ニュース
» 2012年06月08日 14時30分 UPDATE

スカイツリーの展望台でもWiMAXにつながる、建築物では国内最高地点

UQコミュニケーションズは、東京スカイツリーの展望台がUQ WiMAXのサービスエリアになったと発表した。

[ITmedia]
tkuq02.jpg スカイツリー南側に設置された基地局(出典:UQコミュニケーションズ)

 UQコミュニケーションズは6月8日、東京スカイツリーの天望回廊と天望デッキがUQ WiMAXのエリアになったと発表した。

 エリア整備に当たっては、スカイツリー北側と南側の地上2カ所に設置した基地局から、天望回廊と天望デッキに向けて電波を照射する仕組みを採用。5日に天望デッキの「350出発ゲート」付近でPCとデータ通信カードを使ってスループットを調べたところ、下りで19Mbps、上り7Mbpsを記録した。その他フロアでもWiMAX通信を利用できるとしている。

 東京スカイツリーの天望回廊は地表からの高さが約450メートル、天望デッキが約350メートル。サービスエリア内や周辺の山間部などでたまたま電波をキャッチできたというケースを除けば、「(エリア整備したケースで)建築物としては国内最高地点」(広報部)という。

tkuq01.jpg 高い場所が対象のエリア整備例

関連キーワード

UQ WiMAX | WiMAX | 東京スカイツリー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -