ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2011年05月26日 07時21分 UPDATE

Google、Chromeブラウザの安定版向けアップデートを公開

「Google Chrome 11.0.696.71」では4件の脆弱性に対処し、このうち2件は危険度が最も高い「Critical」レベルとなっている。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米GoogleはWebブラウザ「Chrome 11」安定版のアップデートを公開し、深刻な脆弱性に対処した。

 同社の5月24日付のブログによると、Chromeの最新版となる「11.0.696.71」では4件の脆弱性に対処した。このうち「BLOB処理における境界外の書き込み」問題と「GPUコマンドバッファのメモリ破損」問題の2件は、危険度が最も高い「Critical」に分類している。2件とも、同社の社内で見つかった脆弱性だという。

 残る2件は危険度がそれぞれ「High」と「Low」レベル。Highレベルの脆弱性については報告を寄せた外部の研究者に1000ドルの報酬を支払った。

 これら脆弱性のほか、Macプラグインのクラッシュに関する問題など、複数の不具合も修正している。

 Google Chromeをめぐっては、フランスのセキュリティ企業VUPENが今月、未解決の脆弱性を突いてセキュリティ機能をかわし、同ブラウザをハッキングすることに成功したと発表している。Googleはこれに対して正式な対応を表明していないが、この脆弱性は今回のアップデートでも解決されていないもようだ。

 Chrome安定版のアップデートはユーザーに自動的に配信される。OSはMac、Windows、Linuxに対応している。

関連キーワード

脆弱性 | Google Chrome | ブラウザ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.