ITmedia NEWS > ベンチャー人 >
ニュース
» 2011年02月02日 19時20分 UPDATE

「海の見える図書館限定」の蔵書検索もOK 「カーリルローカル」

蔵書検索ページをカスタマイズして公開できる「カーリル・ローカル」がオープン。海の見える図書館だけを調べるなど、検索対象となる図書館を自由に設定できる。

[ITmedia]
画像 カーリルローカル

 「図書館検索を変えていきます。もう1度」――国内の公共図書館の蔵書を横断検索できるサイト「カーリル」を運営する米Notaはこのほど、蔵書検索ページをユーザーがカスタマイズして公開できる「カーリル・ローカル」を始めた。海の見える図書館だけを調べるなど、検索対象となる図書館を自由に設定できる。

 GoogleかYahoo! JAPAN、mixiのアカウントを使ってログインし、検索対象となる図書館を自由に指定して、カスタマイズした蔵書検索ページを作成。書籍の有無や貸し出し状況を調べられる。作成した検索ページを自分専用で使う場合は「非公開」に設定することも可能だ。

画像 蔵書検索の設定ページ。タイトルや対象となる図書館を自由に設定・公開できる

 カーリルでは従来、検索対象の図書館を市町村や大学別に指定して調べることができたが、カーリルローカルでは「東横線沿線の図書館」や「海の見える図書館」から調べるなど、より柔軟な組み合わせが可能。ネット上に検索システムを公開している公共図書館の7割に対応している。

 検索できる書籍情報は、カーリルではISBNコード付きのものだけだったが、カーリルローカルではISBNコードを持たない地域資料や行政資料、映像資料も対象に加わっている。

 今後は、カーリルローカルで対応する図書館の数を増やしていくほか、ニーズの多い専門図書館などにも積極的に対応を進めるとしている。

 カーリルで提供してきた、蔵書の有無などを調べるAPIや、住所など図書館の基本情報を検索できるAPIに加え、図書館の書誌情報に自由にアクセスできるAPIも提供していく予定だ。

 Notaは、「紙copi」の開発などで知られる洛西一周さんがCEOを務める企業。

関連キーワード

図書館 | 検索 | 書籍


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.