ニュース
» 2011年09月13日 07時30分 UPDATE

Linux関連サイトへの攻撃相次ぐ、今度はLinuxFoundation.orgがダウン

「kernel.org」に続き、「LinuxFoundation.org」「Linux.com」のWebサイトが不正アクセスを受けてダウンした。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Linuxの普及促進を図る非営利組織Linux Foundationが運営する「LinuxFoundation.org」「Linux.com」のWebサイトが不正アクセスされ、日本語サイトも含めてメンテナンスのためダウンしている。

 両サイトに掲載された告知によると、不正アクセスは9月8日に発覚したという。Linux関連のWebサイトでは、8月に「kernel.org」に対する不正侵入も発覚しており、Linux Foundationでは今回の攻撃についてもこれと関連があると見ている。kernel.orgのWebサイトは現在もつながらない状態が続いている。

 今回の攻撃では、ユーザーが両サイトで使っていたパスワードとSSH鍵が流出した可能性があると考えられるという。別サイトでも同じパスワードを使い回していた場合は、直ちに変更することが望ましいとしている。

 Linux Foundationでは現在、全システムの診断を行っており、できるだけ早くサービスを復旧させたい意向。攻撃がどこから仕掛けられているのかは調査中だが、現時点では判明していないという。

関連キーワード

Linux | 不正アクセス | Linux Foundation


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -