ニュース
» 2011年06月29日 07時44分 UPDATE

Google、Chromeブラウザ安定版のアップデートを公開

Chrome 12.0.742.112では複数の深刻な脆弱性に対処するとともに、Flash Playerを更新した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Googleは6月28日、Webブラウザ「Chrome」安定版のアップデートを公開した。複数の深刻な脆弱性に対処したほか、Adobe SystemsのFlash Playerも更新している。

 Googleのブログによると、最新版のChrome 12.0.742.112では合計7件の脆弱性に対処した。内訳は、危険度「High」の脆弱性が6件、「Medium」の脆弱性が1件となっている。

 現時点で詳しい情報は公開されていないが、米セキュリティ機関のUS-CERTによれば、これら脆弱性を悪用された場合、攻撃者に任意のコードを実行される恐れがあるという。

 Chromeに組み込まれたFlash Playerは、最新版の10.3.181.34に更新された。Adobeの更新履歴によると、同バージョンではクロスドメインポリシーファイルを使った一部コンテンツの互換性問題を修正している。

関連キーワード

Google | 脆弱性 | Google Chrome


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -