ニュース
» 2011年06月06日 19時09分 UPDATE

「当然のことをした」 Shareで「ナージャ」アップロードした男逮捕

Shareを使ってアニメ作品を権利者に無断でアップロードしていた会社員の男を高知県警が逮捕。男は「ファイル共有ソフトを使うものとして当然のことをした」と供述。

[ITmedia]

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によると、高知県警は6月4日までに、P2Pファイル共有ソフト「Share」を使ってアニメ作品を権利者に無断でアップロードし、送信できる状態にしたとして、著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで同県香南市の会社員の男(27)を逮捕、送検した。

 調べでは男は6月3日、テレビアニメ「明日のナージャ」(東映アニメーション)の第1話と第2話をShareを通じて無断アップロードし、不特定多数のユーザーに対し送信できるようにした疑いがもたれている。

 男はアニメなど約6500ファイル・約1.8Tバイト分をアップロードしており、Shareで入手したファイルをそのままアップロードしていたものとみられる。県警の捜査員がサイバーパトロールで発見し、ACCSを通じて著作権者に連絡した。

 男は「ファイル共有ソフトを使うものとして当然のことをした」と供述しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -