ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2011年05月24日 18時28分 UPDATE

被災地を情報プラットフォームで支援 「情報支援プロボノ・プラットフォーム」設立

震災の被災地と支援活動を情報プラットフォームでつなぐことで復興支援を目指す非営利団体「情報支援プロボノ・プラットフォーム」(iSPP)が発足。会員も募集している。

[ITmedia]

 東日本大震災の被災地と国内外の支援活動を情報プラットフォームでつなぐことで復興支援を目指す非営利団体「情報支援プロボノ・プラットフォーム」(iSPP)が5月24日、発足した。

photo

 IT関連の個人やNPO、団体、企業などで構成。それぞれのスキルや知識を生かし、被災地・被災者のニーズと実情に即した情報プラットフォームの構築と運用に取り組んでいく。被害実態の記録や保存、災害時の情報行動の調査など、独自プロジェクトも進める。

 まず400人の賛同者を集めて設立し、会員の募集も始めた。将来はNPO法人化を予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.