ニュース
» 2012年05月31日 12時39分 UPDATE

自動車に情報セキュリティ対策を――IPAが報告書公開

インターネット対応やオープン技術の採用が進む自動車にも情報セキュリティ対策が求められるという。

[ITmedia]

 情報処理推進機構(IPA)は5月31日、「2011年度 自動車の情報セキュリティ動向に関する調査」の報告書を公表した。自動車でもPCと同様にネットワーク経由による情報セキュリティの脅威に備える必要があると指摘している。

 報告書は、2011年度に発生した自動車の情報セキュリティに関する4件の事案と車載システムの脆弱性を突いた攻撃に関する研究などの5件の調査結果について、脅威と影響、対策をまとめている。近年は自動車のインターネット接続や車載機器やシステムの共通化(オープン化)が進み、脆弱性を狙ってネットワーク経由で外部から自動車が攻撃を受ける可能性が高まっているという。

 自動車の情報セキュリティに関する研究では、車載システムの脆弱性を狙った攻撃によって解錠やエンジンの始動、車内での音声の盗聴が可能になるとの報告がなされ、自動車全体に対して一貫した情報セキュリティ対策が求められている。

 調査を踏めて報告書ではユーザーへの適切な情報提供、悪意ある攻撃への備え、今すぐ始める情報セキュリティ対策――についての提言が盛り込まれている。

tkipa01.jpg 自動車の外部から車載LANへの不正侵入(IPA報告書より)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -