ニュース
» 2012年02月24日 16時54分 UPDATE

Dropbox、写真や動画の自動アップロードサービスを開始 まずはAndroidから

Dropboxが、Google+やiCloudの自動写真アップロード機能に似た「カメラアップロード」を発表した。まずはAndroidアプリが公開され、iOSアプリも間もなく登場する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 クラウドストレージサービスの米Dropboxは2月23日(現地時間)、スマートフォンで撮影した写真や動画を自動アップロードし、一元管理できる新機能「カメラアップロード」を発表した。まずは米GoogleのAndroid Marketに、同機能を搭載したアップデート版が登場。iOS版も間もなく公開するという。

 アップデート後に表示される設定でカメラアップロード機能を有効にしておくと、モバイル端末で撮影した写真や動画がWi-Fiまたはキャリアのネットワーク経由でバックグラウンドでDropboxのプライベートなフォルダにアップロードされる。

 dropbox1 端末内のすべての写真をアップロードするにはかなり時間がかかる

 Google+の自動アップロード機能と異なり、解像度や動画の長さの制限はない。最初のカメラアップロード用に、500Mバイトの容量が提供される。自動アップロードで利用できる無料ストレージの上限は3Gバイトまでだ。

 また、WindowsおよびMacのデスクトップアプリもアップデートされ、PCにカメラやスマートフォン、タブレット、SDカードなどを接続することで、そうした端末内の写真や動画を自動アップデートできるようになった。これで、古い携帯電話や複数のデジカメに分散している写真データを一元化できる。

 アップロードした画像はDropboxサイトの新しいユーザーインタフェースで共有したり、削除したりできる。

 dropbox2 写真の一覧にはサムネイルが付き(左)、閲覧画面の下をタップすると「お気に入り」「共有」「エクスポート」「削除」ボタンが表示される

 [メニュー]→[設定]の[カメラアップロードをオフ]を選択すれば、自動アップロードはされなくなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -