ニュース
» 2011年02月04日 08時59分 UPDATE

IPv4アドレスの中央在庫が完全に枯渇

最後に残っていたIPv4アドレスの中央在庫の割り振りがすべて終了した。

[ITmedia]

 インターネットドメイン管理団体のIANAやICANNなどが2月3日、IPv4アドレスの中央在庫の割り振りがすべて終了したと発表した。中央在庫は完全に枯渇したことになる。

 この日、最後に残っていた5ブロックが、5つのRIR(地域インターネットレジストリ)に割り振られる式典が行われた。RIRにはIPv4アドレスの在庫がしばらく残るが、いずれ枯渇する見通し。

 これら団体は、次世代IPアドレス規格IPv6は「今や選択肢ではなく、必須」として、同規格への移行を促している。IPv6はIPv4よりもはるかにアドレス数が多く、ほぼ無限と言われる。

関連キーワード

IPv4 | IPv6 | ドメイン管理 | ICANN | IPアドレス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -