ニュース
» 2012年02月15日 15時44分 UPDATE

Wolfram|Alpha、アウトプットをプレゼン資料に流用可能な有料版をリリース

Siriもエンジンを利用している「Wolfram|Alpha」のPro版が公開された。表計算をアップロードするとグラフを作成してくれたり、検索結果のデータをカスタマイズしてダウンロードできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Wolfram Alphaは2月8日(現地時間)、有料のナレッジエンジン「Wolfram|Alpha Pro」を公開した。月額4.99ドル(学生は2.99ドル)で利用できる。

 Wolfram|Alphaは理論物理学者のスティーブン・ウルフラム氏が2009年に立ち上げた検索技術。アルゴリズムや自然言語解析などを活用して、「円周率の300けた目は?」「ティンブクトゥはどこの国にあるか」といった事実に関する質問に回答するというもの。米MicrosoftのBingがライセンスを受けている他、米AppleのSiriの回答の多くもこのエンジンをベースにしている。

 有料版では、検索クエリとして、テキストだけでなく、画像や音声、ファイルを検索枠にドロップすることでも入力できる。例えばスプレッドシートをドロップすると、分析結果のアウトプットをグラフとして表示してくれる。ドロップできるファイル形式は60以上。

 wolfram 2

 また、ギリシャ文字や数式を入力できるソフトキーボードも用意されている。

 wolfram 3

 アウトプットをオンライン上でカスタマイズし、さまざまな(CSV、XLS、GIF、SVG、WAVなど、60以上)フォーマットでダウンロードして自分のプレゼンテーション資料などに流用できる。アウトプットは、同社が開発したインタラクティブなドキュメント形式CDF(Computable Document Format)」でもダウンロードできる。

 wolfram 1

 Wolfram|Alpha Proのページには、14日間利用できる無料のお試し版も用意されている。

 wolfram 4

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -