ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2012年01月25日 17時08分 UPDATE

KDDIが中小企業へのスマートフォン導入を支援、利用料金の割引も

5種類のビジネスアプリを月額390円で利用できるパックや、月額利用料金を割り引くサービスを提供する。

[ITmedia]

 KDDIは1月25日、5種類のビジネスアプリケーションを月額390円で利用できる「ベーシックパック」と、スマートフォンの月額料金を割り引く「スマートバリュー for Business」を中小企業向けに4月1日から提供すると発表した。

 ベーシックパックは、同社がインターネットサービスとして提供するアプリケーションのうち、スマートフォン向けセキュリティ対策の「KDDI 3LM Security」、オンラインストレージの「KDDI ファイルストレージ」、グループウェアの「KDDI Knowledge Suite」、名刺管理の「KDDI 名刺バンク」、Webメールの「KDDI ビジネスメール」を、1ID当たり月額390円で利用できる。各アプリケーションの通常料金は月額315〜1万290円。

 スマートバリュー for Businessは、同社スマートフォンの月額料金を最大2年間にわたって1480円割り引き、2年間経過後は無期限で980円を割り引く。利用には、スマートフォンと同社指定の固定通信サービス、上述のベーシックパックを同一法人名義で契約することが条件。割引対象の台数は、固定通信1回線当たり最大50端末までで、この場合の割引総額は2年間で177万6000円になるという。

 利用受付は3月1日から開始する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.