ニュース
» 2011年12月21日 09時40分 UPDATE

Google、シャープ子会社の太陽光発電事業に9400万ドル出資

Googleが、クリーンエネルギープロジェクトの一環として、シャープの米子会社がカリフォルニア州に構築中の太陽光発電施設に9400万ドルを出資した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月20日(現地時間)、カリフォルニア州サクラメントに米Recurrent Energyが構築している太陽光発電施設に9400万ドルを出資したと発表した。Recurrent Energyはシャープの米国の子会社。

 Googleは6月に家庭用太陽光発電の普及に向けて2億8000万ドル出資しているが、グリッド向けの太陽光発電施設に出資するのはこれが初という。この施設が完成すれば88メガワットの電力(1万3000世帯分)の供給が可能になる見込みだ。

 recurrent Recurrent Energyのソーラーパネル

 同社は2007年からクリーンエネルギープロジェクトに取り組んでおり、さまざまなエネルギー事業に投資している。今回の出資で累計投資額は9億1500万ドルを超えたとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -