ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2011年05月30日 19時56分 UPDATE

写真や動画を自動的にコマ割り配置 KDDI研究所が新技術

写真や動画など複数の画像を自動的にトリミングし、漫画のようにコマ割りして配置する技術をKDDI研究所が開発。ストーリー性のあるデジタルアルバムを簡単に作れるようになるという。

[ITmedia]

 KDDI研究所は5月30日、写真や動画など複数の画像を自動的にトリミングし、漫画のようにコマ割りして配置する技術を開発したと発表した。映像を時系列に沿って見栄え良く配置したデジタルアルバムを簡単に作成できるようになるとしている。

photo 新技術の特徴=ニュースリリースより

 核になるのは、映像内の人物などを認識し、適切な構図でトリミングする「構図自動最適化技術」。立っている自分を縦長にトリミングするなどし、トリミング後の形に合わせてコマ割りしたアルバムを自動的に作成する。

 従来のデジタルアルバムは撮影画像を並べるだけのため、見た目が単調な面もある。映像をコマ割りされたテンプレート内に配置するアルバムもあるが、固定されたコマに合わせて映像を配置する場合、映像の雰囲気が伝わらないこともある。新技術では、人物の顔など映像内の大切な部分は残したまま、映像の時系列の順序を保ってコマ割りされた、ストーリーのあるデジタルアルバムが楽しめるようになっているという。

photo 披露宴の写真を自動コマ割りした例

 今後、ホームビデオやイベント写真のインデックスや、アルバム作成サービスへの応用を進めていく。また録画したテレビ番組をコミック化して見る──といった使い方も検討していく。

関連キーワード

KDDI研究所 | アルバム | 漫画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.