ニュース
» 2011年10月12日 14時37分 UPDATE

PSNなどで大量のなりすまし行為、カード情報は流出せず

PlayStation Networkなどのアカウントを悪用して、第三者が不正にアクセスを試みていたことが分かった。

[ITmedia]

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは10月12日、同社などが提供する複数のオンラインサービスに対して、不正にサインインを試みる行動が多数あったと発表した。この行為に伴う同社データサーバへの不正侵入やクレジットカード情報の漏えいはないという。

 同社によると、不正なサインインがあったのはPlayStation Network(PSN)、Sony Entertainment Network(SEN)、Sony Online Entertainmentの各サービス。約9万3000の有効なアカウント(PSN/SEN約6万アカウント、SOE約3万3000アカウント)を第三者が悪用し、米国時間の7日から10日にかけ、正規ユーザーになりすまして不正にサービスの利用を試みていたことを確認した。

 同社ではこれらのアカウントの利用を一時的に停止。一時停止前に不正にサインインが実行された可能性のあるアカウントは、ごく一部だとしている。悪用されたアカウントを保有者には電子メールでパスワードの変更を要請。サービスの利用では定期的にパスワードを変更するよう呼び掛けている。

 また同社は、不正行為を試みた人物が他社のサービスで使用しているとみられるIDやパスワードを流用している可能性があるとの見方を示している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -