ニュース
» 2012年05月10日 07時15分 UPDATE

ホテルのネット接続でマルウェアに感染、FBIが注意喚起

ホテルの部屋でインターネット接続を確立しようとすると、ソフトウェアの更新を促す画面が表示され、インストールを許可するとマルウェアに感染してしまうという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 ホテルのインターネット接続を使って利用客のPCにマルウェアを感染させようとする手口が報告されたとして、米連邦捜査局(FBI)の犯罪苦情センター(IC3)が海外旅行客に注意を呼び掛けている。

 IC3によると、この手口では利用客がホテルの部屋でインターネット接続を確立しようとすると、ソフトウェアの更新を促す画面がポップアップ表示される。画面に従ってアップデートのインストールを許可すると、マルウェアに感染する。問題のポップアップ画面は、広く普及している正規のソフトウェア製品の定例アップデートを装っているという。

 FBIでは、海外旅行客がホテルのインターネット接続を使ってソフトウェア製品をアップデートする場合は細心の注意を払ってほしいと助言。ソフトウェアのアップデートはできるだけ旅行や出張の直前に済ませ、旅行先でアップデートが必要になった場合はメーカーのWebサイトから直接ダウンロードするといった対策を呼び掛けている。

関連キーワード

ホテル | ネット接続 | 旅行 | 感染


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -