ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「リテラシー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リテラシー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

モノづくり最前線レポート:
DXで成果が出ている企業は34.8%、取り組んでも成果が出てない企業は29.5%
MONOistはオンラインセミナー「できるところから始める製造業DX 2024 春」を開催し、132人の来場者にアンケートを回答いただいた。その一部を抜粋しリアルな課題感を紹介する。(2024/7/12)

環境整備、モデル整備など5つのフェーズ単位で例示:
IPAが「生成AI製品、サービスを開発する際の行動例」をDX推進人材向け資料に追加
IPAは、「デジタルスキル標準」のバージョン1.2を公開した。DXを推進する人材の役割および必要なスキルを定義した「DX推進スキル標準」に生成AIの特性や、生成AIを含む新技術への向き合い方、業務で生成AIを活用する例など“生成AIに関する補記”が追加された。(2024/7/12)

PR:標的型攻撃メール訓練が「やって終わり」になっていない? 実効性を上げるコツとは
電子メール経由で企業への侵入を狙う標的型攻撃は、「人」あるいは「運用」の脆弱(ぜいじゃく)性を突いてくる。従業員のITリテラシーやセキュリティ意識を高く維持する以外に防ぐ方法がないのが実情だ。そのために行う標的型攻撃メール訓練を「やって終わり」にせず、実効性のある取り組みにするポイントを紹介する。(2024/7/5)

ITmedia Security Week 2024 春 イベントレポート:
「USBメモリの全面禁止」って有効な対策なの? あどみんが指摘する問題の本質
最近よく聞くUSBメモリの持ち出しや紛失に伴う情報漏えいインシデント。再発防止策として「USBメモリの利用を全面禁止」が挙がりがちだがこの対策は正しいのか。クラウドネイティブのバーチャル情シスである須藤 あどみん氏が問題に切り込んだ。(2024/7/3)

MVNOに聞く:
“完全0円”の格安SIM「みんギガ」が生まれたワケ 若年層のギガ難民を救えるか
BAKERUが提供する「みんギガ」は、ユーザー対象をZ世代に絞って基本料0円を打ち出す通信サービス。企業からのアンケートに答えると、500MBのデータ容量が付与される。mineoと提携してサービスを提供する狙いを聞いた。(2024/7/2)

スマホ充電レンタル、便利なのに大半の人が知らないワケ 「ChargeSPOT」の認知度向上に必要なこと
モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」を手掛けるINFORICH。6月20日にメディア向けの勉強会を開催し、市場の概況などを説明した。そこで見えた課題とは……(2024/6/21)

製造DXの未来とデータ活用の可能性(前編):
生成AIが企業のデータ民主化を推し進める 課題解決の発想力が問われる時代に
いま生成AIをビジネスに活用しようとする動きが盛んです。あらゆる業務が生成AIに置き換え可能となる中、ビジネスパーソンはどのような能力を発揮していくべきでしょうか。ここには従来のDXに関わる取り組みから継続している課題があります。(2024/6/20)

「ギャルのお悩み相談」も パーソルが社内GPTの“プロンプト掲示板”を作ったら、何が起きたのか
言葉が思い出せないときには「あれ、あれ、あれだよあの単語」。誰かに悩みを聞いてほしいときには、ギャルが明るく解決してくれる「悩みへの認知行動療法的アドバイスbyギャル」。パーソルグループの社内GPTでシェアされている、生成AIへの指示文(プロンプト)だ。プロンプトをシェアし合うことで起きた「思わぬ効果」とは?(2024/6/18)

3Dプリンタ活用最前線:
PR:属人化を解消するデジタルものづくり 〜無駄をなくし、開発・製造を加速する方法とは〜
中国をはじめとする新興国や欧米の勢いが増し、日本の製造業の存在感が薄れている。その根本的な原因はどこにあるのか? 世界とのギャップを埋めるにはどうしたらよいか? 3D CADや3Dプリンタを活用したデジタルものづくりに30年以上関わり、多くの製造業を支援し続けるSOLIZEにその打開策を聞いた。(2024/6/12)

進まぬ日本企業のDX 米ITサポートCEOが明かす“構造的欠陥”とは
日本企業のITの課題を、リミニストリート米本社CEO兼会長のSeth Ravin(セス・ラヴィン)氏と、日本法人社長の脇阪順雄氏に聞いた。(2024/6/4)

ランサムウェア対策とバックアップの微妙な関係:
PR:識者が語り合うランサムウェア被害のリアルと“費用対効果を出せる”データの守り方
ランサムウェア攻撃対策としてバックアップを実施している企業がある。だが、バックアップを取っているだけで実は対策になっていない場合も多い。検知や復旧にも役立つソリューションを紹介する。(2024/6/6)

「日比谷音楽祭を企業の実験の場に」 音楽P・亀田誠治に聞くエンタメの未来
6月8〜9日に開催される日比谷音楽祭は、誰でも無料で観覧できるイベントだ。運営資金は企業協賛金、助成金、クラウドファンディングによって賄われている。同音楽祭の実行委員長の亀田誠治さんはなぜ、日比谷音楽祭に取り組むのか。話を聞いてみると音楽業界の課題が見えてきた。(2024/6/3)

「ポイント経済圏」定点観測:
王者楽天ポイントに迫れるか? 新生Vポイントの“勝算”
CCCマーケティングが運営するTポイントと、SMBCグループが運営するVポイントが統合し、新生Vポイントが誕生した。企業発行ポイントの市場規模は2.5兆円を超えているが、新生Vポイントの勝算はどこにあるのか。(2024/6/3)

「僕らが何を言われてもいい」仮面ライダー俳優、余命1カ月の少年の下に訪れる ディケイド俳優も「君の世界に通りすがりに行きます」
徳山秀典「僕らが何を言われてもいい。心無いことを言う人、疑う人を全て払拭したい!」。(2024/5/31)

サイバー攻撃、直近3年で企業の約3割が「経験あり」 被害内容で多いものは?
サイバーソリューションズが調査結果を発表した。(2024/5/28)

D&Aリーダーの役割を再定義:
データは「唯一の真実の源泉」ではなくなっている ガートナーがデータ/アナリティクスに関するトレンドを発表
ガートナージャパンは、2024年のデータ/アナリティクス(D&A)のトップトレンドを発表した。同社は企業のITリーダーに対して「このトレンドを自社のD&A戦略に反映させるように取り組むべきだ」と提言している。(2024/5/24)

STEAM教育ってどうなの? マイクラで金融教育?「EDIX 東京 2024」で見た最新事情
東京と大阪で毎年開催されるEDIX(教育総合展)では、年々STEAM教育に関連した展示が増加し、内容も充実してきている。2024年はどうだったのか、筆者が気になるブースの様子をお伝えする。(2024/5/22)

新NISAスタート直後に なぜ、三井住友カードはクレカ積み立てのポイント還元率を変えたのか
2024年3月、クレジットカードを使った投資信託積立の規制が緩和され、月額上限額がこれまでの5万円から10万円に増加した。投資促進策としては効果の大きい取り組みだが、これによって対応を迫られることになったのが、証券会社とクレジットカード会社だ。(2024/5/21)

AIへの移行と効果的な活用が課題:
「AI活用に失敗した組織に将来はない」Gartner 、2024年のデータ&アナリティクスのトップトレンドを発表
Gartnerは、企業のデータ&アナリティクス戦略に取り入れるべきトップトレンド4つを発表した。(2024/5/15)

日本最大の教育展示会「EDIX 東京」に大盛りランチパック!? GIGAスクール構想のその先を見てきた
5月8日から10日にかけて、東京ビッグサイトで開催されている日本最大級の教育向け展示会「EDIX 東京」。NEXT GIGA(GIGAスクール構想第2フェーズ)に向け、さまざまなソリューションが展示されていた。ここでは先生の業務効率化、児童生徒の学校生活の質を上げるであろうソリューションを紹介する。(2024/5/10)

2023年と比べて案件数も“案件を探すフリーランス”も増加:
「出社回帰の波」はITフリーランスにどんな影響を与えているか ギークスが「ITフリーランス案件倍率レポート」を発表
ギークスは、2024年1〜3月の案件倍率をまとめた「ITフリーランス案件倍率レポート」を発表した。2024年3月の案件倍率は対2023年度同月比で8.09倍、案件数は10ポイント増だった。(2024/5/10)

価値を「分かりやすい形で示すこと」が重要:
D&AやAIなどに取り組むリーダーには「経営層との密接なコミュニケーション」が不可欠 ガートナージャパン
ガートナージャパンは、年次調査「最高データ/アナリティクス責任者(CDAO)サーベイ」の結果を発表した。それによると、61%の組織が「破壊的なAI(人工知能)技術の影響を受けて、データ/アナリティクスのオペレーティングモデルの進化や再考を余儀なくされている」という。(2024/5/9)

生成AIでCM制作、費用4割削減 沖縄の地銀が挑んだDXの一歩とは?
「このCMはAIを用いて作成しています」。沖縄県に拠点を置く沖縄海邦銀行が、生成AIを活用して企業CMを制作した。金融機関としては初めてだという。その狙いとは――。(2024/5/8)

SaaSベンダーのマーケ必見
リード獲得をスキップして「いきなり商談」をする“SaaSマーケ”の賢い方法
SaaS利用がすっかり定着する一方で、ベンダーを取り巻く状況は徐々に厳しさを増している。脱「資料請求サイトでのリード獲得」を図り、販売を活性化させるための方法とは。(2024/5/14)

MVNOに聞く:
イオンモバイルが異例の“200GBプラン”を提供する狙い 金融連携サービスも強化で大手キャリアに対抗しうる存在に
イオンモバイルが、4月1日に一部料金プランの値下げと大容量プランの追加を行った。「さいてきプランMORIMORI」と名付けられた30GB、40GB、50GBの料金を下げるとのと同時に、60GB以上のデータ容量を選択肢として追加した格好だ。小容量を主戦場にしていたMVNOが、ここまで大きな容量の料金プランを用意するのは異例といっていい。(2024/5/7)

電帳法対策やBCP対策を効率化
「磁気テープ」と「ファイルサーバ」をやめてDX先進企業へ トヨタ子会社の挑戦
社内データをオンプレミスのファイルサーバや磁気テープに保存する“レガシーな企業”がDX先進企業へと変化を遂げた。一体何が起こったのか。担当者に話を聞いた。(2024/5/7)

スマホは“基本的人権” 楽天モバイルが「最強こどもプログラム」を提供する理由
楽天モバイルが5月2日、「最強こどもプログラム」を発表した。12歳以下のユーザーを対象に、毎月のデータ量が3GB以下なら440ポイントを、3GB超過月は110ポイントを満13歳になる前の月まで毎月還元する。なぜ同社は子ども向けの割引プログラムを提供するのか。(2024/5/2)

小寺信良のIT大作戦:
ChatGPT登場後に仕事急増も単価はダウン? 買いたたかれる「ビデオ編集」スキルの今後
ChatGPTをはじめとするAIの登場で、メディアではなくなる仕事・なくならない仕事といった特集が組まれた。だが昨今はこうした記事を見かけないのは、まだ具体的にAIの影響が観測できないからだろう。(2024/5/2)

「いじめではないか」と批判が寄せられた中央大学の部会が謝罪 ボールを次々と人に当てて大爆笑の投稿は「レクリエーション」
「これが面白いと思ってるのか?」と物議をかもしていた。(2024/5/21)

AI PC時代の製品選び 展示会「第33回 Japan IT Week 春」で目にしたもの AI活用やDX化を推進したい企業は要注目!
4月24日から26日の3日間、東京・江東区にある東京ビッグサイト東展示場で「第33回 Japan IT Week 春」が開催されている。DX化やIT活用に取り組みたい企業をサポートする製品やソリューションが一堂に会する展示会だ。(2024/4/25)

ITお嬢様の今日も分かりませんわ〜!:
「ぎえ〜! お使いのPCがウイルスに感染しましたの!」 多分それ詐欺やで ITお嬢様と学ぶサポート詐欺
お嬢様が話題のアレに引っかかったようです。(2024/4/22)

生成AI 動き始めた企業たち:
生成AI、明治の活用法 社内アイデアソンで生まれた案は?
大手菓子メーカーの明治は1月から社内生成AI「meiji AI Talk」の活用を始めた。活用アイデアの創出に向け、社内ではどのような取り組みをしているのか。(2024/4/18)

Microsoftが警鐘を鳴らす「生成AI攻撃」【後編】
「生成AIによるフェイク」で本当に危ないのは“あのメール”
生成AIを使うことで、さまざまな人の顔や声を再現し、攻撃に悪用することが可能になる。その中でも、Microsoftは“ある内容のメール”に警戒が必要だと指摘する。(2024/4/16)

生成AIで業務プロセスをどう改善する? 「Now Platform」の最新版「Washington, D.C.」は何が変わったのか
生成AIをどう業務で利用するかの試行錯誤が続く中で、ServiceNowは「ユーザーは生成AIを使っているという意識を持つことなく、いつの間にか使っているという状況が実現する」と言う。どういうことか、見ていこう。(2024/4/9)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
スタートアップへの“無担保融資”が最大7200万円に 巻き起こる「VC不要論」は妥当か
無担保、無保証で最大7200万円を調達できるようになる──。日本政策金融公庫が4月1日に発表した創業融資制度の拡張は、SNSでも大きな話題となり、「シード期のVCは不要ではないか」という意見も見られた。本当に不要になるのだろうか?(2024/4/5)

「上司が何も勉強せず、成果ばかりを求める例が散見される」:
2027年までに「PoC」という言葉は使われなくなる ガートナーが提言
ガートナージャパンは、新しいテクノロジーの採用方法やエンジニアの役割変化などについての展望を発表した。エンジニアに求められるスキルや役割が歴史的な転換の時を迎えており、今後は「企画の手配師的な人ではなく、好奇心指数が高く、テクノロジーを自ら経験したり、テクノロジーの勘所を押さえられたりする人が求められる」としている。(2024/4/5)

ITmedia Security Week 2024冬 イベントレポート:
日清食品はなぜ「生成AIを20日で導入」できたか? セキュリティ視点で考える
「DIGITIZE YOUR ARMS デジタルを武装せよ」を標語に掲げてデジタルトランスフォーメーションを推進する日清食品グループ。この裏にはIT活用を安全なものとするため、グループ全体で総力を挙げたセキュリティ対策があった。(2024/4/10)

転職せず「この会社にいて大丈夫」と思ってほしい──そんな企業が実はやっていること
IT人材の不足に対し、存の従業員のリスキリングで対応する企業が増えています。リスキリング施策に取り組んでいる企業は、どのような成果を実感しているのでしょうか。人材の再配置が可能になることのみならず、さまざまな成果があるようです。(2024/4/4)

カスタマイズ「マシマシ」になってない? 日本企業の“丸投げ体質”にガートナーが警告
「SIerなどに要望を伝えるだけのユーザー企業」「ユーザー企業の要望に従うだけのSIer」は多い。こうした丸投げ体質の企業に積み上がる負債とは。(2024/4/4)

今日のリサーチ:
2023年のSNS炎上総数は189件、炎上元の媒体1位は「X」――コムニコ「炎上レポート」
コムニコが「炎上レポート」2023年版を公開しました。(2024/3/28)

HIKAKINやかまいたちも絶賛、おしゃべりAI「Cotomo」 自然な会話はどう実現? 創業者に聞く
自然な会話が話題のおしゃべりAI「Cotomo」。開発の背景や目指すビジネスモデルを創業者に聞いた。(2024/3/29)

PR:NTTテクノクロスの生成AIを活用したビジネス戦略とは?
生成AIはいまやビジネスに携わるほぼ全ての人の関心事となった。他社に後れを取らないだけではなく自社の競争優位性を確立するための生成AI活用は、経営層やITリーダーの重要テーマだ。NTTテクノクロスはどのようにして競合優位性につながる生成AIを活用したビジネス戦略を考えているのだろうか。(2024/3/27)

生成AI 動き始めた企業たち:
ライオン、生成AIで社内データを継承 開発の狙いは?
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第17回は、ライオンを紹介する。同社は現在、生成AIと検索サービスを組み合わせた「知識伝承のAI化」ツールの自社開発に取り組んでいる。どのような生成AIの活用戦略を描いているのか。(2024/3/25)

サイバーセキュリティの優先度が低い日本の経営層 「クラウド移行」の課題は?
なぜ企業が今、サイバーセキュリティ対策をする必要があるのか。サイバーセキュリティクラウドの小池敏弘社長兼CEOに、安全なサイバー空間をいかにして創出していくかを聞いた。(2024/3/22)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
それでも円安は続くのか 日銀「17年ぶり利上げ」の影響は
2024年3月19日、日本銀行は長期にわたる異例の金融緩和策に大幅な修正を加える“利上げ”に踏み切った。日銀の植田総裁は、2%の物価安定目標が持続的かつ安定的に実現していく見通しや、着実な賃上げ基調を材料に黒田前日銀総裁の導入したマイナス金利政策から脱却したのである。(2024/3/22)

「顧客の声」から何を学べるか 企業活動を変えるVOC活用の全て
コンタクトセンターに寄せられた「顧客の声」(VOC:Voice of Customer)をデータ化、分析し、マーティング活動に利用しようとする企業が増えている。今回は、非対面での顧客接点の中心となるコンタクトセンターでどのようにVOCを収集・分析し、活用すべきかを、事例を交えて解説する。(2024/3/22)

生成AI 動き始めた企業たち:
生成AIが経営分析をサポート 名古屋鉄道の利用法は? 1000時間超の業務削減も
名古屋鉄道は法人向けChatGPTサービスを導入。これまでにグループ400人が利用。業務削減効果は1000時間超を達成した。先端技術を活用し、従来の業務をどのように変革しているのか。(2024/3/18)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
裏ワザ的「初任給40万円」が、会社を弱体化させかねないワケ
アパレルブランドを運営するTOKYO BASEは、3月12日に初任給を一律で40万円に引き上げることを発表した。しかし、80時間文の固定残業だが含まれる額だという。就労条件に対するリテラシーが乏しい新卒者に向けて額面のみを強調する同社の姿勢には、危うさを覚えざるを得ない。(2024/3/15)

製造マネジメント インタビュー:
若手社員が語る工場DXの道のり、アロンアルファの東亞合成はどのように歩んだのか
アロンアルファで知られる東亞合成は、2017年に立ち上げたIoTプロジェクトを契機に工場DXに向けた取り組みを進めてきた。待望の工場経験者として同プロジェクトに迎えられた若手社員である同社の伊藤彰啓氏に、紆余曲折を経て歩んできたその道のりについて聞いた。(2024/3/8)

Marketing Dive:
Apple Vision Proをいち早くマーケティングに活用したコスメブランド「E.l.f.」がやったこと
化粧品ブランドのE.l.f. Cosmeticsが、複合現実型ヘッドセット「Apple Vision Pro」のマーケティング活用に参入した。ガイド付き瞑想やインタラクティブな「ペイントバイナンバー」ゲームなどのリラックスできるアクティビティーでユーザーの癒しを促す。(2024/3/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。