ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「悪質広告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「悪質広告」に関する情報が集まったページです。

セキュリティニュースアラート:
2024年に流行る犯罪手法は何か? カスペルスキーがダークWebの市場動向から探る
カスペルスキーは2023年のダークWeb市場動向を分析し、2024年の予測を発表した。情報窃取型マルウェアやクリプトドレイナーサービスの需要増加が見込まれる。(2024/1/29)

モバイルデバイスを狙う「ScamClub」の手口
それはMcAfeeの「偽アラート」では? 背後には危ない“不正アフィリエイト”
「偽のMcAfeeのアラート」を悪用した不正広告攻撃が見つかった。報告したセキュリティベンダーは、「攻撃の背後にある悪質なアフィリエイトパートナーをMcAfeeは放置してきた」と指摘する。それは本当なのか。(2024/1/10)

この頃、セキュリティ界隈で:
2024年に流行るサイバー攻撃は? 注目はやはりAI それ以上に押さえておくべき基本とは
2023年は「ChatGPT」のような生成AIが急激に台頭し、サイバー攻撃を仕掛ける側も防ぐ側も、AIの活用に注目した年だった。2024年はどのような手口が増えると予想されるか。サイバーセキュリティ各社がその予測をまとめている。(2023/12/26)

半径300メートルのIT:
サポート詐欺を“疑似体験”してみよう IPAが作ったWebサイトの再現度が高すぎる
最近非常に手口が巧妙化している“サポート詐欺”。これを疑似体験できるWebサイトをIPAが公開しました。その手口を知ることでこうしたフィッシングに冷静に対処していきましょう。(2023/12/26)

知っておきたい「マルウェア12種類」【第1回】
ウイルスだけじゃない、混同しがちな「12種類のマルウェア」とは?
マルウェアには、実はさまざまな種類がある。企業がマルウェアによる被害を防ぐには、まずマルウェアの種類を全て知っておくことが欠かせない。「マルウェア12種類」とは。(2023/12/26)

Yahoo!広告、半年間で3914件の広告主を非承認や停止に 消費者だます「ダークパターン」増加
LINEヤフーは19日、Yahoo!広告の審査において、2023年度の上半期に約4400万件の広告と3914件の広告アカウント(広告主)を非承認あるいは停止したと公表した。(2023/12/20)

「黒タイツだと芋くさくなる人」に批判 アツギ、広告に「配慮に欠ける表現」と謝罪
「黒タイツだと芋くさくなる人」とするXの広告に「客をこきおろしてくる」「黒タイツ作ってる会社が言うのおかしい」など批判が寄せられました。(2023/11/17)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
ステマ法規制への対策、もうできていますか?
デジタルマーケティングやCXに関する気になるニュースを最近のリリースからピックアップして紹介する。今週は、10月に始まるステルスマーケティング法規制に対応する企業のステマ対策サービスなど4つのトピックスを紹介する。(2023/9/8)

本田雅一の時事想々:
「Facebookを責任追及します」と前澤友作氏が激怒……”権利侵害広告”が蔓延るワケ
ここ数カ月、Facebookでは著名人、特にネットで話題になりやすい人物の写真を用いた広告が頻繁に表示されていた。なぜ、権利侵害広告が蔓延っているのか。根っこには、あらゆるデジタル広告が抱える共通の問題がある。(2023/9/8)

NURO光、広告でイラストを無断使用 絵が有料素材サイトに転載→気付かず利用か
光インターネット回線「NURO光」のX広告が物議を醸している。広告には女性キャラクターのイラストが掲載されているが、これがイラストレーターの作品を無断使用したものではないかと指摘されている。(2023/9/4)

「Facebook社を責任追及します」──前澤友作さん、勝手に名前や写真使われた詐欺広告への対応遅れを批判
「Facebook社を責任追及します」──起業家の前澤友作さんは、自身の名前や写真を使った詐欺広告がFacebookやInstagramで大量に存在している件についてX(元Twitter)上で言及。Facebook Japanに説明を求めたところ、何も対応がなかったと批判している。(2023/9/4)

前澤友作さん、自身をかたる不正広告めぐりMetaに内容証明 「何度要請しても改善されない」
前澤さんは以前から、自身の写真と名前を無断で使用した不正広告について批判していました。(2023/8/22)

Google、「プロダクトポリシーセンター」開設 全サービスのポリシーを確認できるハブに
Googleは、ユーザーが製品のポリシーを確認し、報告や異議申し立てをするための情報をまとめた「プロダクトポリシーセンター」(英語ではTransparency Center)を開設した。(2023/8/18)

Togetter広告枠に“大量のG”が表示される 「悪質クリエイティブは見つけ次第ブロック」
トゥギャッターが、Togetterに「大量のG(ゴキブリ)が写った画像」が広告として表示されたため、該当の広告をブロックしたと報告した。(2023/7/19)

前澤友作さん「詐欺はやめて」 写真を無断使用した偽の投資広告を批判 “3万円が4週間で375万円に”
著名人や既存の商品の映像を無断使用した広告の被害が多発。(2023/7/17)

HIKAKINさん「騙されないように」「許せねぇ」 映像を無断使用した広告に怒り
(2023/7/17)

電ファミ、悪質リダイレクト広告に注意喚起 閲覧中に偽アンケート
ニュースサイト「電ファミニコゲーマー」を運営するマレが、同サイト閲覧中に悪質な広告が表示されることがあるとして注意喚起した。(2023/7/12)

ASCII閲覧中、偽サイトに飛ばされる問題 情報入力しないよう注意喚起
角川アスキー総合研究所・ASCII編集部は、同社メディア「ASCII.jp」で、閲覧中に外部の偽サイトに遷移してしまう現象が発生しているとして注意喚起した。(2023/7/11)

20億ドル以上の詐欺や不正な取引を防止:
Google、2022年に講じたGoogle Playのセキュリティ強化策を公表 公開を防止したアプリの総数は143万
Googleは、公式セキュリティブログで同社のセキュリティチームが2022年に行った悪質なアプリへの対応について紹介した。同社は数十億台のAndroid端末で毎日数十億のインストール済みアプリをスキャンし続けており、2022年にはセキュリティの強化によって143万の悪質なアプリを排除したという。(2023/5/13)

悪質なサポート詐欺の事例がTwitterで拡散 ブラウザを全画面化し「PCがスパイウェアにロックされた」と見せかける手口
Ctrl+Alt+Delから再起動するか、タスクマネージャーを起動してブラウザを停止しましょう。(2023/4/22)

電車内の高校生向け美容整形の広告が物議 「ルッキズムを助長」「大人が煽るのは間違ってる」
物議を醸しているのは、美容整形・美容外科「SBC湘南美容クリニック」が電車内に出稿した広告です。(2023/2/17)

NFT攻撃「8つの手口」と「8つの対策」【第2回】
NFT詐欺師が悪用するだましのテクニック「ラグプル」とは?
「NFT」(非代替性トークン)を狙った攻撃が活発になる中、NFT防御策の強化が急務になっている。NFT攻撃の手口とは、どのようなものなのか。幾つかの具体例を取り上げる。(2023/1/26)

米お騒がせセレブ、児童SM広告で炎上ブランドに“感謝”で飛び火炎上 「来期のショーへの招待を確保しつつのお気持ち表明」と批判
どういうこっちゃ。(2022/11/28)

自宅写真が勝手にSNS広告に使われていた……家主「驚きであ然」 ツイート拡散し住宅会社と素材販売会社が謝罪
(2022/10/18)

ダイエットや睡眠療法に全身麻酔薬が有効とする広告が物議 日本麻酔科学会「使用法は推奨しない」と見解示す
睡眠障害への効果は広く認められたものではないとのこと。(2022/9/29)

サービスに問われる対応能力
ソーシャルメディアの偽アカウントを巡る問題
各種ソーシャルメディアで正規アカウントを模倣した偽アカウントが問題になっている。さまざまな事情が解決を困難にし、被害者を苦悩させている。一体何が問題なのか。(2022/7/28)

切ったはずの髪が瞬時に元通り 呪いの人形の自主制作アニメが「延々とループしてしまう」と人気
一瞬で髪型が復元。(2022/7/5)

「冨樫義博展」開催決定!→ 直筆メッセージから冨樫先生の“腰”を心配する声が続出 「2年ほど椅子に座れない状態で――」
どうかご自愛ください……。(2022/7/4)

ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及
インボイス制度が、創作界に大きな議論を呼んでいます。(2022/7/4)

au、「音声通話・データ通信含め全国的にほぼ回復」 利用づらい場合は電源OFF・ONの試行を推奨
本格的な再開時間は別途案内するとのこと。(2022/7/4)

海自と農水省がカレー対決! 互いに自慢のカレーを食べ続ける動画がシュールながらおいしそう
海自の和牛れんこんカレーvs農水省のエゾシカカレー、ファイッ!(2022/7/4)

「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
けがの功名か……?(2022/7/4)

「#au復旧してない」がTwitterトレンド1位に auのサービス障害2日経っても復旧できず
KDDIは「音声通話が利用しづらい状況が継続」としています。(2022/7/4)

100の“やりたいこと”を書いたリストがすぐまねしたくなるかわいさ 「今からやります」「生活にハリが出そう」の声
リストを作る際の工夫や続けるコツについて、インタビューしました。(2022/7/4)

「絶対に購入しないようお願いします」 未発売のからくり看板、写真を無断転載した偽広告が出回る 作者が注意喚起
購入者から「粗悪品が届いた」という報告も。(2022/7/3)

ATTとこれからのモバイル広告:
「SKAdNetwork」はモバイル広告不正(アドフラウド)対策に役立っているのか?
プライバシー保護の強化に伴い、取得できるユーザーデータは限定的になりつつあります。こうした状況の中、デジタル広告市場における大きなイシューである広告不正(アドフラウド)はどうなっているのでしょうか。(2022/9/21)

動画配信ツール「OBS」の偽物に注意 検索上位に詐欺広告が表示される可能性
動画配信ツール「OBS Studio」を提供するOBS Projectが、検索サイトでOBS Studioを検索すると、上位に偽のページが表示される可能性があるとして注意喚起した。(2022/6/8)

メタバースが呼び込むセキュリティ問題【中編】
メタバースが「乗り物酔い」や「てんかん」を引き起こす?
メタバースは仮想的な3D空間だが、専門家によるとメタバースにおけるサイバー攻撃では現実世界に危険が及ぶことを懸念しなければいけないという。その理由と、具体的な脅威とは。(2022/3/23)

“ひとり開発”のAIで1日数千万件の広告審査を効率化 「AIは詳しくない」ヤフー社員が実現できたワケ
広告が増加し、これまでの手法では審査が追い付かなくなっていたヤフー。異動したての社員が1人でAIを構築し、チェックを自動化したところ、工数削減に成功したという。人材も知識も少ない中、1日数千万件にも及ぶ広告審査を効率化できた理由とは。(2022/1/13)

「漫画村」を“ほう助”した広告代理店「エムエムラボ」「グローバルネット」に1100万円の賠償判決、『魔法先生ネギま!』の赤松健さんが提訴
ついに広告代理店にもメスが。(2021/12/21)

Google、ブロックチェーン採用の悪質ボットネットGluptebaを妨害し、背後のロシア人を提訴
Googleは、悪質なボットネットGluptebaを破壊する措置を講じたと発表した。また、このボットネットを運営している2人のロシア人を提訴した。このボットネットはブロックチェーン技術で保護されているため、完全撲滅は難しいとしている。(2021/12/8)

今日のリサーチ:
2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まっているようです。(2021/11/26)

「自称魚嫌いの4割これ」―― “魚が嫌いな人”の心の声を描いたイラストに共感の声
「スイカが嫌い」と共通する部分もありそう。(2021/11/6)

「水カッパ」の怪:
日本を標的にしたマルバタイジングキャンペーンを確認 偽のWebサイトに注意
明確に日本を標的にしたマルバタイジングキャンペーンが発見された。今回のキャンペーンを仕掛けた「Water Kappa」と呼ばれる脅威アクターは、正規のWebサイトをコピーした偽のWebサイトを利用しており、一見すると気が付かない可能性がある。(2021/8/19)

開会式は「NHK+」のみ 偽サイトに注意 スマホやPCで東京五輪を見る方法
「東京2020オリンピック」はほとんどの競技が無観客で行われ、観戦する手段はテレビ放送かネット配信になった。ただしネットのライブ配信を利用する時には注意も必要だ。(2021/7/23)

「PCからウイルスを検出しました」 偽の警告で恐怖をあおる「サポート詐欺」の手口を描いた実録漫画
ブラウザに出てくる偽の警告にご用心。(2021/6/8)

届いた商品が写真と違う 人気の“猫型リュック”、商品写真を無断使用した詐欺通販が横行 作者が注意喚起
問題の広告は現在検索にかからなくなっていますが、販売ページはまだ残っています。(2021/6/3)

中国マーケティングの「壁」を乗り越える【第2回】:
KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間での口コミとKOL・KOCによる口コミの2種類がある。(2021/1/13)

気象庁サイトに掲載されたWeb広告が1日で停止 掲載基準に沿わない広告が掲載されたため
問題の広告が掲載された経緯は調査中。(2020/9/16)

ヤフー、「コンプレックスを露骨に表現した」広告禁止を改めて通知 「差別を助長する」
ヤフーは、Yahoo!JAPAN広告で出稿を禁止している、「コンプレックス部分を露骨に表現した」出稿が最近、複数みられたとして、広告主に対して、そういった広告入稿をやめるよう改めて通知した。「一部の身体的特徴をコンプレックスであるとして表現することは、差別意識を温存、助長するものであり、決して許さるべきものではない」としている。(2020/9/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。