ニュース
» 2011年07月19日 07時45分 UPDATE

Microsoft、ボットネット運営者の発見に25万ドルの懸賞金

Microsoftは「Rustock」のボットネットをコントロールしている人物の発見、逮捕、訴追につながる情報の提供者に25万米ドルの懸賞金を提供する。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Microsoftは7月18日、迷惑メール送信などに使われていたマルウェア「Rustock」にかかわった人物を探し出すため、情報提供者に懸賞金を提供すると発表した。

 Rustockは感染したコンピュータを遠隔操作で制御し、大量の迷惑メールを送信するなどしていたボットネット型のマルウェア。Microsoftは3月に、業界や学術機関と協力して撲滅作戦を展開し、Rustockのインフラを壊滅させたと発表していた。

 この作戦の一環としてロシアの新聞2紙に、Rustock運営者に対する民事訴訟の通告を掲載。さらに、Rustockのボットネットをコントロールしている人物の発見、逮捕、訴追につながる情報の提供者に25万米ドルの懸賞金を提供する。Microsoftは既に、これまでの調査を通じて強力な証拠をつかんでいるといい、懸賞金はこの取り組みをさらに強化するためだとしている。

 同社の報告によれば、これまでの撲滅作戦により、Rustockに感染したコンピュータは半減した。しかし世界でまだ数万台が感染したままの状態で残っているといい、MicrosoftはRustock駆除のための情報やツールをユーザー向けに提供して対策を促している。

関連キーワード

Microsoft | ボットネット | 懸賞 | 逮捕


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -