ニュース
» 2011年07月21日 09時22分 UPDATE

Microsoft、Windows Phone 「Mango」アプリ登録を8月22日に開始

Microsoftが、次期モバイルOS向けのアプリの登録開始予定や日本向けのアプリストアの開店を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月20日(現地時間)、開発者に対し、次期Windows Phone(コードネーム:Mango)向けアプリの「Windows Phone Marketplace」への登録を8月にスタートすると公式ブログで発表した。同社のWindows Phone Program Management担当副社長のジョー・ベルフィオーレ氏はTwitterで、スタートは8月22日になるとツイートした。Mango対応アプリを登録するにはWindows PhoneのRC(リリース候補)でのチェックが必要。

 同社はまた、開発者ポータル「App Hub」に幾つかの新機能を追加した。同日から、新たに日本を含む19カ国のWindows Phone Marketplaceにアプリの登録ができるようになった。また、有料アプリの価格を5ドル以下に設定できるようになった。さらに、2011年末までに、日本を含む18カ国でMicrosoft Advertising pubCenterによるアプリ内広告が現地貨幣で利用できるようになる。

 次期Windows Phoneのバージョンは7.5で、9月に公開されるとみられている。Microsoftによると、アプリストアに登録されているアプリ数は、累計で2万3000本を超えたという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -