ニュース
» 2011年09月15日 18時54分 UPDATE

Windows 8のブルースクリーンはフレンドリーらしい

さすが新OSというべきか、Windows 8のブルースクリーンはかなりフレンドリーなものになっているようだ(たぶん)。

[ITmedia]
photo

 開発者向けプレビュー版が配布された「Windows 8」。システムがクラッシュした際に表示される「ブルースクリーン」が新OSではかなりフレンドリーなものになっているらしい。

 geek.comによる「死のブルースクリーン」についての報告によると、Windows 8では「ブラックスクリーン」になるという噂があったものの、結局ブルーを選んだようだ。

 そして再起動を促すメッセージの上には「:(」の文字が。これは英語圏の顔文字で、時計回りに90度回転させれば顔に見えるはず。ブルースクリーンに対して申し訳ないというか、悲しいというか、「俺も泣きたいよ」というか、そんな表情のような気がする。

 開発者向けプレビュー版での画面であり、製品版で採用されるかどうはさすがに不明だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -