ニュース
» 2012年02月18日 08時36分 UPDATE

Microsoft、「Windows 8」のロゴを発表

Microsoftは次期OSでWindowsのロゴを大きく刷新する。これまでの「たなびく旗」のような立体的なデザインから、Metroスタイルのコンセプトを取り入れた、シンプルでより「窓」らしいものになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは2月17日(現地時間)、次期OS「Windows 8(コードネーム)」のロゴを発表した。歴代の旗のようなデザインではなく、“Metroスタイルのコンセプトを取り入れた”シンプルなものになった。

 windows 8 logo

 デザインは、日産や米United Airlines、米Citigroupなどのロゴデザインを手掛けた英Pentagramが担当した。

 MicrosoftはWindowsのロゴを、Windows 1.0の2色のシンプルなものから、PCの性能向上で高精細画像が表示できるようになるのに合わせて立体的なものに進化させてきた。その結果、最初は製品名のWindows(窓)を表していたロゴが、旗のようになってしまったという。

 windows logo history Windowsの歴代ロゴ

 Windows 8のロゴでは基本に立ち返り、窓に戻した。立体感や陰影を排除したのは、Metroスタイルの本質である「完全にデジタル」であることを表現するためだとしている。タイル状になっているところも、Metroのユーザーインタフェースを想起させる。また、ユーザーがデスクトップの背景色を変えると、それに合わせてロゴの色が変わるようにしたという。

 なお、Microsoftはまだ次期OSの正式名称をWindows 8にすると正式には発表していない。同OSのコンシューマープレビュー版は2月29日に公開される予定で、正式版は第3四半期(7〜9月)公開とみられている。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。