ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ネットスーパー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タイパ」のためにやっていること 3位「倍速視聴・10秒スキップ」、2位「ネットショップ・ネットスーパー」、1位は?
タイムパフォーマンス(タイパ)を意識してやっている行動は何か。実際に効果を体感しているものを含めた調査結果が明らかになった。(2024/1/20)

どうなる「楽天経済圏」 モバイルの巨額赤字だけでない、深刻な懐事情
「第4の事業者」として携帯通信サービスへ鳴り物入りで参入した楽天だったが、苦境が続く。中でもオープンAI社の騒動には、相当なショックがあったのではないかと識者は分析する。(2024/1/19)

声で指示すれば、あとのアプリ操作は“AIウサギ”におまかせ 小型AIデバイス「rabbit r1」登場
AIスタートアップの米rabbitが、モバイルAI端末「rabbit r1」を発表した。ウサギ型AIエージェント「rabbits」に声で指示するだけで、ユーザーに代わってアプリを操作してくれるのが特徴。(2024/1/11)

楽天グループ、繰延税金資産700億円を取り崩し
楽天グループは、2023年12月期連結業績で繰延税金資産の一部取り崩しを実施すると発表した。(2024/1/11)

半径300メートルのIT:
短縮URLという“根本解決できない問題”に企業はどう立ち向かえばいいのか?
いなげややオートバックスセブンの2次元バーコード読み取りで発生した事件には、実は根深い問題が隠れていると筆者は考えます。企業はこれにどう対処すればいいのでしょうか。(2023/11/21)

11月24〜12月1日の8日間:
アマゾン「ブラックフライデー」 期間延長や先行セールで“買い納め”獲得に意欲
アマゾンジャパンは、年末のビッグセール「Amazon ブラックフライデー」を11月24日〜12月1日の8日間開催する。7月に開催したプライムデーで初めて実施した、買い逃しを防ぐ先行セールや、注文・閲覧履歴に基づく「パーソナライズ表示機能」を今回も導入し、年末年始に向けた購買需要の取り込みを図る。(2023/11/17)

QRコード読み取り→不正サイトにクリック誘導 いなげや、オートバックスなどでトラブル続出……注意呼びかけ
SNS上でも報告例がありました。(2023/11/15)

「いなげや」QRコードから不正サイトに誘導、カード情報抜き取られる被害
いなげやネットスーパーの入会案内に記載したQRコードが、予定していない不正サイトにアクセスする事象が発生し、一部の顧客のクレジットカード情報が抜き取られる被害が発生した。(2023/11/10)

不正アクセスで個人情報漏えいか 近商ストア5店舗のネットスーパー会員
近鉄グループのスーパー「近商ストア」が、サーバーの一部が第三者から不正アクセスを受け、奈良県内5店舗のネットスーパー会員約1万7000人分の個人情報が漏えいした可能性があると発表した。(2023/11/2)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
ECで買って店舗で受け取り ウォルマートが導入し話題の「新たな購買体験」とは
ECで購入した商品を店舗で受け取るBOPIS。米小売大手ウォルマートが先駆けて導入し、日本の小売業でも注目を集めています。今回は、9月に筆者が小売視察で訪れた米ニューヨークのBOPISの最新動向を紹介します。(2023/10/2)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第6回】
ITを「みんなのもの」にするにはまず何をすべきか
英Computer Weeklyは毎年、IT業界で活躍する女性を表彰している。その中で「Hall of Fame」(殿堂入り)を果たした、2人の人物の特徴とは。(2023/9/27)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
EC化率「45%の中国」と「13%の日本」 3倍超の差がつく納得の理由
大手の食品小売業ではここ数年、1万坪級に及ぶネットスーパー専用の大型配送センターを開設する動きが顕著になっています。海外には、ネットスーパー専用の大型センターやEC運営の先行事例があります。国内の小売企業がEC運営を成功させるために、海外の事例から押さえておくべきポイントを探ります。(2023/9/19)

ウォルマートが「広告代理店」になる日 小売りに頼らない未来の稼ぎ方
売上総利益率は70〜80%、ロスも生じず、返品される可能性もゼロ――。ウォルマートが将来を約束された、最強の売れ筋商品とは。(2023/9/14)

ここがスゴイよ:
「高額プラン」の会員が約6割 コストコの「圧倒的成長」を支えるファン戦略と5つの強み
圧倒的な成長を続けるコストコ。大きな特徴は会員制で、高額なプランを選ぶ会員は約6割に達するという。一体なぜ、そんなことが起こるのか。コストコのファン戦略と利益構造の裏側を探る。(2023/8/31)

ダイエーVS.西友の「赤羽戦争」はなぜ起きた? 駅東口2大スーパー、半世紀の歴史に幕
東京・赤羽駅東口を代表する老舗スーパーとして約半世紀にわたり親しまれた「西友赤羽店」と「ダイエー赤羽店」が今年、相次ぎ閉店。かつて両店は「赤羽戦争」と呼ばれる歴史的商戦を繰り広げていたことをご存知だろうか――。(2023/8/28)

自動車業界の1週間を振り返る:
脱炭素社会と循環型社会の両立は一筋縄ではいかない
まだまだ暑いですね。1週間お疲れさまでした。来週は台風が接近してくるようです。台風といえばお盆期間を台風が直撃した際、NHKでは台風の影響を逐一テロップで流していました。鉄道などの情報が主でしたが、物流に関しても言及があったのが印象に残っています。(2023/8/26)

Amazonプライム値上げ でもまだ安すぎる?
アマゾンの会員制プログラム「Amazonプライム」の会費が値上げされることが話題になっている。(2023/8/23)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
売り場をムダに歩き回る店員……店舗出荷型ネットスーパーの成功に必要な4つの視点
店舗在庫利用型ネットスーパーの成功に必要な4つの視点〜同じ商品をヤマダさんがピックアップしてサトウさんが品出しする非効率(2023/8/23)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
日本は周回遅れ? ウォルマートを成長させた「データ整備」と「物流改善」の極意
小売業のDXを図る上で在庫管理におけるデータの活用は欠かせない。ウォルマートの事例から、日本の小売業の成長に必要な要素を浮き彫りにする。(2023/8/2)

米当局、“悪質UI”のアマゾン提訴 ユーザーだます「ダークパターン」なぜ生まれる?
ECサービスなどでユーザーを故意に迷わせたり、誤って購入させたりする「ダークパターン」。6月、米連邦取引委員会がアマゾンを提訴し大きな話題になった。ダークパターンはなぜ生まれるのか。(2023/7/31)

社長ら意気込み語る:
「8日目の野菜」がまだ新鮮――イオン肝入り新ネットスーパーの凄さ
イオン、および子会社のイオンネクストは7月10日、AIおよびロボティクス機能を導入したEC事業、「Green beans」(グリーンビーンズ)を本格稼働する。先端技術を駆使した新たな購買体験とは。(2023/7/10)

ITmedia ビジネスオンライン Weekly Top10:
「1カ月休みたい」 これは五月病?
年度が替わって2カ月が経とうとしている。「五月病」で、口癖は「1カ月仕事を休みたい」という人はいないだろうか? 有給休暇とは別に連続20営業日も休める「浮世離れ休暇」を提供している企業があるらしい。(2023/5/26)

重たいものを届けてくれる:
「食材宅配サービス」人気ランキング 2位「コープデリ」、 1位は?
MMDLaboが運営するMMD研究所は、「食材宅配に関する調査」を実施した。利用している食材宅配サービスを聞いたところ、トップは……。(2023/5/21)

ITmedia ビジネスオンライン Weekly Top10:
最近急に暑すぎる 筆者の夏の相棒「アイスアメリカーノ」の出番だ
1週間の記事アクセス数を集計し、上位10記事を紹介する「ITmedia ビジネスオンライン Weekly Top10」。今回のテーマは最近の暑さについて。筆者はこれが飲みたくなると「夏だな……」と感じます。(2023/5/19)

配送料の値上げも発表:
「Amazonフレッシュ」配送エリア拡大 府中市、船橋市、松戸市などが対象に 新設の物流拠点が寄与
アマゾンが有料会員向けサービス「Amazonフレッシュ」の対象エリア拡大を発表した。新たに府中市、船橋市などが対象に加わった。(2023/5/18)

週末に「へえ」な話:
「コストコ」専門のネットスーパーが人気 なぜオープン前に会員が1万人を超えたのか
コストコの商品を仕入れて、それを販売する店がじわじわ増えている。テンバイヤーみたいに感じるかもしれないが、悪いことをしているわけではない。コストコは卸売業でもあるので、そうしたことができるわけだが、その中でも気になる店が登場した。どういった特徴があるのかというと……。(2023/5/14)

浦上早苗の中国式ニューエコノミー:
アリババなど中国各社からChatGPT対抗AI続々 “にわか”ではない開発の背景
4月11日、中国アリババグループが自社開発の対話型AIを発表した。3月には中国バイドゥ、米Google、4月には米Amazonも参戦を表明し、中国では5月までに数社がリリース予定だ。「中国版ChatGPT」は数年前から開発されており、社会実装では中国が先行する可能性もある。(2023/4/20)

WAONを持つイオンがスマホ決済「AEON Pay」を強化するワケ カギは「iAEON」アプリ
イオンのコード決済サービス「AEON Pay(イオンペイ)」が、イオングループ以外の加盟店にも拡大中。AEON Pay は「iAEON」アプリの1つの機能として搭載された。AEON Payが広がることでタッチポイントの拡大にもつながるという。(2023/4/11)

4月15日にオープン:
「イオンフードスタイル西新宿店」登場、35階建ての複合施設に
ダイエーは、東京都新宿区に「イオンフードスタイル西新宿店」を4月15日にオープンする。(2023/4/9)

イオン・吉田社長が明かす都市部特化ネットスーパーの真の狙い
イオンが1都3県など都市部に特化したネットスーパー「グリーンビーンズ」の立ち上げを発表した。報道陣向けの質疑応答では、事業の方向性に関する質問が出た。吉田昭夫社長は「継続率」をキーワードとし、事業の真の狙いを明らかにした。(2023/4/6)

長年の悲願:
弱点克服の“ラストピース”になるか 小売りの雄・イオンが挑む、都市部特化ネットスーパーの全容
イオンが新たなネットスーパー「グリーンビーンズ」を発表した。1都3県など都市部に特化したネットスーパーとして今夏、始動する。英国企業と提携し、AIやロボットなどを活用した最先端の買い物体験を提供する。(2023/4/6)

AIとロボット駆使:
イオンの新たなネットスーパー、今夏始動 ブランド名は「グリーンビーンズ」
イオンはネットスーパーの新ブランドとして「Green Beans」(グリーンビーンズ)を今夏に立ち上げると発表した。AIとロボットを駆使した最先端の技術を活用したオペレーションやロジスティクス、高い鮮度管理などをアピールしている。(2023/4/5)

日米中のスマホアプリ利用比較 日本は有料動画アプリの利用が圧倒的に少ない結果に
MMD研究所が「日米中3ヶ国都市部スマートフォンユーザー比較調査」の結果を発表。週に1回以上利用するアプリのジャンルやメッセージアプリ/SNS、現在利用している音楽再生アプリや有料で利用している動画再生アプリなどを調査した。(2022/11/17)

急成長SaaSに「BizDev」の力あり その実態をSansanなど3社の事例からひもとく
SaaSビジネスにおいて重要性を増す「BizDev」。企業ごとに方法論が異なるこの手法、各社はどのように取り組んでいるのか。Sansanなど、BizDevによって成果を出す3社に聞く。(2022/11/11)

子どもたちを学校に送り出す=デプロイ:
「バリューストリームマップ」を作成し、家事の課題を特定する
4人家族の家事育児をワンオペで担うことになったエンジニアリングマネジャーの陽太郎さんは、家事代行サービスを利用したいのですがどのサービスを使えばいいのか決めきれません。そこで家事のワークフローとバリューストリームマップを作成し、サポートが必要なタスクを見極めていきます。(2022/10/31)

トーハン、書店スペースのレンタル事業に参入 「ブクマスペース」開始
店頭スペースを提供できる書店と、スペースを利用したい事業者をマッチングするレンタルプラットフォーム「ブクマスペース」をトーハンが開始。(2022/10/20)

物流を変える仮想配送センター【後編】
「仮想配送センター」でリードタイムを短縮する物流の仕掛け
オンラインスーパーマーケットを手掛けるOcadoは、配送プロセスの効率化を目指し、先進的な取り組みを進める。その一つが「仮想配送センター」だ。何が変わるのか。(2022/9/27)

顔認証:
積水ハウスとNECが分譲マンションの顔認証サービスで連携、家族の帰宅通知や共有鍵の置き配など
積水ハウスとNECは、集合住宅にまつわる荷物の再配達や不在時の代行サービスなど、多種多様な課題に対し、顔認証システムを導入することで、住居者の利便性やセキュリティの向上に向けて取り組む。(2022/9/26)

物流を変える仮想配送センター【前編】
「“3Dプリンタ製”の物流ロボット」でネットスーパーが達成した効率化とは?
オンラインスーパーマーケットを手掛けるOcadoは、配送センターで稼働するロボットなど設備の運用効率化を目指し、先進的な設計を取り入れる。どのような技術を用いているのか。(2022/9/19)

約140店舗の出店:
「イオンモール土岐」10月にオープン、特徴は?
イオンは10月7日、岐阜県土岐市に新たな商業施設「イオンモール土岐」をオープンする。同モールの特徴は……。(2022/8/25)

気象データが変えるこれからのデジタル広告:
Cookie規制はむしろ福音 広告体験を改善するための2つの条件とは?
著者は今、気象データを活用した広告の提供に注力しています。それは単にサードパーティーCookieの代替ソリューションにとどまらず、忘れられがちだった「良質な広告体験」を取り戻すきっかけになり得ると信じるからです。(2022/8/23)

コロナ禍が変える買い物体験:
新しい買い物体験ニーズ1位の日本 海外で広がるBOPISは国内の小売店に浸透するのか
コロナ禍をきっかけに、新しい買い物体験が世の中に浸透しつつあります。日本は特に新しい買い物体験ニーズが強いことが調査から分かりました。海外の小売店で広がる「BOPIS」という買い物体験は日本で定着するのでしょうか?(2022/7/28)

企業は“とがって”個性を伸ばせ:
「ハリネズミ経営」と「9つのDX推進領域」でベイシアグループはいかに躍進したか?
ワークマンやカインズなど小売業界のIT活用で大きな注目を集める企業をまとめているベイシアグループ。同グループの掲げる特徴的な経営方針「ハリネズミ経営」とDX推進のポイントを聞いた。(2022/7/21)

配送料が一つのカギに:
ネットスーパー戦国時代 イオンに西友、Uberも参戦 勝ち抜くために必要なのは?
コロナ禍、非接触・非対面を実現するためにさまざまなソリューションが生まれた。その中でもネットスーパーは大きく飛躍したビジネスの一つだろう。コロナ禍で人々の生活に定着しつつあるが、飛び抜けたプレイヤーはおらず、多くがしのぎを削っている状態だ。勝ち抜くために必要な条件は?(2022/7/29)

男女別の結果を紹介:
ネットスーパーで買うもの 2位は「肉類」、1位は?
ネットスーパーでよく購入する商品に関するアンケート調査を実施した。3位は「レトルト、インスタント、缶詰」、2位は「肉類」だった。1位は?(2022/7/11)

実店舗、劣勢か:
今こそ、小売店舗改革 メーカーと消費者に選ばれ続ける「売り場」を実現する3つの視点
メーカーと小売企業の関係性が少しずつ変わり始めている。メーカーは店頭販売への依存度を減らし、通販サイトやD2Cなどのオンライン販売強化に急ぐ。店舗の「売れる棚の取り合い」よりも「インターネット上でどう勝ち抜くか」の比重が高まっているのだ。「売り場」の力をメーカーに訴求するために小売企業はどのような取り組みをすべきか?(2022/6/27)

今日のリサーチ:
ECシフトはどれだけ進んでいる? 商品別に分析――博報堂調査
EC生活者のEC利用実態・意識や生活意識などを聞いています。(2022/6/15)

週末に「へえ」な話:
移動スーパー「とくし丸」はなぜ“独走”しているのか 1000台突破の舞台裏
移動スーパー「とくし丸」の業績が好調である。クルマの稼働台数はぐんぐん伸びていて、売り上げも右肩上がり。「買い物難民をなんとかできないか」といったコンセプトでスタートしたこのビジネスは、なぜここ数年で伸びているのだろうか。同社の社長に話を聞いたところ……。(2022/6/11)

6月30日:
埼玉県に「イオンタウン毛呂山」オープン “レジ待ち”がなくなるアプリも提供
6月30日に埼玉県毛呂山町に「イオンタウン毛呂山」をオープンする。来客者数の目標は年間280万人で、平日7000人、休日9000人の来客を見込む。アプリやネットを活用した新しい買い物体験を提案していく。(2022/6/6)

両立したいんです:
アジャイル開発の「透明性」を参考に、自分の状況を「見える化」する
4人家族の家事育児をワンオペで担うことになった陽太郎さんは、エンジニアリングマネジャーとして学んできたアジャイルの知識を活用して、自分の状況を見える化することにした。(2022/6/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。