。収穫したてのレタスを販売。従来の植物工場と比べて導入コストが低いシステムに注目した。(2020/2/13)

Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYOレポート:
PR:小売店舗の未来形とは、AI需要予測や3D LiDARによる来店客の行動検知、指静脈決済などで貢献
日立製作所のプライベートイベント「Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYO」のリテールコーナーでは「小売現場の高度化」をテーマにさまざまな展示を行った。西友との協創事例の他、3D LiDARによる来店客の行動検知、指静脈認証による決済など独自技術のデモンストレーションを披露し、来場者の注目を集めた。(2019/11/29)

弁当・総菜の発注量をAIが決定 西友が全国で実施へ 需要を高精度で予測しフードロス防ぐ
西友が弁当や総菜の発注業務の一部を、日立製作所のAIを用いて自動化すると発表した。10月に全国の店舗で導入を始めた。過去の発注量や廃棄量などのデータを分析し、店舗別・商品別の発注量を自動で算出する。フードロスの防止などが狙い。(2019/10/9)

小売・流通アナリストの視点:
食品ロス削減推進法スタート 食品ロスは減らせるのか?
2019年10月から食品流通業界では注目の法律である「食品ロス削減推進法」が施行された。業界の取り組みは奏功するのだろうか?(2019/10/4)

物流のスマート化:
空を飛び地を駆ける、楽天と西友が推進するロボット商品配送サービス
楽天と西友は、一般利用者からの注文を受け、神奈川県横須賀市内の「西友リヴィンよこすか店」から港湾緑地「うみかぜ公園」へ、UGV(自動走行ロボット)を活用して商品を配送するサービスを実施している。一般利用者を対象としたUGVによる商用配送サービスは、国内初の取り組みになるという。(2019/10/2)

ぶっちぎりの1位はどこか:
コストコは? ヤオコーは? オーケーは? スーパーの顧客満足度ランキング
スーパーマーケットの顧客満足度ランキングが発表。「オーケー」が9年連続で1位となった。ヤオコーやコストコなども健闘したが、ドンキがある指標で2位に食い込んだ。(2019/9/30)

無人走行ロボットのサービス開始:
ドローンの次は最速20キロのUGV 楽天が陸・空から革命起こす 壁は「手ごわい」道交法 
楽天が自動走行ロボットを使った配送サービスを開始。神奈川県横須賀市のうみかぜ公園で9月21日から10月27日まで。同ロケーションでは既にドローン配送も行っている。楽天は「無人ソリューションで新たな産業革命を起こす」という目標を掲げているが、道路交通法などまだまだハードルは高い。(2019/9/20)

自動走行ロボで商品配送、横須賀のスーパーから隣の公園に 西友と楽天
楽天と西友は、自動走行ロボットを使い、神奈川県横須賀市の「西友 リヴィンよこすか店」から、隣接する公園「うみかぜ公園」に商品を配送するサービスを、9月21日〜10月27日の約1カ月間にわたって行う。(2019/9/19)

ソフトブレーン・フィールド調査:
「レシート」116万枚からスーパーを分析 何が見えてきた?
3年連続でマイナス成長のスーパー業界。コンサルティングや人材派遣を手掛けるソフトブレーン・フィールドがレシート約116万枚から売り上げ状況を分析。首都圏以外では、地元スーパーの検討が目立った。大手チェーンでは、オーケーが強さを見せた。(2019/9/17)

モバイル決済の裏側を聞く:
キャンペーンは「とことんやる」、手数料は「悪いようにはしない」 PayPay馬場副社長に聞く決済戦略
コード決済の事業者は、ほぼ出そろいつつある。その中でも、圧倒的な資金量と営業力で、後発ながら存在感を見せつけるのがPayPayだ。同社で加盟店開拓を主に担当する、取締役副社長執行役員COO兼営業統括本部長の馬場一氏に、現状の手応えや今後の目標などをうかがった。(2019/9/10)

物流のスマート化:
ドローンとUGVで「宅配クライシス」を克服、楽天が起こす新たな産業革命とは
楽天の自社イベント「Rakuten Optimism 2019」のビジネスカンファレンスで、同社 常務執行役員の安藤公二氏が「あなたの生活がどう変わる:ドローンと地上配送ロボット」をテーマとした講演を行った。(2019/9/6)

イトーヨーカドーもPayPay 初のコード決済導入
PayPayがスーパーマーケット対応を強化。ついに、イトーヨーカドーとヨークマートでも利用可能に。(2019/8/27)

「イトーヨーカドー」と「ヨークマート」もPayPayに対応 食料品売り場で
「イトーヨーカドー」と「ヨークマート」にPayPayが導入される。(2019/8/27)

東急ストアもPayPay対応 最大10%還元対象
スマートフォン決済のPayPayが大手スーパーマーケットに浸透し始めている。東急ストアも対応。(2019/8/22)

東急ストアがPayPay導入 全店舗で利用可能に
スーパーマーケット「東急ストア」でPayPayが利用可能に。東急ストアでのQRコード決済の導入は初。(2019/8/22)

PayPayが「西友」「サニー」全331店舗で利用可能に 9月1日から
PayPayが、9月1日から全国の「西友」「サニー」全331店舗で利用可能となる。全国の食品スーパーマーケットを対象としたキャンペーン「10時〜14時がおトク!家計を応援!スーパーマーケット大還元祭」にも含まれ、最大10%のPayPayボーナスを受け取れる。(2019/8/21)

西友でPayPayが使えるようになる 「ウォルマートカード」とどっちがお得?
西友とサニーが9月1日からPayPay支払いに対応。(2019/8/21)

西友がPayPay導入 9月から全国の西友、サニー331店舗で利用可能に
西友がPayPayを9月から導入する。全国の西友とサニー計331店舗が対応。(2019/8/21)

西友がPayPay対応 10%還元対象にも
西友が全国331店舗で9月からPayPayに対応。10時から14時の間が対象となる10%還元も対象。(2019/8/21)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
銀座進出した無印良品 高級百貨店ひしめく中で輝く深いワケとは?
無印良品が4月、東京・銀座に大型店舗オープン。集客で好調なスタートを切った。高級百貨店ひしめく中で存在感を増す理由とは?(2019/7/10)

ドローン:
スーパーから無人島へ商品を届ける、ドローン配送サービスを発表
楽天と西友は、離島の観光客にドローンで商品を届ける配送サービスを実施する。利用者がスマートフォンで注文・決済した商品を、横須賀市内の西友店舗から無人島「猿島」まで専用ドローンが配送する。(2019/7/9)

「産業×ドローンセミナー」(上):
“有人地帯での目視外飛行”に向け国が年度内に方針策定、秋には飛行前点検が義務化
国が示す「空の産業革命のロードマップ」では、2019年度からはレベル3「無人地帯での目視外飛行」のフェーズに入った。最終のレベル4「有人地帯での目視外飛行」が実現すれば、建築物の点検、物流、警備業務といった都市部でのドローンサービスが本格化することが見込まれる。この前段階として、東京都では、ドローン特区の多摩地域での実証実験やインフラ点検の有効性検証に乗り出している。(2019/7/3)

配送を効率化:
新規客が3倍に! “伸びしろ”市場に挑む「楽天西友ネットスーパー」の将来性
2018年10月にグランドオープンした「楽天西友ネットスーパー」が順調なスタートを切った。ネットスーパー専用倉庫の新設によって多様なニーズに対応する体制を整えるなど、西友と楽天の強みを生かしている。今後の成長のポイントは?(2019/6/25)

大企業にもイクメンの波:
製薬世界トップ3の日本社長が育休を!? 「ノバルティスファーマ社長」の子育て術
仕事をしながらの子育てで大事なことは――ノバルティスファーマ社長の綱場一成氏の子育て術とは?(2019/6/18)

おぉぉ日本でも! 楽天と西友、国内初「離島へのドローン配送サービス」開始 横須賀の猿島で2019年7月開始
西友よこすか店から離島「猿島」へ、ひとっ飛び!(2019/6/17)

楽天と西友、ドローンで離島に商品お届け 7月に商用サービス開始
楽天と西友は離島「猿島」を訪問する一般利用者に向けて、ドローンで商品を配送するサービスを7月から開始すると発表した。(2019/6/17)

牛も豚も鶏も……:
西友の精肉売り場が黒いトレーだらけになっていた!
スーパーではさまざまな色のトレーに肉を入れている。西友では4月から牛肉、豚肉、鶏肉を入れるトレーのほとんどを黒に変更した。この戦略は吉と出るのか?(2019/6/3)

MNOへの準備着々? 「楽天モバイル」大尾嘉常務が近況報告
2019年10月にMNOサービスを開始する予定の楽天モバイル。店舗拡大も急ピッチで、4月末には500店舗を達成する。大規模店「池袋東口店」のオープンに合わせて、同社の大尾嘉宏人常務が近況を報告した。(2019/4/25)

楽天モバイルがヤマダ電機の5店舗に出店
楽天モバイルが直営店をヤマダ電機に出店する。3月14日から順次オープンしていく。全国規模での店舗展開が進む。(2019/3/13)

楽天モバイルが西友に直営店を展開 まず4店舗
楽天モバイルの直営店が、スーパー「西友」の4店舗に登場。3月8日オープンの「リヴィンよこすか店」を皮切りに、3月下旬には3店舗のオープンを予定する。(2019/3/8)

小売・流通アナリストの視点:
地方の有力スーパーが手を組んだ“1兆円同盟”誕生、イオンとどう戦う?
2018年末、食品スーパー業界では久々の大型再編となる「新日本スーパーマーケット同盟」の結成が発表された。地方の有力スーパーが手を結び、売り上げの単純合計で1兆円を超えたのだ。(2019/1/23)

食品ロス対策の現場を歩く:
西友の販売期限切れ食品はどこへ行く? 追跡して見えてきたものとは
食品ロス対策が社会問題化している。西友ではまだ食べられるのに廃棄せざるを得なかった食品の一部を寄付している。棚から商品が撤去されて寄付されるまでの流れを追ってみた。(2019/1/10)

都内最大級の「猫・共生型」マンションが誕生ニャ 猫と人間両方の暮らしやすさを追求、住むだけで保護猫支援に
家賃から毎月222円が保護猫支援に充てられます。(2018/11/21)

小売・流通アナリストの視点:
ECから撤退して店舗を強化するドンキの狙い
ユニーがドンキホーテホールディングスの完全子会社になることが発表された。これは時間の問題だったのであろうが、想像以上に速い展開が周囲を驚かせた。そこから見えてくるドンキホーテの狙いとは一体?(2018/11/20)

「家計を応援」:
西友、飲料など約200品目を平均9%値下げ 19年1月頭までの期間限定
西友が飲料など約200品目を2019年1月6日までの期間限定で平均約9%値下げする。同社の値下げは18年に入り5回目。今後は「プライスロック」を11月後半に始める予定という。(2018/11/9)

Adobeの小売業担当ディレクターが語る:
Amazon独走にWalmartが待ったをかける、海外小売業の最新動向
今、世界の小売業のデジタルシフトはどこまで進んでいるのか。業界事情に詳しいエキスパートが語った。(2018/9/20)

急成長の秘密を探る:
ドンキ創業者が自伝に記した「金銭欲と名誉欲」
ドンキの創業者はたった一代で巨大なチェーンを築いたが、その原動力はどこにあるのか。“きれいごと”抜きの感情を素直に吐露した自伝から読み解いていく。(2018/9/18)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
日本企業は今こそ、手を組んでチャレンジに打って出るべき――カインズ 代表取締役社長 土屋裕雅氏
「AWS re:Invent 2017」に刺激を受けて、翌年の年頭朝礼で「IT企業宣言」をしたというカインズ代表取締役社長の土屋裕雅氏。SPA(製造小売業)にもIT改革をもたらすべく、CEO自らITのトップランナーたちに学ぶ土屋氏が描く、業界を超えたイノベーションとは。(2018/9/16)

“いま”が分かるビジネス塾:
西友の買収にドンキが前向き、勝算はあるのか?
米ウォルマートが西友の売却を検討していると報道され、ドン・キホーテが買収に前向きな姿勢を示している。もしドンキが西友の買収に成功すれば、国内の小売業界の地図は大きく塗り変わるはず。ドンキはどのような将来像を描いているのだろうか。(2018/8/30)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。