ニュース
» 2012年04月05日 20時16分 UPDATE

「G3 FAX」国際標準化がIEEEマイルストーンに NTTとKDDI

旧電電公社とKDDが開発したFAX規格「G3 FAX」の国際標準化がIEEEマイルストーンに認定された。

[ITmedia]

 NTT(持ち株会社)とKDDIは4月5日、両社が共同で開発したFAXの規格「G3ファクシミリ」の国際標準化が、電気電子分野の歴史的業績をたたえる「IEEE マイルストーン」に認定されたと発表した。

 米国電気電子技術者学会(IEEE)が選定しており、国内では「電卓の先駆的開発」(シャープ)や「VHSの開発、家庭用ビデオの世界標準」(日本ビクター)などに続き17件目。

 同規格が国際標準化されたのは1980年。当時の日本電信電話公社とKDDがそれぞれ開発した符号化方式を融合した「READ方式」を日本統一規格として国際標準化機関CCITT(現ITU-T)に提案し、これを修正した「Modified READ方式」がG3ファクシミリ規格として国際標準に採用された。同規格は現在もFAXで一般的に利用されている。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。