ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2011年06月15日 15時56分 UPDATE

地デジの次は「ネット」 シャープ、テレビ向けネットサービス「AQUOS City」

地デジ対応の次はネット対応──シャープがテレビ向けネットサービス「AQUOS City」と、対応する液晶テレビのフラッグシップ4機種を発表。

[ITmedia]
photo

 シャープは6月15日、テレビ向けネットサービス「AQUOS City」を7月15日にスタートすると発表した。対応する液晶テレビとして、フラッグシップモデル「Lシリーズ」4機種を同時発売する。

 テレビをつけると、テレビ映像とともに「スマートホーム」画面を表示。検索や番組表、ビデオオンデマンド(VOD)サービスなどをリモコンで利用可能。遠隔地の家族がテレビを付けたことをメールで知らせる見守りサービスなど、独自サービスも展開する。

 同社のスマートフォン「AQUOS Phone」と連携する「スマートファミリンク」機能を備え、撮影した動画や写真などをテレビに映して楽しんだり、スマートフォン上のURLを転送してテレビでWebを表示するといったことが可能なほか、AQUOS Phoneからの音声入力でネット・コンテンツの検索もできる。

photophoto 60V型「LC-60L5」とAQUOS City画面

 Lシリーズは60V型、52V型、46V型、40V型の4機種。同社独自の「4原色」技術と「ハイスピードUV2A」パネルを採用。さらに液晶パネルの駆動に合わせてLEDバックライトを高速にオンオフする「240Hzスキャン」も新たに搭載し、3D、2Dとも動きの速い映像をくっきりと再現できるという。新開発の8スピーカーと低振動ウーハーにより音質も向上しているという。

 「スマートファミリンク」機能は同社製Blu-ray Discレコーダーとも連携し、レコーダー内の録画番組をAQUOS Phoneで選び、テレビで再生することも可能だ。

 各機種の実売予想価格は、60V型が45万円、52V型が38万円、46V型が30万円、40V型が22万円。

 同社は「地デジ対応の次はネット対応」と、ネットと融合した新しいテレビで地デジ完全移行後のテレビを付加価値化していく考えだ。同社の中村恒夫執行役員(AVシステム事業統括)は「価格競争が厳しい中、新しいテレビの価値をどう訴求していけるか、その中の提案の1つだ」と話し、「ハードだけではなく、ソフト、サービスと両輪になって新しい価値や生活文化を創造していく」としている。

関連キーワード

テレビ | AQUOS | 地上デジタル放送 | AQUOS PHONE | UV2A


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.