ニュース
» 2011年07月21日 16時09分 UPDATE

ウイルス保管容疑で男逮捕 改正刑法で初摘発

改正刑法で初の摘発。Shareユーザーに感染させる目的でウイルスを保管していた男がウイルス保管容疑で逮捕された。

[ITmedia]

 P2Pファイル共有ソフト「Share」ユーザーに感染させる目的でウイルスをPCに保管していたとして、警視庁は7月21日、不正指令電磁的記録保管容疑で岐阜県大垣市の無職の男(38)を現行犯逮捕したと発表した。

 ウイルス作成罪などを盛り込んだ改正刑法が14日に施行されて以来、初の摘発となる。

 警視庁によると、男は17日、他人のPCに感染させる目的で、ウイルスを自宅PCに保管していた疑いがある。ウイルスは男が作成したもので、児童ポルノを思わせるファイル名を付けてShareに流していたという。「Shareで児童ポルノを流しているユーザーをこらしめたかった」などと供述しているという。

 警視庁はShareによる著作権法違反の疑いで男の自宅を家宅捜索した際、ウイルスが見つかったため現行犯逮捕した。ウイルス自体の作成は改正刑法施行前だったため、ウイルス作成容疑は適用されなかった。

関連キーワード

ウイルス | 法改正 | Share


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -