ニュース
» 2011年10月06日 14時19分 UPDATE

Facebookアプリに不正な広告、悪質なWebページに誘導

Facebookのアプリケーションに不正な広告を表示して、マルウェアを仕込んだWebページにユーザーを送り込む攻撃の手口が見つかったという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Trend Microは、Facebookのアプリケーションに不正な広告を表示して、マルウェアを仕込んだWebページにユーザーを送り込む攻撃の手口が見つかったとブログで伝えた。

 それによると、この手口では広告費でまかなわれている特定のFacebookアプリケーションにユーザーがアクセスすると不正な広告が読み込まれ、そこから悪質な広告サイトへとリダイレクトされる。最終的に不正なコードを仕込んだWebページに誘導されてしまう。このWebページでJavaやActive X関連の脆弱性を突いて、悪質なファイルをダウンロードさせる仕掛けだという。

 Trend Microが問題の広告サイトとFacebookとの関係を調べたところ、広告配信業者が特定のFacebook用アプリケーションのアフィリエートだったことが判明したとしている。

 このような悪質広告は、ユーザーに信頼されているWebサイトが利用されるという点で、深刻な脅威になっているとTrend Microは解説する。「Facebookに関していえば、アプリケーションのインストールには慎重になった方がいい」と助言している。

関連キーワード

Facebook | 悪質広告 | Facebookアプリ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -