ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2012年05月17日 18時48分 UPDATE

インターネットを安心して使うために知っておきたいこと、グーグルが解説サイトをオープン

マルウェア感染やデータの漏えいなど、インターネット利用で注意したい点を解説したWebサイトをグーグルが公開した。

[ITmedia]

 グーグルは5月17日、インターネットセキュリティの解説サイト「知っておきたいこと」を公開した。インターネットを安全にするために知っておきたいポイントを4つのテーマで紹介。インターネット利用者にオンラインでやり取りされるデータについて理解を深めてもらうのが目的という。

 「オンラインの安全性」では強力なパスワードの設定方法や不正なソフトウェアを避ける方法など、「ウェブ上のデータ」ではCookieやIPアドレスが悪用される特徴、「Googleのデータ」では検索サービスなどで同社がどのようにデータを利用しているか、「データの管理」ではChromeブラウザのシークレットモードの利用やデータの安全な移動方法――などを、イラストを交えて解説する。

google517.jpg

 同社は「デジタルリテラシーがより重要となるなか、Googleは皆さんが安全にインターネット活用できる方法を知るために、お時間をさいてくださることを願っています」と公式ブログでコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.