ニュース
» 2011年10月27日 12時03分 UPDATE

Skype、アプリにビデオチャット機能を組み込める開発キットを公開

Microsoft傘下のSkypeが、デスクトップアプリにビデオチャットなどの機能を組み込める開発キットを10ドルで公開した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoft傘下のSkypeは10月26日(現地時間)、Skypeの機能をデスクトップアプリケーションに組み込める開発ツール「SkypeKit 4.02」の開発者プレビュー版を公開した。開発者プログラムに加入すれば、Skype DeveloperのサイトからSDKをダウンロードできる。10ドルのダウンロード料が掛かる。

 skype 1

 Skypeは6月に、家電メーカー向けにSkypeKitの提供を開始したが、アプリ開発者からのリクエストが多かったため、提供範囲を拡大したという。

 開発者は、「SkypKit for Desktop」または「Skype Desktop API」を利用して、Windows、Mac、LinuxのデスクトップアプリにSkypeのビデオチャットやインスタントメッセージングなどの機能を組み込める。

 Skypeはまた、8月に立ち上げたApp Directory」を本格的なアプリストアにシフトした。立ち上げ時はディレクトリ機能のみで、実際のアプリダウンロードは開発元のサイトからになっていたが、開発者向けのアプリ公開ページの提供を開始した。現在約30本のアプリが登録されている。開発者は、登録ページからアプリを登録できる。有料アプリの場合は、Skypeが売り上げの30%を徴収する。

 skype 2 アプリダウンロードページ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -