ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「UV2A」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

UV2A:Ultraviolet induced multi-domain Vertical Alignment

シャープ、「AQUOS 4K NEXT」にHDR対応の70V型モデルを追加
シャープが「AQUOS 4K NEXT」の70V型モデルを発売。スピーカーシステムを強化したほか、Ultra HD Blu-rayのHDRに対応するアップデートも予定している。(2015/10/5)

シャープに聞いた4Kテレビ拡販戦略――そして8Kのこと
NexTV-Fによる試験放送が始まり、市場では製品ラインアップの拡大に低価格化も手伝って大画面4Kテレビが売上を延ばしている。4Kテレビの販売状況と戦略について、シャープに話を聞いた。(2014/12/1)

シャープ、3200×1800解像度の15.6型Windowsタブレット──電子黒板と連携、オフィス/教育分野に訴求
シャープが、超高精細ディスプレイを搭載する15.6型Windowsタブレットを発表。大型タッチ画面の電子黒板と連携し、オフィス/教育市場にペーパーレス会議ソリューションとして展開する。(2014/1/16)

4Kモスアイパネル搭載の“AQUOS”、「UD1シリーズ」登場
シャープが4Kテレビの第2弾を発表した。今回はAQUOSブランドとしてより幅広いユーザーに訴求する構えだ。(2013/5/21)

吉本興業100周年×シャープ100周年:
「なんばグランド花月」にドドーンと設置――300V型マルチディスプレイシステムが舞台を演出
シャープは、同社の60V型業務用液晶ディスプレイ「PN-V602」を25台設置した大型マルチディスプレイシステムを、吉本興業が運営する劇場「なんばグランド花月」に納入したことを発表した。(2012/4/24)

32インチで4K、シャープがIGZO液晶パネルを本格生産へ
シャープは、4月からIGZO液晶パネルの本格生産を開始する。サンプルとして、32インチで3840×2160ピクセル(140ppi)の液晶モニター向けパネルなどを公開した。(2012/4/13)

シャープ、IGZO液晶の生産スタート 10インチで2560×1600ピクセル
シャープがIGZO液晶パネルの生産を開始した。(2012/4/13)

ディスプレイ、ノートPC、タブレットへ展開:
10型で2560×1600、32型で3840×2160――シャープがIGZO液晶パネルを生産開始
シャープは、酸化物半導体(IGZO)によるTFTを採用した高精細な液晶パネルの生産を開始。亀山第2工場で4月から本格的な生産に入る。(2012/4/13)

80型の最強“ペンタブ”?:
シャープ、80型の業務用タッチディスプレイ──第10世代の大型液晶パネルでビジネス・教育市場を推進
シャープが業務用のタッチパネル搭載80型ディスプレイ「BIG PAD」を投入。電子ホワイトボード+多目的ディスプレイとして、オフィスや教育現場への導入を推進する。(2012/1/10)

太陽の“輝き”も表現するメガブライトネス技術、“AQUOS”に70V型「LC-70X5」登場
シャープは9月1日、“AQUOS”の新製品として、70V型の「LC-70X5」を発表した。従来は不可能だった“きらめき”を表現する新技術を搭載。3D表示や外付けHDD録画にも対応する。(2011/9/1)

賢いテレビを使ってみよう!:
PR:“AQUOS”のスマート技術でテレビの未来に触れる(L5編)
シャープ“AQUOS”(アクオス)のL5シリーズや、25日に発表して話題を呼んだフリースタイルAQUOS F5シリーズでは、意欲的に“デジタル後”のテレビの在り方が提示されており、テレビは映像コンテンツを楽しむもので、それをいかに心地よく体験できるかが重要だ、ということを改めて実感させられた。この、テレビの“本質”をシャープがどう捉えているのか、AQUOSのL5とF5、それぞれを題材に考察してみたい。今回はまず、L5の“スマート化”についてチェックしてみる。(2011/8/29)

シャープ、ネット機能充実の「AQUOS Lシリーズ」を発売
シャープは8月5日、液晶テレビ“AQUOS”のフラグシップモデル「Lシリーズ」を発売した。同社のスマートフォン「AQUOS PHONE」や「AQUOSブルーレイ」との連携機能が充実したネットワーク対応テレビだ。(2011/8/5)

3Dも対応:
シャープ、中国で70V型“AQUOS”を発売
シャープは、成長著しい中国の液晶テレビ市場に70V型の“AQUOS”2機種を投入する。標準モデルの他に、3D対応でスマートフォン連携機能なども搭載したフラッグシップモデルも用意。8月末にかけて発売する。(2011/7/27)

手裏剣操作できます:
スマホ連携で次のステージへ、“AQUOS”の新提案「Lシリーズ」
シャープは、AQUOSのフラグシップモデル「Lシリーズ」を7月中旬に発売する。同社製スマートフォン「AQUOS PHONE」と連携。フリックで画像や映像をテレビに飛ばすユニークな操作を可能にした。(2011/6/15)

地デジの次は「ネット」 シャープ、テレビ向けネットサービス「AQUOS City」
地デジ対応の次はネット対応──シャープがテレビ向けネットサービス「AQUOS City」と、対応する液晶テレビのフラッグシップ4機種を発表。(2011/6/15)

亀山モデルはスマホに?:
“勝っても赤字”の市場では戦わない、シャープが液晶事業の構造改革
シャープは6月3日、液晶事業の構造改革に関する説明会を開催し、価格下落が著しい20〜40インチ台のテレビ用大型液晶パネル生産からの脱却を図る方針を示した。(2011/6/3)

BDXL、外付けHDD対応:
シャープ、録画機能を強化した“ブルーレイ内蔵 LED AQUOS”R5シリーズ
シャープは、Blu-ray Discの大容量規格“BDXL”や外付けUSB HDDへの対応など、録画機能を強化した、液晶テレビ“ブルーレイ内蔵 LED AQUOS”R5シリーズ3モデルを発売する。省エネ性能も向上させている。(2011/6/1)

直視型は世界初:
スーパーハイビジョン対応85V型液晶ディスプレイ、NHKとシャープが開発
日本放送協会(NHK)とシャープは、現行ハイビジョンテレビの16倍の解像度を持つスーパーハイビジョン対応液晶ディスプレイを公開した。(2011/5/19)

背面もカッコいい:
家の中を持ち運べる“フリースタイルAQUOS”、「FE1シリーズ」登場
シャープは、家の中で持ち運べる新スタイルの液晶テレビ“AQUOS”「FE1シリーズ」を6月に発売する。チューナー部とディスプレイ部をWi-Fi接続するワイヤレステレビ。アンテナや電源のないところでもテレビを楽しめる。(2011/4/21)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
実力が試される薄型テレビ(2)――映像のダイナミックレンジ拡大とは
前編では、超解像技術の進化について解説してもらったが、この春はメーカー各社がそれぞれに特長のある個性的な製品を相次いで発表している。春の新製品と2010年の市場トレンドについて、AV評論家・麻倉怜士氏に解説してもらった。(2011/4/4)

本田雅一のTV Style:
薄型テレビ新製品でみえた各社の“持ち玉”
2011年春の薄型テレビは、非常に面白い素材がそろった。地デジ商戦最後の数カ月を戦うために、各社はさまざまな“持ち玉”を用意したからだ。(2011/3/28)

PR:「ハイスピードUV2A」がもたらした際立つ動画性能――「AQUOS Z5ライン」
シャープの“LED AQUOS”「Z5ライン」に採用された「ハイスピードUV2A」は、液晶パネルの構造から見直して応答速度を高めた注目の新技術だ。動画ボケを抑えるだけにとどまらず、2D/3D表示における映像の品位を向上させる。(2011/3/10)

ハイスピードUV2A:
シャープ、3D対応のスタンダード“LED AQUOS”「Z5ライン」などを発表
シャープは“LED AQUOS”の新製品として、LEDエッジライト搭載の「Z5ライン」および「V5ライン」を発表した。Z5ラインは「ハイスピードUV2A」と呼ばれる新技術を採用して3D表示のクロストークを抑える。(2011/1/26)

山本浩司の“本命”登場:
PR:“Blu-ray Disc搭載”を活かしきる、3Dテレビの進化形「AQUOS LB3シリーズ」
AQUOSクアトロン3D「LBシリーズ」は、シャープが持てる技術力と企画力を総動員した、じつに興味深い大型テレビだ。発色の良さと3D表示の明るさに定評のある4原色パネルにBlu-ray Discドライブを一体化。さらに録画/再生を同じ筐体で行うことのメリットを深く追求している。(2010/11/29)

FPD International 2010:
3Dテレビ、次の一手
フラットパネルディスプレイの総合技術展示会「FPD International 2010」が千葉・幕張メッセで開催されている。3Dテレビそのものが注目を集めた昨年と異なり、今年は3D表示の品位向上を目指した展示が目立つ。(2010/11/11)

あなたにぴったりの録画対応AQUOSを探そう!:
PR:“スタンダードモデル”と侮るなかれ。32V型フルHD&USB HDD録画対応のAQUOS「LC-32DZ3」
シャープのLED AQUOS「DZ3ライン」は、市販の外付けHDDを接続すればハイビジョン録画が可能になる“録画ready”モデル。しかもUV2A技術採用の液晶パネルを採用し、32V型にもフルハイビジョンモデルを用意するなど、基本性能をぐっと引き上げた高コストパフォーマンス機だ。(2010/10/4)

BDXL/外付けHDDも:
シャープ、“AQUOSクアトロン 3D”にBDレコ搭載のLBシリーズ
シャープは、AQUOSクアトロン 3DにBlu-ray Discレコーダーを搭載した新製品「LBシリーズ」2機種をラインアップする。(2010/9/30)

あなたにぴったりの録画対応AQUOSを探そう!:
PR:HDD&BD内蔵、まさに“死角なし”のオールインワンAQUOS「LC-32DR3」
個々のニーズに合わせて録画テレビが選択できるのは、豊富なラインアップを誇るシャープ「AQUOS」ならでは。中でもBD/HDD内蔵タイプの「DR3ライン」は、Blu-ray Discレコーダーを丸ごと取り込んだような強力な録画機能を誇っている。ただし、「DR3ライン」の魅力はそれだけではない。(2010/9/24)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
3Dの“鉄則” シャープ編
注目の4原色技術で“明るい3D”をうたうシャープの「AQUOSクアトロン3D」。その映像は“画質の鬼”こと麻倉怜士氏の目にどう映ったのか。詳しく語ってもらった。(2010/8/25)

本田雅一が徹底分析:
PR:3Dテレビの新たな可能性を示す「AQUOSクアトロン3D」の明るさ
“AQUOSクアトロン3D”の映像を一目見て、「おっ?」と軽い驚きを感じた。単に明るいだけではない。普通はトレードオフの関係にある「明るさ」と「クロストークの抑制」が見事に両立していたからだ。(2010/8/25)

BD/HDD内蔵モデルも:
シャープ、オールインワンの録画対応“LED AQUOS”を発表
シャープは、液晶テレビ“AQUOS”の新製品として、ハイビジョン録画に対応した2シリーズ計8機種を発表した。上位モデルは、Blu-ray Discドライブと500GバイトのHDDを搭載したオールインワンタイプだ。(2010/8/24)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」Vol.50:
AQUOS最強の“クアトロン3D”で観るリッチな「泥棒成金」
シャープの3D液晶テレビ“AQUOSクアトロン3D”「LC-60LV3」を細かくチェックすることができた。ここでは3D表示だけではなく、2D再生時にも興味深い提案が盛り込まれた本機の概要を分かりやすくお伝えしよう。(2010/8/18)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
3D時代を「4」で拓く液晶パネルの新技術「クアトロン」
すべての色は赤・緑・青の3色で構成される、そのカラーテレビにおける常識を打ち破る新技術が製品化された。今回は、シャープ「AQUOSクアトロン」で採用された4原色による色の表現方法など新技術について解説する。(2010/7/8)

野村ケンジが徹底チェック:
PR:4原色だから感じるもの、AQUOSクアトロン「LX3」
2010年の夏、3Dと並んでエポックメイキングな技術が登場した。液晶テレビ「AQUOS」10年間の集大成ともいえる4原色表示技術「クアトロン」だ。従来の液晶テレビとは一線を画す画質を検証する。(2010/7/7)

本田雅一が徹底分析:
PR:なぜ4原色なのか? シャープ「AQUOS クアトロン」を読み解く
シャープの4原色ディスプレイ技術「Quattron」(クアトロン)が、いよいよ日本市場にも投入される。3Dテレビとしての素養に注目が集まっているが、一方で2D映像の表示にも大きなメリットがありそうだ。(2010/6/14)

写真で解説する「AQUOS クアトロン」
シャープの「AQUOS クアトロン」は、初の4原色技術を採用した新基軸の液晶テレビ。7月には店頭に並ぶ3シリーズを写真中心で解説してみよう。(2010/6/1)

“4原色”テレビ「AQUOSクアトロン」発売 3Dも
“4原色”表示技術で高画質化したシャープ「AQUOSクアトロン」は7月に発売。黄色や金色、エメラルドグリーンなどが鮮やかに再現できるという。3D表示モデルも発売する。(2010/6/1)

3Dテレビに“4原色革命”、シャープ「AQUOS クアトロン3D」登場
シャープは5月31日、3Dテレビ「AQUOS クアトロン3D」など夏の新製品を一挙に発表した。4原色パネル技術「クアトロン」を全面的に採用し、3D映像も“断然、明るい!”とアピールする。(2010/5/31)

ネットワーク機能も充実:
PR:まさに“クラスを超えた”スタンダード機、UV2A技術採用の“AQUOS”AE7
シャープの“AQUOS”AE7ラインは、従来のスタンダード機とちょっと違う。UV2A技術を採用した最新の液晶パネルを搭載し、映像の品質を大幅に高めながら、ネットワーク機能も充実させている。「クラスを超えた」という言葉がぴったりの液晶テレビに仕上がった。(2010/5/26)

本田雅一のTV Style:
飛び抜けた実力を示すシャープの4原色3Dテレビ技術
5月中に3Dテレビを発表するというシャープ。その試作機は、ほかの3Dテレビを知っている人なら確実に驚くであろう、明るさと鮮やかな色を持っていた。(2010/5/24)

その名も「クアトロン」──シャープ、“4原色”テレビを世界展開
シャープが“4原色”表示液晶ディスプレイに付けた名前は「クアトロン」──「見れば一瞬で違いが分かる」というクアトロン搭載AQUOSを、夏ごろには国内でも発売する計画だ。(2010/5/18)

“クアトロン”搭載AQUOSはパッと見で違いが分かる、シャープ戦略発表
シャープは2010年度の経営戦略説明会を開催し、新型ディスプレイ技術“クアトロン”搭載AQUOSで国内の液晶テレビ出荷台数を1.4倍に拡大する計画を発表した。(2010/5/17)

録画機能も強化:
新世代パネルがBlu-ray搭載“AQUOS”にもたらしたもの
シャープが発表した“LED AQUOS”の新製品「DX3シリーズ」は、Blu-ray Discドライブを搭載した“録画テレビ”。新しい液晶パネルとバックライトを得て、一体何が変わったのか。担当者に詳しい話を聞いた。(2010/4/28)

Blu-ray内蔵の“LED AQUOS”、DX3シリーズ登場
シャープは、Blu-ray Discレコーダー内蔵の液晶テレビ“LED AQUOS”DXシリーズを5月20日から順次発売する。BD/DVDソフトの再生や録画が可能なオールインワンモデル。(2010/4/20)

液晶パネルの生産能力を倍に、シャープが「グリーンフロント堺」竣工式
シャープは4月16日、大阪府堺市の「グリーンフロント堺」で竣工披露式を催した。その席上、シャープの町田会長は7月に液晶パネルの生産量を現在の倍に引き上げることを明らかにした。(2010/4/16)

シャープ、堺工場のパネル生産能力を倍増 月産7万2000枚体制に
シャープは、堺市の液晶パネル工場の生産能力を、7月をめどに現在の2倍・月産7万2000枚に引き上げる。。「活発な引き合いに対応するため」という。(2010/4/16)

ネット対応:
シャープ、UV2Aパネル搭載のスタンダード“AQUOS”「AE7シリーズ」
シャープは、液晶テレビ“AQUOS”の新製品「AE7シリーズ」を4月末に発売する。スタンダードモデルながら、UV2Aパネルを搭載した。(2010/4/15)

夏商戦に登場:
4つの技術で“明るい”3Dテレビ、シャープが製品化へ
シャープは4月12日、大型テレビ向けの3D液晶ディスプレイ技術を発表した。独自技術を融合させることで、専用メガネをかけても明るく、色鮮やかな3Dテレビを実現したという。(2010/4/12)

3Dテレビで「かつてない明るさ」 シャープ、4原色「AQUOS」夏に発売
「かつてない明るさを実現した」――シャープは、世界初の「4原色」表示による3D液晶テレビを夏商戦に投入する。高輝度とクロストークの少ない鮮明な映像が売りだ。(2010/4/12)

野村ケンジのイチオシ:
PR:選ぶならバランスのいい液晶テレビ “LED AQUOS”Sシリーズの秘密に迫る
今、欲しいテレビといえば、画質や機能だけではなく、省エネや価格の面でバランスの取れた製品だと思う。省エネ性能はもちろん、映像のクオリティーや便利なネット機能にも妥協したくはない。そんな欲ばりな僕が注目しているのが、シャープの“LED AQUOS”Sシリーズである。(2010/3/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。