ニュース
» 2011年10月20日 07時23分 UPDATE

Mac狙いのマルウェアに新機能か、ウイルス対策アプリを妨害

「Flashback.C」というマルウェアの亜種は、Mac OS Xに組み込まれたウイルス対策アプリケーションの自動更新機能を無効にしてしまうという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 セキュリティ企業のF-Secureは10月19日のブログで、Macに感染するマルウェア「Flashback」の亜種について、Mac OS Xに組み込まれたウイルス対策アプリケーションの自動更新を無効する機能を持つことが分かったと伝えた。

 Mac OS Xには「XProtect」と呼ばれるウイルス対策アプリケーションが組み込まれ、定義ファイルを自動的に更新して、新手のマルウェア検出に対応する仕組みとなっている。

 しかしF-Secureによれば、「Flashback.C」というマルウェアの亜種はコードの中に埋め込まれたXProtect自動更新用の「XProtectUpdater」というファイルのパスを解読して、このファイルを上書きし、新たなアップデートを受け取れないようにしてしまうという。

 FlashbackはFlash Playerのインストーラに見せかけてMacに感染するマルウェア。感染するとリモートのホストに接続し、別のマルウェアを呼び込んでくる。これまでに複数の亜種が出現し、高度な機能が付け加えられている。

関連キーワード

Mac | マルウェア | ウイルス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -