ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2011年06月03日 07時40分 UPDATE

英情報機関、アルカイダの情報誌を「破壊版」にすり替えか

アルカイダがPDFで発行している英字誌「Inspire」の内容が、文字化けしたコンテンツに置き換えられていたという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 英国の情報機関が国際テロ組織アルカイダの英語情報誌「Inspire」のコンテンツ破壊に乗り出しているという。セキュリティ企業のF-Secureが米ワシントンポスト紙の報道を引用して伝えた。

 Inspireはアルカイダが2010年に創刊した英語情報誌。爆弾の作成方法やアルカイダ幹部のインタビューといった情報が掲載され、インターネットを使ってPDF形式で配布されている。英国の情報機関はこのコンテンツを破壊したバージョンを作成し、本物の号にすり替えてアルカイダ支持者にダウンロードさせていたとされる。

 F-Secureがブログに掲載した画像によると、創刊号の表紙や目次は破壊版も本物も同じに見える。しかし、4ページ目以降はすべて、文字化けしたコンテンツに置き換えられている。この中にマルウェアや脆弱性を悪用するコードが仕込まれているのではないかとの見方もあったが、F-Secureが調べた限りでは発見されなかったという。

関連キーワード

テロリズム | アルカイダ | F-Secure


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.