ニュース
» 2011年11月08日 13時12分 UPDATE

オリンパス、「不適切な処理」認める 過去の損失計上先送り

オリンパスが問題を指摘されていた企業買収について、資金は過去の損失計上先送りに使われていたことが判明したと発表。高山社長が「大変不適切な処理があった」と謝罪した。

[ITmedia]
photo 謝罪する高山社長=8日午後・都内

 オリンパスは11月8日、問題が指摘された企業買収資金が過去の損失計上を先送りするために使われていたことが判明したと発表した。会見した高山修一社長は「大変不適切な処理をしてきたことは事実」と謝罪した。

 同社によると、英医療機器メーカーGyrusと国内3社の企業買収資金は、複数のファンドを経由するなどの方法により、投資有価証券などの含み損を解消するために利用されてきたことが分かったという。損失計上の先送りは1990年代から行っていたという。

 高山社長によると、一連の処理について直近の経営陣では菊川剛前社長、森久志副社長、山田秀雄常勤監査役が関わっていたという。森副社長については同日付で解職を決議し、山田監査役は辞意を表明しているという。

 同社はこれまで、過去の企業買収をめぐる問題について「処理は適正に行われてきた」と繰り返してきた。高山社長によると「昨晩、森副社長から『実はこういう話がある』と聞かされた」といい、それまでは全く知らなかったという。処理について関わっていた3人などの処分については「第三者委員会の報告を待って方向性を出す」とした。また刑事告訴の可能性も「必要ならば考えたい」とした。

 東京証券取引所の上場廃止基準に抵触する恐れがあるが、高山社長は「上場廃止にならないよう全力で努める」と話した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -