ニュース
» 2011年04月12日 07時23分 UPDATE

Flash Playerに再び未解決の脆弱性、標的型攻撃も発生

AdobeのFlash PlayerとReader/Acrobatにまた深刻な脆弱性が見つかった。問題を解決するためのアップデートを準備中だという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは4月11日(現地時間)、Flash PlayerとReader/Acrobatに未解決の脆弱性が見つかったとしてセキュリティ情報を公開した。既にこの問題を突いた標的型攻撃が発生しているとの情報もある。

 同社によると、脆弱性はFlash Playerの10.2.153.1までのバージョン(Windows、Mac、Linux、Solaris向け)、10.2.154.25までのバージョン(Chrome向け)、10.2.156.12までのバージョン(Android向け)と、Reader/Acrobatのバージョン X(10.0.2)および10.x/9.xに組み込まれている「Authplay.dll」コンポーネント(Windows、Mac向け)に存在する。

 脆弱性を悪用された場合、クラッシュを誘発され、システムを攻撃者に制御される恐れがあるという。危険度は4段階で最も高い「Critical」に分類している。

 現時点で報告されている標的型攻撃では、Microsoft Word(.doc)ファイルにFlash(.swf)ファイルを組み込んで電子メールで送りつける手口が使われているという。一方、PDFを使った攻撃は今のところ確認されていないとしている。

 この問題を解決するためのFlash PlayerとReader/Acrobatのアップデートは、現在リリース日程を調整中だという。ただしWindows向けのReader Xについては、保護モードにより攻撃コードの実行を阻止できるとして、6月14日に予定している定例セキュリティアップデートまで解決を先送りする方針。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -