ニュース
» 2012年01月13日 16時28分 UPDATE

Twitterをかたるフィッシングサイトが出現

Twitterのログイン画面に似せた詐欺サイトが見つかり、フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けている。

[ITmedia]

 フィッシング対策協議会は1月13日、Twitterをかたるフィッシングサイトが発見されたとしてユーザーに注意を呼び掛けた。同日15時現在、フィッシングサイトは稼働中であり、協議会が閉鎖のための調査をJPCERT コーディネーションセンターに依頼している。

 見つかったフィッシングサイトは、Twitterの英語版ログインページに似せたデザイン。URL(http://ti*******.com/login/gewrfg/?timed_out=1)も正規のTwitterのURLに類似しているという。

 協議会によれば、類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるほか、Twitter上でフォロワーからのダイレクトメールなどでURLが送られてくる場合に、こうしたフィッシングサイトに誘導される可能性があり、「アクセスしてしまった場合はアカウント情報(IDやパスワード)などを絶対に入力したりしないように注意してほしい」としている。

fake_twitter.jpg フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けるTwitterをかたった詐欺サイト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -