ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「リテラシー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リテラシー」に関する情報が集まったページです。

20年の引きこもりで「情報ばかりだと『人間は愚かだ』」から抜け出せなくなった 長年の体験からの言葉に共感の声集まる
外の世界とつながってわかることもある。(2022/5/21)

PR:「24時間、戦え――ません」! 変わる日本の労働観と今必要な「新しい就業管理」体制を勤怠管理のプロに聞く
働き方が大きく変わる中で、企業もまた、かつて常態化していたハードワークを見直すべき段階にきている。リモートワークとオフィスワークが混在するハイブリッドワークが推奨される今、顔が見えない従業員の勤怠管理をどう「健全に」保てばいいのか? 勤怠管理システム開発を続けて35年、クロノスに聞いた。(2022/5/20)

セミナー:
PR:製造現場の振動・時系列データ活用の極意【AIセミナー/実践編】〜事例から学ぶ高精度な予兆保全〜
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2022/5/19)

“不動産テック”を阻む諸課題とその対応策(前編):
【特別寄稿:前編】アドビ独自の業界別調査から見えてきた“不動産テック”の実態
本連載では、アドビが独自に実施した調査データを踏まえ、不動産業界での業務のデジタル化に立ちはだかる現状の課題を整理し、宅建法改正を受けて業務がどのように変わっていくのかを、アドビ デジタルメディア ビジネスマーケティング執行役員が前後編に分けて解説します。(2022/5/16)

金融DX:
なぜスタートアップが一国の「デジタル通貨」を構築できたのか? ソラミツ 宮沢氏に聞くBakong開発の経緯
中国の「デジタル人民元」をはじめ、中央銀行が発行するデジタル通貨に注目が集まっている。カンボジアはデジタル通貨「Bakong」(バコン)を2020年から正式運用しているが、実は技術を提供しているのは日本のスタートアップ企業であるソラミツだ。ソラミツはどんな経緯から参画することになったのか。開発ストーリーに迫る。(2022/5/13)

身近なネタから法律相談:
ドラマ『正直不動産』、上司の叱責やライバル企業の嫌がらせは違法じゃないの? 弁護士に聞いてみた
NHKで放送中の『正直不動産』は、“ウソだらけ”で“売り上げ第一主義”な不動産業界の裏側をコミカルに描くドラマだ。作中には数々の“売り上げ第一主義”な言動が登場するが、どこまで現実に許されるのだろうか? 上司の叱責やライバル企業の嫌がらせなど、気になる言動について弁護士に質問してみた。(2022/5/10)

金融庁の高校生向け教材「バズった」 SNSで反響
学習指導要領の改訂で4月1日から高校家庭科で本格的な金融教育が始まり、金融庁が作成した教材がTwitter上で反響を呼んでいる。具体的な事例をクイズ形式で盛り込み、イラストやデータを交えてやさしく解説しているのが特徴だ。(2022/5/9)

16〜19歳に調査:
10代が「成年(成人)になったら挑戦したいこと」 1位は?
マーケティングアプリケーションズは、16〜19歳の男女を対象に「成年に関する調査」を実施した。成人になったら「最も挑戦したいこと」の1位に選ばれたのは?(2022/5/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
ロシアに進出している企業はどうなる? 撤退は「吉」か、継続は「凶」か
ロシア国内で海外の各企業はどのような対応を取っているのか。大手外国企業1000社以上のロシア国内での動きをウォッチしている、ある研究所のデータによると……。(2022/5/6)

ユーザーファーストの源は「データ」:
PR:医療ITで社会課題を解決するやりがいとチーム開発の醍醐味(だいごみ)とは
ただ作るのではなく、なぜ作るのか、サービスやビジネス全体にどのような影響があるのか考えて物事に取り組む。そしてそれを明確に言語化する。私たちはこのチームで、日々成長しています。(2022/4/25)

標的型攻撃メールを疑似体験し、ランサムウェア攻撃への対応力を強化――ラックが新研修サービスを開始
ラックは、従業員のセキュリティリテラシーを高める教育プログラム「標的型攻撃メール訓練 T3 with セキュリティ教育」の提供を開始した。ランサムウェア攻撃を疑似体験するメール訓練とフォローアップする研修をパッケージで提供する。(2022/4/22)

応募者数は4年連続で増加:
2019年度を境に「若手社員よりも中堅社員の割合が増えている」 IPAが「iパス」の応募者数に関する情報を公開
IPAは、情報処理技術者試験の一区分である「ITパスポート試験」(iパス)の年間応募者数を明らかにした。4年連続で対前年度比増加率が10%を超えており、2021年度は過去最多の24万4254人だった。(2022/4/19)

MVNOに聞く:
IIJmio「ギガプラン」の反響と値下げの狙い 音声対応eSIMは「準備が整いつつある」
IIJは、2021年4月に導入したIIJmioの新料金プラン「ギガプラン」を、4月1日に値下げした。消費税の総額表示に対応した際の端数をなくすための色合いが濃いわずかな値下げだが、4GBプランを特に大きく値下げしている。ギガプラン開始から1年経過したのを機に、IIJmioの最新動向をうかがった。(2022/4/18)

「有線イヤフォン使いは厄介でITリテラシーが低い」? 音楽などの聴き方巡りSNSで物議、実は“炎上商法”かも
あるユーザーがツイートした「有線イヤフォンを使っている人を見ると、ITリテラシーが低く感じられる」という旨の投稿が話題になっている。メーカーや著名人なども反応しているが「炎上商法ではないか」と指摘する声も挙がっている。(2022/4/13)

半径300メートルのIT:
他人ごとではない内部不正の問題 “従業員を守る”システムづくりのポイントは?
IPAが「組織における内部不正防止ガイドライン 第5版」を公開しました。内部不正に関する豊富な事例と企業が抑えるべきポイントを紹介します。「ウチの従業員は信頼できる」と考えている経営者こそ目を通すべき資料です。(2022/4/12)

日本の低成長はクラウド導入の遅れが影響か デロイト トーマツが提言
デロイト トーマツは、ホワイトペーパー「クラウドによる経済成長の実現」を公開した。同社は、日本全体でクラウド導入を推進する必要があることを政府は認識すべきだと提言する。(2022/4/11)

「0円プラン」や「iPhone投げ売り」が与える影響は? MVNO復活に必要なこと(後編)
「モバイルフォーラム2022」のパネルディスカッション後編では、「MVNOの主なトピックから見える光明と課題」「MVNOに影響を及ぼすMNOの動き」の2テーマを議論した。MVNOも値下げ競争を繰り広げる中、どのように独自性を出せばいいのか。ドコモの「エコノミーMVNO」や「0円プラン」が業界に与える影響は?(2022/4/8)

「総務」から会社を変える:
今後はメタバースが主流? 総務は今、多様化するコミュニケーションツールをどう使いこなすべきか
総務領域の第一人者・豊田健一氏の連載。今回は、長引くコロナ禍で多くの企業がなかなか解決策を見つけられていない「コミュニケーション問題」について、総務の視点から解説する。(2022/4/8)

「人間関係構築が難しい」「ITに無縁なんだけど」――テレワークの課題にIT企業代表者はどう答えるか
コロナ禍で浸透したテレワークだが「人間関係構築が難しい」「ITに無縁の企業はどうすれば」といった課題も存在する。レノボ・ジャパン、ZVC、サイボウズ、アステリアのトップが集まり疑問に答えた。(2022/4/7)

月刊総務が調査:
デジタル化したい業務1位「文書管理」 DX課題は「従業員のリテラシー不足」が最多
総務専門誌「月刊総務」を発行する月刊総務(東京都千代田区)は、全国の総務担当者を対象に「DXに関する調査」を実施した。(2022/4/7)

キャリアニュース:
10年前と比べて製造業の社員に求められることが「変化した」――6割が回答
ラーニングエージェンシーが「製造業の社員に求められることの変化」についての調査結果を発表した。10年前と比べて、管理職、一般社員共に求められることが「変化した」と6割が回答。求められる社員像と実態には差があることも分かった。(2022/4/7)

責任は経営者にあり:
なぜ吉野家とスイス時計は“大混乱”に陥ったのか いまだにこんなことが起きる背景
吉野家のヘビーユーザー向けに、オリジナル名入り丼がもらえるキャンペーンが炎上。スウォッチがオメガとコラボした特製モデルを発売したところ、大混乱に。なぜこんなことがいまだに起こるのだろうか。(2022/4/6)

半径300メートルのIT:
これからのサイバー攻撃は小規模企業も標的に? 変わるための第一歩を紹介
小島プレス工業が不正アクセス被害に関する調査報告書を公開しました。本稿は、報告書を読み解きつつ、サプライチェーン攻撃に備えて企業がまずやるべきことを明らかにします。(2022/4/5)

モバイルフォーラム2022:
総務省の施策で本当に“乗り換え”は進むのか? MVNO復活に必要なこと(前編)
テレコムサービス協会 MVNO委員会は3月18日、「モバイルフォーラム2022」をオンラインで開催した。テーマは「リベンジ・今こそMVNOに乗り換える〜GoTo MVNO2.0〜」。パネルディスカッションは、「激動が続くモバイル市場 MVNOが復活を果たすために必要なことは?」と題し、大手キャリアの動きや総務省の施策を議論した。(2022/4/4)

AI・機械学習の独学リソース:
データサイエンス/AI/ディープラーニングの資格ガイド
AI/機械学習/データサイエンス関連で筆者が注目する、データサイエンティスト検定、G検定/E資格、統計検定、データサイエンス数学ストラテジスト、人工知能プロジェクトマネージャー試験という5つの認定資格や検定試験を紹介する。(2022/4/4)

そのノーコード活用、ちょっと待った! 本当に安全な使い方? 「ウチも効率化」の前に知っておくべきこと
非ITエンジニアでもアプリを作れるノーコード開発ツール。導入の上で重要なセキュリティ対策の注意点を、専門家の2人に聞いた。重要なのは、経営層などが導入の初期段階から関与することだという。(2022/4/1)

福岡・天神「エンジニアカフェ」の挑戦:
PR:「福岡らしさ」を世界へ 今、エンジニア×コミュニティに大注目なワケ
ビジネスとの結び付きが強いことで知られる福岡市。「起業」のイメージも強いが、昨今ではエンジニアのサポートにも注力している。中でも注目なのが、「福岡をエンジニアの聖地へ」をコンセプトに、福岡市の中心地である天神に立ち上げ、ハードとソフトの両面でエンジニアとそのコミュニティを支援する「エンジニアカフェ」だ。(2022/3/29)

市民開発が進めば、情シスはいらなくなる?:
成功&失敗事例から学ぶ、業務部門デジタル化の秘訣
業務部門がノーコード・ローコードツールを使って業務のデジタル化を進めるようになると、情シスは不要になるのだろうか?(2022/3/28)

製造マネジメントニュース:
管理職の「テクノロジーへの理解」が課題、国内人材強化に関する展望
ガートナージャパンは、日本におけるテクノロジー人材強化に関する展望を発表した。今後、テクノロジー人材を戦略的に底上げすることが、企業や組織の存亡を左右する要因になるという。(2022/3/17)

基本から解説!:
PR:日本初のバーチャルオンリー株主総会、成功の秘訣は? ユーグレナ社の事例から読み解く
ユーグレナ等の微細藻類に関する研究開発、関連商品の製造・販売などを行っているユーグレナ社が、2021年8月に日本初のバーチャルオンリー株主総会を実施した。562人の株主がオンライン出席し、開催後のアンケートでは99.5%が「評価する」と回答したという。不慣れな環境下で、どのように成功をつかんだのか? 同社のバーチャルオンリー株主総会を支えたJストリームのウェビナーから探る。(2022/3/17)

あの17項目とはちょっと違う?:
守井流「SDGs」でハイブリッドワークセキュリティを確保せよ
テレワークやハイブリッドワークのセキュリティを確保したいと考える企業の中には、何から始めればいいか悩むところも多いはずだ。「ITmedia Security Week 2022春」の講演でレオンテクノロジーの守井氏が、真っ先に対処すべき17項目を発表した。(2022/3/15)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「Emotet」って何? 感染拡大している理由は? 対策は? 副編集長に語らせた
送信者を偽って、マクロファイルを添付したメールを送りつける「Emotet」が感染拡大している。Emotetとは何か、どう注意したら良いのか、ITmedia NEWS副編集長が解説する。(2022/3/14)

12年間預けていたキッザニアの専用通貨が年利10%でとんでもねえ額に 「これが複利の力…!」
この札束でほっぺたぺちんぺちんしてみたい。(2022/3/15)

PR:現場主導のDXを目指した村田機械、パートナー企業の“伴走支援”を生かす
システムが現場に浸透せず、システム部門は現場からの改修依頼に応え切れない。そんな苦しい状況を打開しようと村田機械が取り組んだのが現場主導のDXだ。プロジェクト推進の鍵は“伴走者”との関わり方にあった。(2022/3/10)

「2025年までに3割の企業が現場でAIを利用」:
「管理職が新しいテクノロジーを理解できていない問題」が深刻化 ガートナーが人材育成に関する展望を発表
ガートナージャパンは、テクノロジー人材の強化に関する展望を発表した。今後はテクノロジーを扱える人材が企業の存亡を大きく左右することになり、管理職にも新たなテクノロジーに関するリテラシーが必要になるという。(2022/3/9)

2030年までに「存亡の危機」を迎えないために、企業が即取り掛かるべきテクノロジー人材の強化策とは
ガートナーによると、日本企業が今後予測される歴史的な大転換を生き残るためには、要となるテクノロジー人材の獲得と人材投資の強化を急ぐ必要があるという。(2022/3/8)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(1):
定年がうっすら見えてきたエンジニアが突き付けられた「お金がない」という現実
今回のテーマは、すばり「お金」です。定年が射程に入ってきた私が、あらためて気づいたのは、「お金がない」という現実でした。2019年には「老後2000万円問題」が物議をかもし、基礎年金問題への根本的な解決も見いだせない中、もはや最後に頼れるのは「自分」しかいません。正直、“英語に愛され”なくても生きていくことはできますが、“お金に愛されない”ことは命に関わります。本シリーズでは、“英語に愛されないエンジニア”が、本気でお金と向き合い、“お金に愛されるエンジニア”を目指します。(2022/2/28)

PCキーボードのキーそっくりな印鑑「キー印(keyin)」がユニークでかわいい 好みのキートップを選んで印面と組み合わせ可能
クリックで押印! 遊び心あふれる浸透印が進化。(2022/2/25)

書物のように“経年劣化するWeb記事”が5年を経て完成 古書のように茶けてアンティークな味わいに
最初は真っ白だった誌面も、今や古文書の風格。(2022/2/24)

ロシアがウクライナに軍事行動 各国首脳もTwitterでロシアを非難
Twitterでは、トレンドの2位に「ウクライナ」が上がっています。(2022/2/24)

『ピーターラビット』新訳版記念、紀伊國屋書店でお父さんが“パイになった姿”を展示 →「お父さぁぁぁん!!」「間違ってないがちょっと待て」の声
立体化はインパクトがあり過ぎる。(2022/2/24)

「セガ池袋」、3月9日から「GiGO 池袋1号館」に SEGAブランドゲーセンの店舗名変更が正式に始動
3月18日には、秋葉原と新宿の店舗もGiGOに。(2022/2/24)

ホロライブ、VTuber「潤羽るしあ」との契約を解除 「契約違反行為や信用失墜行為が認められた」
歌い手・まふまふからのメッセージ通知が写り込んだことで大きな騒動に発展していました。(2022/2/24)

小学館『幼稚園』付録に「JRの自動改札機」 タッチするとおなじみの音が「ピピッ」と鳴ってドアがオープン
JR東日本メカトロニクスとのコラボ付録。(2022/2/24)

PS5、スマートフォンからもプレイ動画やスクリーンショットのシェアが可能に PlayStation Appの新機能で
これは使いたい!(2022/2/24)

iPadの「メモ」がスケッチツールとして超優秀……!? レベルが高すぎる活用術に「私の知ってるメモじゃない」「新しい機能が追加されたのかと」
純正アプリでもここまで描ける!(※ただし技術が必要)(2022/2/24)

管理職に求められるスキルや振る舞いは? 現実とのギャップが明らかに
人材育成サービスを提供するラーニングエージェンシー(旧トーマツ イノベーション、東京都千代田区)は、「組織・チームの在り方の変化に関する意識調査」を実施した。調査から分かった「求められる管理職の在り方」とは?(2022/2/24)

地域金融機関19行参加 マネーフォワードが中小企業DX化のために独自グループウェアまで作成したワケ
マネーフォワードは2月24日、中小企業向けのサービス「DXF」を夏から提供すると発表した。バックオフィス向けのツールを中心に、グループウェア的な機能を中心とした簡易サービスだ。(2022/2/24)

「今日の八王子寒すぎ」「近所にパン屋できた」→そのSNS投稿、残して大丈夫? 個人情報リテラシーの啓発動画がゾッとする
東京都が実施したSNSトラブル防止動画コンテストの優秀賞受賞作。(2022/2/23)

約400人に聞いた:
学生に聞いた「マッチングアプリ」の嫌な経験 「行き過ぎた写真加工」を上回ったのは?
大学生を対象としてマッチングアプリに関する調査を実施した。マッチングアプリを利用したことがあるのは全体の3割だった。経験した嫌なこととは?(2022/2/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。