ニュース
» 2011年03月10日 07時00分 UPDATE

Flash Player 10.3のβ版公開 解析機能など搭載

Flash Player 10.3には動画の視聴回数などを測定できる解析機能が加えられている。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは3月7日、Flash Player 10.3のβ版をリリースした。解析機能やアコースティックエコーキャンセレーションなどを加えている。

 このバージョンでは、開発者はFlash Playerと解析ツールAdobe SiteCatalystを使った動画の視聴解析を実装できる。動画の配信経路や視聴者へのリーチ、視聴回数などを測定可能だ。アコースティックエコーキャンセレーションも利用でき、高音質なネット電話やゲーム内ボイスチャットなどを提供できる。

 またローカルストレージ管理がブラウザのプライバシー設置と統合され、cookieを削除するのと同じように、ローカルストレージをクリアできる。この機能はFirefox 4、Internet Explorer(IE)8以上、SafariおよびChromeの今後のリリースで利用できる。

 プライバシーやセキュリティの管理が簡略化され、Mac OS版では自動アップデート通知もサポートされる。64ビット版はなく、次のメジャーアップグレードからの提供となる。

 Flash Player 10.3βはAdobe LabsからWindows版、Linux版、Mac OS版をダウンロードできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -