ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ネットスーパー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

視認性や操作性を向上:
楽天西友ネットスーパー、スマホアプリの提供開始 最大2万アイテムをスムーズに検索
楽天グループと西友が、協働で運営する「楽天西友ネットスーパー」専用スマートフォンアプリの提供を開始した。(2021/9/28)

小さく始める事業のハマりどころ「Excelファイルまみれ」との別れ方、東急ベルの場合
予算が限られる中でITの力を借りた業務効率化はどこまでできるだろうか。従業員個人の頑張りにたよったExcelファイル管理を脱出し、効率よく内製化を推進する体制を構築した企業の成功例を見てみよう。(2021/9/22)

Supply Chain Dive:
「店舗や倉庫はそのまま」でスーパーのオンライン化や配達を支援 ロボット企業が共創する新サービス
消費者が必要な日用品をオンラインで購入し、戸口まで配達してもらう――、そんな買い物のニーズがコロナ禍で成長している。消費者のニーズに応えたいスーパーや食料品店向けに、米国で成長中のオンライン買い物代行サービス「Instacart」がロボティクス企業と一緒に在庫管理ソリューションを共創すると発表した。その中身と今後の可能性は。(2021/9/8)

因縁表面化:
関西スーパー争奪戦に名乗り オーケーVS. H2Oはどうなる?
首都圏が地盤のディスカウントスーパー、オーケーが3日、関西が地盤の関西スーパーマーケット買収に名乗りを上げた。関西スーパーは先月31日、阪急阪神百貨店などを運営するエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングとの経営統合で合意していた。3社は過去にも水面下で牽制し合っており、因縁の対決が表面化した格好だ。(2021/9/4)

Supply Chain Dive:
配達需要で進む物流DX 米国の大手スーパー「黒字化に4年」でも自動配送センターに1億ドル投資する理由
コロナ禍で配達の需要が高まる中、米国の小売業界で大手スーパーのKrogerが大規模な投資を発表した。英国のネットスーパー大手と提携し、ロボットを駆使した自動化型の配送拠点を複数開設し、初期だけで1億ドルの投資を決めた。同様の施策に二の足を踏む同業他社もある中「それでも店舗に投資するより効率的」と幹部が語る背景とは。(2021/8/20)

「楽天全国スーパー」今秋スタート スーパーのネット進出支援、“楽天経済圏”に
楽天が、スーパーマーケットのネット進出を支援する「楽天全国スーパー」を今秋ごろ始める。ネットスーパー運営に必要なシステムやサポート一式を提供し、楽天経済圏の拡大を狙う。(2021/8/19)

宅配サービスの実態調査:
4人に1人がネットスーパーや食品宅配サービスを利用 梱包で気になる点は?
インターネットリサーチを手掛けるクロス・マーケティング(東京都新宿区)は、宅配サービスに関する調査を実施。4人に1人が直近3カ月でネットスーパーや食品宅配サービスを利用していたことが分かった。(2021/8/6)

米国3社の事例に学ぶパンデミック後のCX【前編】
生花販売大手が「CX」向上のために“大手ベンダー依存”をやめた理由
新型コロナウイルス感染症の影響でEコマースの需要が高まる中、生花販売大手のFTDは商機を生かすべく、CXのためのシステムを刷新した。そこで同社が選んだ方針が、大手ベンダー製品からの脱却だった。その意図とは。(2021/7/26)

相馬留美の「今そこにある商機」:
「消費期限1日」の魚を販売するネットスーパー その仕組みは?
「perrot(ペロット)」という、「消費期限1日」という足の早い生鮮品までが並ぶネットスーパーをご存じだろうか。2020年8月にサービスをローンチし、新鮮な魚介類が届くことを武器に人気を集めているのだ。生きたままのカニや魚の刺身が届く仕組みを取材したところ……。(2021/7/19)

「全ての支出を一度見直してみました」 小倉優子、“食費15万円”の反響を受けて節約生活スタート
15万円でも別に悪くはない。(2021/7/9)

要因は?:
イオン、売上高2兆円超で過去最高更新 22年3〜5月期、黒字転換
イオンの2021年3〜5月連結業績は、売上高に相当する営業収益が2兆1532億円(前年同期比3.7%増)と、過去最高を更新した。(2021/7/8)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年6月)
ECサイトから顧客のニーズや嗜好に適した顧客体験を提供するための「パーソナライゼーションエンジン」が人気です。今月の国内顧客ドメイン数TOP10を前月と比較すると、「AiDeal」は横ばい、他のツールは微減しました。(2021/6/8)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
コロナ禍で急成長の食品オンライン販売 フードリテールはEC最後の新天地となるか?
2020年にアジアを中心として大きく成長した食品EC市場ですが、まだまだ成長のポテンシャルは大きいようです。(2021/6/4)

イオンスタイル川口:
約150台のAIカメラで何が分かるのか イオン初の本格スマートストアの全貌
イオンリテールが運営する「イオンスタイル川口」は、デジタル技術を駆使した同社初の「本格的なスマートストア」と説明する。一体どのようになっているのか(2021/5/25)

両社の関係が崩れ:
1000店→150店に! なぜマクドナルドはウォルマートから“離れている”のか
米国のウォルマート店内に、マクドナルドはたくさんの店舗を構えてきたが、いまビジネスの転換期を迎えているようだ。ピーク時には1000店ほどあったが、今年の夏には150店に。なぜマクドナルドはウォルマートから離れているのか。その背景に……。(2021/4/29)

約6000人が利用:
宅配便数が過去最多に! 配達効率89%向上のDXアプリで人手不足解消なるか
コロナ禍でEC需要が急増している。宅配業界の人手不足はますます深刻になっているわけだが、そうした課題を解決するために、あるサービスが話題になっている。それは……。(2021/4/12)

ライフがネットスーパーの新会社 配送網の整備や専用アプリの開発など
ライフコーポレーションが、ネットスーパー事業を手掛ける新会社を設立すると発表。配送網の整備・構築や専用アプリの開発を行う。(2021/4/8)

PR:Biz-Createが日本のビジネスを変える 地方銀行と共に歩むSMBCの挑戦
(2021/3/5)

さまざまな取り組み:
コロナ後にカギを握るのは? 米国、食品スーパーの動向
米国の食品スーパー業界にも、デジタルの波がやってきている。いや、アマゾンが2017年にスーパーの「ホール・フーズ」を買収したころから、競合他社の多くが危機感を抱き、動き始めている。では、どういった動きをしているのか。まとめてみたところ……。(2021/2/25)

製造ITニュース:
IoTを活用した食品ロス削減に関する共同実証実験を実施
凸版印刷は、5社共同でネットスーパーおよび消費者の家庭における食品ロス削減に関する実証実験を実施する。IoT技術を活用した食品消費最適化を目指す。(2021/2/8)

パナ、冷凍・冷蔵機能付き宅配ロッカーの受注販売スタート
パナソニック産機システムズが、冷蔵・冷凍機能付きの宅配ロッカー「受け取り用冷凍・冷蔵ロッカー」の受注販売を始めた。(2021/1/12)

「OTT」「サブスク」「iOS 14」他の影響は?:
2020年のモバイルアプリにおける変革と2021年の最重要課題
Adjust日本ゼネラルマネージャーが占う2021年のアプリマーケティングの動向とは。(2020/12/28)

「玄関前」をプラットフォームに:
置き配バッグ「OKIPPA」 顧客と社会の課題解決、そして新たな価値創造へサブスクリプションという選択
ネット通販利用の拡大と共に注目されるようになったのが宅配便の再配達による社会的損失という課題。解決策の一つである「置き配」に注目して事業を営む物流系ITスタートアップ企業の市場創造戦略を探った。(2020/12/24)

小売・流通アナリストの視点:
ウォルマートの「西友切り」は遅すぎた? それなのに今、楽天が西友とタッグを組むワケ
ウォルマートが保有する西友株式の85%を手放す。売却する株式のうち20%は、新会社を通じて楽天が取得するという。長らく伸び悩む西友だが、あえて今、楽天がタッグを組む理由とは?(2020/12/24)

AIがレシピ提案、連動して食材もお届け 味の素と物流ベンチャーが新サービス
味の素が、AIが献立を自動提案する同社のレシピサイトを通し、必要な食材を配送する新サービスの提供を始めた。物流ベンチャーのCBcloudと連携する。(2020/12/21)

楽天がスーパー大手の西友に出資 楽天の会員基盤やテクノロジーを小売業に活用
楽天とウォルマートは以前からネットスーパーなどで協業していました。(2020/11/16)

楽天、西友株式の20%を取得 DX加速
楽天は、米投資ファンドのKKRと、米Walmartが保有する西友の株式の85%を共同で取得する。小売店のDX化を支援する新会社「楽天DXソリューション(仮)」も設立。西友のDX化を進める。(2020/11/16)

オンラインと実店舗を融合:
西友に楽天と米投資ファンドが出資 2社で85%取得、デジタル化を加速へ
楽天が西友に出資すると発表。米投資ファンドのKKRと共に、西友の親会社の米ウォルマートから一部の株式を取得する。小売りの現場のデジタル活用を促進し、オンラインとオフラインを融合した顧客体験を充実させる。(2020/11/16)

レジ待ち渋滞も解消:
“買いすぎ防止”スマホレジを導入したら、客単価が20%上昇 イオン「レジゴー」の秘密に迫る
イオンのレジに革命が起きている。買い物客が貸し出し用のスマートフォンを使い、かごに入れる前に商品をスキャン、専用レジで会計する「レジゴー」だ。スキャンにかかる時間は約1秒。レジでは決済のみを行うため、レジ待ちの渋滞も起きづらい。常に商品の一覧と合計金額が確認でき、利用者にとっては買い過ぎの防止にもなるレジゴーの導入で、客単価が向上したという。その理由を聞いた。(2020/10/22)

CEATEC2020:
スマホアプリで商品スキャンから決済まで スーパー向けのレジシステム、富士通が販売
富士通はこのほど、スーパーマーケットなどの小売り事業者向けに、レジを通さず、スマホアプリを使う決済システムを発売した。利用者は、スマホアプリで商品のバーコードをスキャンして決済できる。レジの混雑を解消し、省人化やレジ台数の削減につなげ、運用コストを低減できるという。(2020/10/19)

小売業のDXを強力に推進 富士通が業務アプリ構築クラウドサービスを提供開始
富士通は、スーパーマーケットやドラッグストアなどの小売業者のデジタルシフトに向け、店舗業務に関わるアプリをクラウドで提供する「Brainforce」を提供開始した。第1弾として、レジを通さずスマホで買い物が完結する“ウォークスルー決済”などの仕組みを提供する。(2020/10/20)

PR:新型コロナのはざまで――地域密着型ミニスーパー「こだわり商店」の挑戦
(2020/10/14)

関連する構造化/非構造化データをデータレイクに集約:
ビッグデータからトラック運送に最適なルートを予測するサービスを提供 DATAFLUCT
DATAFLUCTは、トラック運送に最適なルートを最適なタイミングで予測するサービス「DATAFLUCT route-optimization.」の提供を開始する。(2020/10/12)

コロナ禍でもスーパーはオンラインより「リアル店舗」重視 消費者が求めるキーワードは「発見」や「社会貢献」
約9割の人がネットスーパーよりも食品スーパーを重視しています。(2020/9/22)

ネットスーパー好調:
イオン、ドライブスルーに商機 ネットで事前注文、買い物時間を短縮
イオンリテールは、ドライブスルーに対応した店舗を拡大する。ネットスーパーの注文商品を、クルマに乗ったまま店舗で受け取れる仕組みだ。(2020/9/10)

PR:テレワークで利用が増えても安定した通信環境を 「THE WiFi」の裏側を聞く
在宅時間が増えたことで、国内の使い放題のWi-Fiルーターサービスが注目を集めている一方で、通信障害や速度低下などのトラブルも相次いだ。そんな中、「THE WiFi」が、2020年8月26日に新プランの提供を開始。1日のデータ通信容量上限を4GB、月間最大124GBに変更した。その背景をスマートモバイルコミュニケーションズ株式会社の鳥越洋輔社長に聞いた。(2020/9/9)

「THE WiFi」が容量無制限から1日4GBに変更 月額3480円〜
スマートモバイルコミュニケーションズが8月26日、データ通信サービス「THE WiFi」の料金プランを変更した。これまではデータ容量を原則として無制限としていたが、8月26日以降は1日4GB、月間最大124GBとする。2020年10月31日までに申し込むと3カ月間は月額3480円(税別)。(2020/8/26)

2030年までに6000億円の売上高を目指す:
イオンが「次世代ネットスーパー」に着手 AIとロボティクスを駆使した大型倉庫建設
イオンはネットスーパー事業の本格稼働を目指し、千葉市内に大型倉庫を建設すると発表。AI(人工知能)やロボットを活用し安定的な共有力を誇るという。着工は2021年春を予定。新型コロナウイルスの影響で高まる食料品宅配のニーズに応え、今後数年内に同様の施設の建設を計画している。(2020/8/20)

サイバーセキュリティマネジメント海外放浪記:
海外エキスパートに聞く、セキュリティ人材、育つ人と育たない人の違いは?
サイバーセキュリティの取組を向上させる上で重要な観点は「コラボレーション」。1人で全てできるわけではなく、一つの組織で全てできるわけではない。(2020/8/17)

飛躍:
アフターコロナに急展開するASEAN食品Eコマース
新型コロナウイルスが猛威を振るい、外出自粛を余儀なくされた期間、世界各地で食品Eコマースが伸長した。(2020/8/24)

ネイティブアプリから「スーパーアプリ+ミニアプリ」へ:
「LINEミニアプリ」は何を変えるのか?
ミニアプリとは何か。これにより人々の生活はどう変わるのか。LINEが展開する新たなサービスの可能性について専門家が語った。(2020/7/20)

西友、「売場内で従業員が水分補給」など従業員の熱中症対策について理解を呼びかけ
大型ビニールカーテンの設置でこれまでよりも熱がこもりやすくなるようです。(2020/7/3)

ベストの非着用も:
マスクとレジのビニールカーテンで熱中症の危険 西友、お客の前で従業員が水分補給してもOKの方針
西友が新しい熱中症対策を発表した。レジのビニールカーテン内では熱がこもってしまうため、従業員が売り場内で水分補給することを認める。(2020/7/3)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国「感染リスク判定アプリ」、“病歴・飲酒・喫煙データ収集構想”に波紋
日本では開発の遅れが取り沙汰される新型コロナウイルスの「接触確認アプリ」だが、中国では2月初旬から運用が開始されている。ここでは中国アプリのこれまでと現状、第2波に備えた拡充構想とそれに対する市民の反応をレポートする。(2020/6/5)

PR:ネットショッピングとコンビニ利用が多いなら、どのクレジットカードがいい? 「クレカ使い分け」徹底指南
利用金額に応じてポイントがたまるクレジットカード。ネットやコンビニで買い物をする人はどのカードを選ぶとお得?(2020/5/15)

今日のリサーチ:
Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「Google トレンド」で振り返ったレポートを紹介します。(2020/4/2)

ネットスーパーの注文品、セブンで受け取り 都内で実験、イトーヨーカドーと連携
セブン&アイ・ホールディングスは、イトーヨーカドーのネットスーパーで注文した商品を受け取れるボックスを、都内のセブン-イレブン2店舗で試験的に導入。冷蔵・冷凍・常温の食品に対応する。(2020/3/4)

あなたの今週の運勢は? ねとらぼ12星座占い【2月24日〜3月1日】
(2020/2/24)

クックパッドの生鮮食品注文、東京メトロ駅構内で受け取り可能に まず大手町駅から
クックパッドが、生鮮食品EC「クックパッドマート」の商品を受け取れる宅配ボックスを、東京メトロ駅構内に設置する。(2020/2/20)

「ヤマザキ春のパンまつり」をゲーム風に攻略するガチ勢がすごい 「まさかの下方修正ラッシュ」「ダブルソフトの格下げで激震」
山崎製パンの各商品で「シール1点分を得るのに何円かかるか」を「効率」として集計し、過去5年に渡り公開。(2020/2/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。