ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2012年01月10日 07時40分 UPDATE

Google、Chrome 16安定版のセキュリティアップデートを公開

最新バージョンの「Google Chrome 16.0.912.75」では計3件の脆弱性に対処した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Googleは、Webブラウザ「Chrome 16」安定版のアップデートを1月5日付でリリースした。最新バージョンは、Windows、Mac、Linux、Chrome FrameおよびChromebook向けとも「16.0.912.75」となる。

 同社のブログによると、今回のアップデートでは「アニメーションフレームの解放後使用」「libxmlのヒープバッファオーバーフロー」「グリフ処理におけるスタックバッファオーバーフロー」という計3件の脆弱性に対処した。危険度はいずれも同社の4段階評価で上から2番目の「High」となっているが、現時点で詳しい情報は公開されていない。

 脆弱性情報を提供した2人にはそれぞれ1000ドルの賞金が払われた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.