ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リテラシー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リテラシー」に関する情報が集まったページです。

セキュリティにもコロンブスの卵? 無菌室を保つには:
PR:従業員にもIT担当者にも責任を押し付けない、ホワイトリスト式の対策を実現
サイバー攻撃に備え、多層防御や標的型攻撃メール訓練などの対策を講じてきた企業は多いが、それらは本当に効果を上げているだろうか。IT担当者と従業員に責任を押し付けているのではないか。そんな問題意識を基に、デジタルアーツが新しいセキュリティ対策を提案している。Webフィルタリングとメールフィルタリングの新機軸を紹介する。(2019/5/21)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
QRかICカードか? 交通系チケットシステムを巡る世界の最新事情
廉価版「Suica」のシステムを外販し、海外展開や交通系ICカードシステムの日本全国への普及を目指す計画の可能性が報じられている。一方、地域交通でQRコードを使う取り組みも進みつつある。世界の交通系システム事情も交え、交通系チケットシステムの現状を解説する。(2019/5/24)

LINE Payの“300億円祭” 受け取りを拒否する人も 「詐欺かと思った」「本人確認が面倒」
LINE Payの“300億円祭”に対して、1000円を送った側、送られた側がそれぞれに反応を示している。(2019/5/20)

利用率は高いが利用頻度はまちまち:
市場に登場して20年以上、BIツールは浸透したのか? ガートナーが調査
ガートナー ジャパンの調査によると、自社でBIツールを利用している割合は74%。ただし、積極的に利用している割合はそのうちの35%にすぎず、利用頻度もまちまちだった。(2019/5/16)

ITりてらしぃのすゝめ:
改元でシステム不具合よりも深刻だった“人間の脆弱性”
改元に伴い、心配されていたITシステム関連のトラブルはどうだったのか。何が起こったのかをあらためて振り返ってみる。(2019/5/15)

『ビジネス2.0』の視点:
AI人材育成は小学校から始まるかも――政府が取り組む「AI人材戦略」の勘所とは
政府の「AI人材戦略」では、2025年には、トップクラスは年間100人、エキスパートは年間2000人、応用力人材は年間25万人を育成する目標を掲げています。(2019/5/15)

国際CIO学会公開講演会:
世界トップレベルのAI社会原則を策定した日本――課題は低いテクノロジーの活用レベル
今後の日本の成長戦略には、AIやブロックチェーンなどの最先端テクノロジーの活用が不可欠。さらに、米国、中国との関係をいかに構築するかが重要になる。(2019/5/13)

教えて! キラキラお兄さん:
ITで日本のアパレルの問題を解決できますか?
全国に散在する規模や得意分野が異なる縫製工場に、電話やファクスで問い合わせて製造を依頼する。そんなアパレル業界の「常識」を変革するディスラプターは、元大学の研究者だった。(2019/5/13)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
フル・フロンタルが夢見た「サイド共栄圏」の実現可能性
赤い彗星・シャアの再来と呼ばれるフル・フロンタル。月やコロニーでブロック経済を形成する「サイド共栄圏」を目指した。意外なその実現可能性と、末路は?(2019/4/25)

ITりてらしぃのすゝめ:
Alexaがやってることは“盗聴”なのか? スマスピを使うリスクとメリット
AIアシスタントの「Alexa」で取得した音声記録の一部をAmazonの従業員が聞いていたという報道が話題に。スマートスピーカーは“盗聴器”なのか?(2019/4/23)

英国では1億超の非課税枠 つみたてNISAの恒久化目指す 金融庁遠藤長官
金融庁主催の投資家向けイベント「つみたてNISAフェスティバル 2019」に登壇した金融庁の遠藤俊英長官が「つみたてNISA」の拡大に意欲。また運用型保険商品の透明性や、決済など機能別規制のあり方について話した。(2019/4/22)

キーワードは「可視化」と「インテリジェント化」:
PR:新たな脅威に動的に対応し、利便性とセキュリティを両立させる“次々世代”ファイアウォール/IPSの実力
一般企業でも大学でも、クラウド利用が進むことで、ネットワークセキュリティについての考え方を変えざるを得ない状況が生まれている。もはや「利便性とセキュリティは両立しない」と言っていられる時代ではなくなってきた。そうした中、同志社大学の見いだした“現実解”とは?(2019/4/24)

ドコモの新料金プラン「ギガホ/ギガライト」、その強みと弱みを解説
NTTドコモが、新しい料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を6月1日から提供開始すると発表。前者は月間30GBまでデータ通信を利用でき、超過後も比較的早い速度で通信できる。後者はデータ利用量に応じて月額料金が変わる。会見での吉澤和弘社長の発言をもとに、その強みと弱みを解説する。(2019/4/16)

ITりてらしぃのすゝめ:
「エイプリルフール」がいろんな意味で笑えない理由
毎年やってくるエイプリルフール。個人で楽しむ分にはいいと思うのですが、SNSの普及で段々と“笑えない”ことになってきている印象も。(2019/4/10)

“負の伝統”と決別、Windows 10運用を便利に:
PR:IT資産の導入・管理からの解放――悩めるIT部門の救世主「Simplitクラウドサービス」とは
「PCなどの資産は所有するものではなく、サービスとして利用すること」を意味する「DaaS(Device as a Service)」という概念が注目を集めている。横河レンタ・リースもこの概念に賛同し、IT資産の導入・運用をパッケージ化した「Simplitクラウドサービス」を提供している。「Windows 10」の大型アップデートにも柔軟に対応できるという、同サービスの実力とは――。(2019/4/9)

0.5歩先の未来を作る医療IT
在宅医療・介護の多職種連携支援システム、明らかに便利なのに使われない理由
在宅医療・介護はさまざまな職種がチームを組んでサービスを提供します。しかし多職種間コミュニケーションのための情報共有システムは、あまり普及していません。その原因は、コストとスキルの問題に大別できます。(2019/4/4)

次の一手はLINEとの提携:
利用者の30%以上がキャッシュレス スタバの決済事情
スタバ利用客の30%以上がキャッシュレスで買い物をしているという。さらにキャッシュレス決済の利用を伸ばすための戦略は?(2019/4/8)

LINE Payも原則全店対応へ:
スタバとLINEの包括提携スタート LINEアプリから「スターバックスカード」発行可能に
2018年12月に発表されたスターバックスとLINEの包括的業務提携。その具体的な取り組みが発表された。LINEアプリから「スターバックスカード」を発行できるようになった他、スターバックスが公式LINEアカウントを設置。2020年夏をめどに原則としてスターバックス全店舗で「LINE Pay」にも対応する。(2019/4/8)

「スタバカード」デジタル化、公式アカウントでPR――スタバとLINEが明かした提携の全容
スターバックス コーヒー ジャパンとLINEが、2018年末に発表した包括的業務提携の詳細を公表。「LINE」上から発行可能なデジタル版プリペイドカード「LINE スターバックス カード」を新設し、同日から発行・使用に対応する。スタバの「LINE 公式アカウント」も開設し、新商品情報などを配信する。(2019/4/8)

企業が取るべき対策を整理
2019〜2020年主要行事の“便乗サイバー攻撃”に有効な対策とは
日本では大きなイベントが2019〜2020年に相次ぎ、これに乗じたサイバー犯罪やリスク増加が懸念される。対処すべきリスクと対策について紹介する。(2019/4/9)

とある“暴言レビュー”に対するアプリ開発者の回答が話題に 「ぐうの音も出ないほどのド正論」と称賛集まる
やめよう、罵倒レビュー。(2019/4/5)

スマホの利用時間長くても勉強時間は短くならない LINEと神奈川県が青少年のネット利用実態を調査
スマホの利用時間が長くとも、勉強時間や睡眠時間が短くなることはなかったとのデータも。(2019/4/1)

調査で判明:
金融詐欺、狙われる高齢者は「金融知識に自信がある」人
自分の金融知識に対して自信のある高齢者ほど金融詐欺に遭いやすい――。フィデリティ投信がまとめた意識調査で、こんな高齢者の姿が浮き彫りになった。「人生100年時代」の到来で資産運用の重要性が高まる一方で、高齢者を狙った投資詐欺や振り込め詐欺などの被害が頻発している。金融教育や高齢者向けサービスの重要性が改めて問われている。(2019/4/1)

ITりてらしぃのすゝめ:
現金にはない「キャッシュレス決済」のリスク
政府も推進する「キャッシュレス決済」。現金を持ち歩かなくて済むのは便利ですが、その一方でキャッシュレス決済にはリスクも潜んでいます。(2019/4/1)

新システムの社内普及に「チェンジマネジメント」を導入
J・フロントリテイリングが「G Suite」を1万人規模で利用 社内普及の方法とは
J・フロントリテイリングは、全国の拠点で働く1万2000人のグループ従業員に向けて「G Suite」を導入した。新しいシステムを早期に定着させるために、同社が導入したのが「チェンジマネジメント」と呼ばれる手法だ。(2019/3/29)

世界を「数字」で回してみよう(57) 働き方改革(16):
デジタル時代の敬老精神 〜シニア活用の心構えとは
今回は「シニアの活用」についてです。やたらとずっと働きたがるシニアに働いてもらうことは、労働力の点から見ればよい施策のはずです。ただし、そこにはどうしても乗り越えなくてはならない壁が存在します。シニアの「ITリテラシー」です。(2019/3/27)

Mostly Harmless:
拾ったUSBメモリをPCに挿す人は何割いる?
企業のセキュリティ対策が進んだ昨今、あえて、アナログな方法ともいえる「ソーシャルエンジニアリング」で人間の“脆弱性”を狙う手口が増えているとか。その危険性をおさらいしましょう。(2019/3/27)

課題はセキュリティだけではない:
2020年に向けて企業が開始すべきIT関連行動、ガートナージャパンが4つのポイントを発表
ガートナージャパンは、2020年までに予定されているイベントについて、ITやセキュリティに関して特に考慮すべきポイントを発表した。「サイバーセキュリティとプライバシー」「システム開発・運用」「デジタルワークプレース」「デジタルトランスフォーメーション」の4つを挙げ、注意点や推奨事項を説明した。(2019/3/26)

なぜCXが重要なのか:
生存戦略としての顧客体験、どこから着手する?  Gartnerのアナリストに聞く
多くの企業が顧客体験を向上させるための取り組みを始めているものの成功している企業はまだ多くない。うまくいくにはどうすればいいのか。エキスパートに聞いた。(2019/3/25)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ハマーン・カーンの栄光と凋落に見る組織運営の要諦
ネオ・ジオンの若き指導者、ハマーン・カーン。彼女は組織運営にいかに成功し、そして失墜したのか。人口動態やガバナンスの観点から探る。(2019/3/25)

モバイルフォーラム2019:
5Gに過度な期待は禁物/eSIMはMVNOにとってチャンス
テレコムサービス協会のMVNO委員会が3月8日に開催した「モバイルフォーラム2019」。「激動のモバイル業界 MVNOの発展に必要な競争環境とは?」と題したパネルディスカッションの前編では、分離プランや接続料の話を取り上げた。後編では、中古市場や5Gについての議論をお届けする。(2019/3/18)

CRMの限界を超える:
サブスクリプションが解 初代バチェラーが語る、顧客との継続的な関係を築くブランディングとモノ作り
初代バチェラーとして知られる久保裕丈氏は現在、家具のサブスクリプション型レンタルサービスを手掛ける。顧客と継続的な関係を築くためにブランディングはどうあるべきか、久保氏がさわやかに語った。(2019/3/18)

NTTドコモでのクラウドの使い方、教えます:
PR:ユーザー企業から学ぶ、厳格なセキュリティ基準をクリアしつつ、クラウド活用で組織を加速させる方法
クラウドの活用が進む中、ベストプラクティスをどう実践するか、ノウハウをどう共有し統制やコスト管理を図っていくかが新たな課題にありつつある。そこで参考にできるのがクラウドを先進的に利用してきたユーザー企業の経験やノウハウだ。研究段階を含めると2009年からAWSを活用してきたNTTドコモ。同社の経験とノウハウを自社に取り入れるには、どうしたらいいのだろうか。(2019/3/18)

超売り手市場:
先輩の「就活は楽勝だった」は、本当か
人手不足倒産など圧倒的売り手市場が続く新卒学生の就活。各大学や大都市では合説(合同企業説明会)が行われ、たくさんの学生であふれかえる……はずですが、実際何が起こっているのでしょうか。大学のキャリア支援の場から見てみたいと思います。(2019/3/17)

俺たちの情シスin大阪 第1回 レポート:
今だから話せる、関西情シスの裏話「上司からのトンデモ特命」「“脱“で有名なアレも使いよう?」――「大阪俺情」の夜が熱かった
関西では初の開催となった2019年2月「俺たちの情シス」では、ライトニングトークに7人が登壇。SIerからユーザー企業に転身して見えた実情や、ソフトウェアライセンス管理で苦労の末に編み出した技、自社にサイバー攻撃を仕掛けた経験など、さまざまな話が飛び交いました。(2019/3/15)

モバイルフォーラム2019:
「分離プラン」への期待と不安要素
MVNO委員会は、3月8日、「モバイルフォーラム2019 〜2030年を見据えた新たな競争ルールとMVNOの果たすべき役割〜」を開催。総務省の担当者や「モバイル研究会」の有識者、ジャーナリストが講演し、分離プラン導入についてそれぞれの意見を述べた。(2019/3/13)

ITりてらしぃのすゝめ:
「いたずらURL」補導にCoinhive事件、“警察や法律を頼れない時代”に私たちがすべきこと
サイバー犯罪が増える中、「これは犯罪なのか?」というグレーゾーンにまで警察が踏み込んできている。私たちにできることは何があるのだろうか。(2019/3/13)

「大学生活はスマホがあれば十分」は誤解? 大学が今「ノートPC必携化」を進める理由
なぜスマホだけではダメなのか。(2019/3/12)

企業・アルバイトたたきの欺瞞:
「バイトテロ」が繰り返される真の理由 大戸屋一斉休業で問う
3月12日に大戸屋が一斉休業するなど社会問題化する「バイトテロ」。そのメカニズムと真の対応策について専門家に聞いた。(2019/3/11)

ゲーム市場の変化が後押し:
“終わらないデータ集計”から社員を救え カプコンがBI導入で挑む脱Excel
「バイオハザード」「モンスターハンター」「ストリートファイター」などの人気ゲームをはじめ、最近ではeスポーツも手掛けるカプコン。かつては担当者が数日かけてExcelでデータを集計していたという同社では、業界のデジタル化をきっかけに、全世界の拠点で“脱Excel”を敢行しているという。(2019/3/11)

製造ITニュース:
AR、VRをビジネスで利用している人は……調査結果を発表
IDC Japanは「2018年 国内AR/VR市場 企業ユーザー調査」の結果を発表した。現在、ARとVRをビジネスで利用しているか、今後の利用意向があるかについて調べた。(2019/3/7)

「県警はどれだけネットに詳しくないのか!」 ブラクラURLで補導、Twitterでは7割超が補導に否定的
「ブラクラURLを貼っただけで補導」は妥当? それともやりすぎ?(2019/3/6)

ITりてらしぃのすゝめ:
その通信は安全ですか? 本当は怖い「SSLサーバ証明書」の話
「接続はプライベートではありません」――Webブラウザ上でこんなメッセージを見たことはありませんか? 今回は「SSLサーバ証明書エラー」の危険性について解説します。(2019/3/1)

IDCの2018年実態調査
日本で盛り上がらない「AR」「VR」のビジネス利用、その原因は
IDC Japanの調査結果によれば、2018年の日本におけるAR/VR技術のビジネス利用や採用意欲は、2017年と比べてあまり伸びていない。AR/VR技術への理解度の差が広まると専門家は懸念する。(2019/2/26)

世界を「数字」で回してみよう(56) 働き方改革(15):
外国人就労拡大で際立つ日本の「ブラック国家ぶり」
ここ最近、連日のように報じられている「外国人労働者の受け入れ拡大」。メディアで報じられている課題はともかく、この外国人就労拡大で際立っているのが、日本の「ブラック国家ぶり」です。このブラックぶりは、驚きを通り越して、むしろすがすがしいほどなのです。(2019/2/26)

特集:小学生の「プログラミング教育」その前に(10):
小学校2校と中学校1校しかない青森県鰺ヶ沢町でプログラミング教育を浸透させる――みんなのコードと経産省は地方の教育のICT化をどうサポートするのか
みんなのコードは日本国内でのテクノロジー教育への関心を高める啓蒙活動を実施し、その一環として「パートナー企業 CSR取り組み報告会」を開催した。本稿では青森県 鰺ヶ沢町教育委員会 ICT教育推進アドバイザー 相馬祐輔氏の取り組み、経産省による教育分野への取り組みを中心にお伝えする。(2019/2/28)

販売チャネル、キャンペーンも強化:
LINEモバイル、au回線を提供へ 3キャリア対応と“料金の分かりやすさ”で攻める
LINEモバイルが今夏までにau(KDDI)回線の提供を始めると発表。既にNTTドコモ回線とソフトバンク回線には対応済みで、大手キャリア3社を網羅する。複雑な条件を廃したキャンペーンなども提供し、ユーザー増を目指す。(2019/2/20)

「安心」「悪影響」小中学校へのスマホ持ち込みに賛否両論
これまで文部科学省の通知によって原則禁止とされてきた小中学校への携帯電話やスマートフォンの持ち込み。しかし、そのルールが変わろうとしている。文科省が持ち込みを認める検討を始めた。背景にあるのは緊急時の連絡手段確保を求める親の声だ。(2019/2/20)

視点:
異業種発・日本発の医療機器イノベーションの創り方
製薬企業のみならず、昨今幅広い異業種にとって「ヘルスケア」「ライフサイエンス」「メドテック」は、多くの日系企業の成長戦略の要の一つとなっている。(2019/2/20)

格安SIM業界初:
ユーザーからの“愛”でサブブランド対抗 mineo「アンバサダー制度」は吉か凶か
MVNO「mineo」を運営するケイ・オプティコムが2019年の事業戦略を発表。事業方針や契約数といった情報をコアユーザーに共有し、新サービスなどを一緒に考える「アンバサダー制度」を3月から開始するという。業界初の取り組みは、どのような成果をもたらすのだろうか。(2019/2/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。