ニュース
» 2011年07月05日 09時44分 UPDATE

原因は「Twitterとの契約切れ」──Googleリアルタイム検索の一時停止

Googleリアルタイム検索が一時停止したのはTwitterとの契約が切れたためだった。

[ITmedia]

 Googleリアルタイム検索が一時停止しているのは「Twitterとの契約が切れたため」──検索エンジン専門メディア「search engine land」は7月4日(現地時間)、Googleが同メディアに説明した内容として報じた

photo @googlerealtimeが同記事を参照するようツイートしている

 説明によると、Googleは2009年10月にTwitterからツイートの提供を受けて検索結果に反映する契約を結んだが、7月2日に切れたという。Googleリアルタイム検索の公式Twitterアカウントは、この記事を参照するようツイートしている。

 またTwitterも同メディアに対し、Googleとの契約が切れたことを明らかにした。同様の契約は、大手企業では米Microsoftと米Yahoo!、Yahoo!JAPANNTTドコモと結んでいる。

 Googleは、通常のクローラーがカバーできる範囲のツイートは今後も検索対象に含まれるし、ツイートの提供を受けなくてもソーシャル検索は継続するという。

 契約期間があらかじめ決まっていたものなのか、更新しなかったのはなぜなのか、あるいはどちらかが破棄したのか、詳細は不明だ。同メディアは、Facebookに続きTwitterもGoogleの検索対象から外れたことで、Googleのソーシャルサービス「Google+」の重要性が高まっただろうとみている。

 リアルタイム検索はYahoo!JAPANも公開しているが、検索可能なのが過去24時間に限られるのがネックという声は多い。同メディアは、ツイートのアーカイブとして使えるサイトとしてTopsyを挙げている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -