ニュース
» 2011年01月26日 16時35分 UPDATE

Facebook、ユーザーの「いいね!」やチェックインを広告に変えるサービス

ユーザーの行動が広告になる――Facebookが新しいサービス「Sponsored Stories」を発表した。

[ITmedia]

 Facebookは1月25日、「いいね!」ボタンのクリックやFacebook Placesでの「チェックイン」などのユーザーの行動を広告に変える新しいサービス「Sponsored Stories」を発表した。

 Sponsored Storiesでは、広告主はユーザーのFacebookページの右側に、ユーザーの友人の特定の行動――広告主のファンページの「いいね!」ボタンをクリックする、など――を表示することができる。

ah_fbss.jpg Facebookページの右側に「Sponsored Stories」を表示する

 例えばStarbucksが広告主の場合、友達がStarbucksについて「いいね!」ボタンをクリックしたり、位置情報サービスPlacesを使ってStarbucksの店舗でチェックインすると、Facebookページの右側のSponsored Storiesコーナーに「○○さんがStarbucksについて『いいね!』と言っています」などのメッセージが表示される。

ah_fbss2.jpgah_fbss3.jpg

 企業の広告が直接表示されるわけではなく、ユーザーは友達が広告主やその商品について「いいね!」と言ったり、広告主の店を訪問しているのを目にするため、口コミ的な宣伝方法になるという。

関連キーワード

Facebook | 広告 | スポンサー | 友達 | Facebook Places


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -