ニュース
» 2011年06月23日 18時29分 UPDATE

ライブドア「ロケタッチ」がプラットフォームに API公開

ライブドアの位置情報共有サービス「ロケタッチ」のAPIが公開された。同サービスをプラットフォームとしたアプリケーションの開発が可能になる。

[ITmedia]
photo

 ライブドアは6月23日、位置情報共有サービス「ロケタッチ」のAPIを公開した。同サービスをプラットフォームとしたアプリケーションの開発が可能になる。

 公開するAPIは、ユーザーデータ、スポットデータ、チェックイン(タッチ)データ等などの参照から、スポットへのタッチ、ノートの更新まで、「ロケタッチの持つ機能をほぼ網羅」しているという。

 ユーザー認証はOAuth2に準拠し、開発者・ユーザーは安心してアプリケーションを提供・利用できるとしている。認証を含むアプリケーションの公開にはデベロッパー登録が必要。

 今後、さらにAPIを公開していくほか、「ロケタッチ実験室」内で、APIを利用したアプリケーションを紹介していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -