ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東京スカイツリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

箱根がマジで「エヴァ化」!! 箱根史上最大規模のエヴァコラボキャンペーンがすごすぎる 駅もしっかり「第3新東京市駅」に
公園に「ロンギヌスの槍」がブッ刺さり、ユネッサンのお湯も「セカンドインパクト」しちゃったぞ。【写真45枚】(2020/1/15)

ハートやチョコのモチーフがかわいい 「コウペンちゃんカフェ2020」東京・埼玉・名古屋・大阪で開催
いっぱい癒されそう。(2020/1/13)

令和元年の東京、1万分の1で表現 じわり人気「御即位記念地図」ができるまで
国土地理院が刊行した、特別仕様の地形図「御即位記念地図」がじわじわと人気を集めている。即位の記念地図は、大正、昭和、平成に続き、今回が4回目。デザインを担当したチームでは、伝統を受け継ぎながらも、令和らしくいかに東京を表現するかという葛藤があった。(2019/12/26)

スカイツリーを見ながら「ととのった〜!」となるはずが…… ドラマ「サ道」とコラボした「スカイツリーサウナ」の先行体験に行ったらまさかの地獄が待っていた
ショックでその場に崩れ落ちました。(2019/11/30)

「スカイツリーサウナでととのった〜!」 東京スカイツリーに「サ道」コラボのサウナエンターテイメントが誕生
この非日常感。(2019/11/28)

渋谷地区で最高の230メートル展望台 「渋谷スクランブルスクエア東棟」お披露目
渋谷地区にはこれまでになかった約230メートルの高さの展望台や、日本初上陸の7店を含む213店の商業施設、オフィスから構成しており、渋谷の主な客層の若者だけでなく多様な層を取り込みたい考えだ。(2019/10/25)

コズミックハートコンパクトにそっくりなフルーツサンドも! 東京ソラマチ「セーラームーンカフェ2019」に行ってきたよ
メニューもグッズもクオリティが高い!(2019/10/24)

うんこのリーディングカンパニーに:
なぜ、人々はうんこにひき付けられるのか うんこミュージアムの魅力に迫る
お台場にある「うんこミュージアムTOKYO」に行ってみた。場内はウンスタジェニックエリア、ウンタラクティブエリアなどに分かれる。一定時間ごとに「うんこ・ボルケーノ」が噴火すると、場内はうんこのシュプレヒコールであふれた。なお、場内にトイレはなく、うんこはできない。うんこにとことんこだわったミュージアムの裏側には「うんこのリーディングカンパニーになる」という熱い思いがあった。(2019/9/28)

ビール2億本分の“巨大ジョッキ”:
30周年のアサヒビール本社 異彩を放つビルはなぜできた?
東京・隅田川のほとりに建つ、ビールジョッキの形をした「アサヒグループ本社ビル」と、巨大なオブジェが載った「ホール棟」。創業100周年記念として建設されてから30年。今もランドマークとして親しまれている。この目立つビルに込められた意味とは?(2019/9/20)

「花火撮るのヘタすぎてスカイツリー爆破されたみたいになった」 奇跡の1枚が爆笑を呼ぶ
タイミングっ!(2019/7/30)

プロジェクト:
浅草とスカイツリーを結ぶ水辺整備推進、東武鉄道と墨田区が連携
東武鉄道と墨田区は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて隅田川エリアの水辺整備を推進する。浅草と東京スカイツリータウンを結ぶ東西エリアで、親水テラスや鉄道高架下、コミュニティー道路、公園、橋梁歩道橋を一体整備。公共空間の恒常的なにぎわい創出を目指す。(2019/7/16)

“東京で生きる”男子の迷いと変化 「東京独身男子」最終回、あえて結婚しない男子たちが辿り着いた答えとは?
結婚してもしなくても、今の自分に納得することが幸せのはじまり。(2019/6/10)

水曜インタビュー劇場(令和初日公演):
紙の地図はどう変わったのか? 銀行のロゴが消えた理由
とうとう平成の時代が終わった。この30年を振り返ると、就職氷河期があったり、携帯電話が普及したり。さまざまな出来事があったが、記者が注目しているのは「紙の地図」である。昭和から平成にかけて、どのような変化があったのか。地図を作製している昭文社の担当者に聞いたところ……。(2019/5/1)

5Gの課題や、"さらにその先”にも言及:
「5Gはビジネスモデル構築の段階に」 ドコモ講演
NTTドコモの執行役員で5G(第5世代移動通信)イノベーション推進室室長の中村武宏氏は2019年4月12日、東京都内で開催された「Keysight 5G Sumimit 2019」のなかで、「5Gのリアルと未来」と題した基調講演を行った。中村氏は、「世界的にも5Gの商用化が前倒しされており、2019年から多数の国・都市で5G商用化が始まる。ドコモとしても、次のフェーズへ進まなければならない」と語り、商用化に向けた取り組みや今後の展望を説明した。(2019/4/19)

ポケモンGOの障害、GPS週数ロールオーバーとは無関係
7日に開催された「Pokemon GO」のイベントで一時障害が発生しました。折しもGPS週数ロールオーバーが起きた日とあり、ネット上には障害と結びつける書き込みが散見されましたが……。(2019/4/9)

平成30年間を振り返るスイーツ「平成ヒストリー」が発売 パッケージには当時の流行語が現れる小窓も
イラストやめくれる小窓、そしてスイーツを楽しみながら平成を振り返ろう。(2019/3/9)

「国宝王国」の新たなコンテンツは“かき氷”:
JR東海が「駅のない」奈良で観光キャンペーンを仕掛ける理由
JR東海が「駅のない」奈良で観光キャンペーンを仕掛けるのはなぜか? 「そうだ 京都、行こう」によって、京都を、日本を代表する観光地に押し上げた再現はなるか。(2019/2/22)

やることがイケメン! 勝地涼、木村拓哉から“粋なプレゼント”もらい感激「あっちゃん、やったよ!」
これはうれしい。(2019/1/23)

ディズニーアンバサダーホテルに「キングダムハーツルーム」が登場! 実際にキーブレードで扉を開けられるぞ
おはようからおやすみまで、キンハーの世界へ!(2019/1/15)

ドコモの5G実証実験はここまで進んでいた 「DOCOMO Open House 2018」レポート
ドコモが東京ビッグサイトで展示会「DOCOMO Open House 2018」を開催。ドコモの最新の研究開発の取り組みに加え、経営戦略「beyond宣言」の実現に向けての取り組みが分かる。5G実証実験の進展が分かる展示を紹介する。(2018/12/7)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
超広角カメラって楽しい! 「HUAWEI Mate 20 Pro」の進化したAIカメラを試す
Huaweiのフラグシップスマートフォン「Mate 20 Pro」が日本に上陸する。従来のモノクロカメラの代わりに超広角カメラを搭載したわけだが、どんなものか撮って試すことにした。(2018/11/28)

2025年大阪万博決定に関係者喜びの声 大阪では55年ぶり
BIE総会で3カ国による争いを制す。(2018/11/24)

郵便ポストはなぜ赤いのか?
赤じゃなくても良くない?(2018/11/10)

「メタグロス」量産で戦局が変わる やり直しコミュニティデイ顛末
10月28日(日)、スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(以下、ポケモンGO)で「ダンバル」のコミュニティデイが実施されました(1週間ぶり2回目)。今回はどうだったのでしょうか。(2018/11/1)

ダンバル大量発生で東京が「更地」に 運命に抗うトレーナーの決断
10月21日(日)の午後0時20分、日本の首都・東京は、その大部分が「さら地」になりました。これは多くのポケモンGOトレーナーが直面した悲しい現実、そして希望のお話。(2018/10/24)

コミュニケーション面の課題解消:
日本・台湾のタクシー大手が「Web配車予約」で連携 観光・送迎で相互送客
大和自動車交通が台湾のタクシー最大手・台湾大車隊と業務提携。Webサイトやアプリ上で、相手国での配車を予約できる実証実験を始めた。観光タクシーや空港への送迎にも対応する。(2018/8/6)

ディズニーリゾート至近で25年、地元のファンにも愛される:
気分は月9!? 驚きのオプションもある「浦安ブライトンホテル東京ベイ」を体験してきた
東京ディズニーリゾート至近の「浦安ブライトンホテル東京ベイ」。25周年を迎える老舗に体験宿泊。(2018/7/11)

楽天のMNO参入でどう出る? ドコモダケはどこに? ドコモ株主総会 質疑応答
ドコモが6月19日、第27回定時株主総会を開催。ドコモの吉澤和弘社長が事業報告をするとともに、株主からの質問を受け付け、吉澤氏をはじめとする役員が答えた。楽天のMNO参入やポイント事業について多くの質問が集まった。(2018/6/19)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
地元の技術を集結「完全地産」のお土産――製造業ご当地お土産プロジェクト(長野県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第27回。長野県伊那市の製造業者が連携して、完全地産に取り組んでいる「製造業ご当地お土産プロジェクト」を取り上げる。(2018/6/15)

佐川、手荷物配送で“手ぶら観光”サポート 京都・大阪でも
佐川急便とエムケイ、JALエービーシーは、関西国際空港と京都市内間で、手荷物を即日配送するサービスを始めた。エムケイのタクシーの空きスペースを利用する。(2018/6/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」GW特別編:
JRの“大回り乗車”で房総半島1周 海を眺めて名物駅弁を食べる
JRの大都市近郊区間のみを利用する場合の「特例」を利用して、大回り乗車を楽しむ旅。今回は房総半島方面に向かう「海編」。(2018/5/2)

家族で楽しめる「5G体験空間」 ドコモが東京ソラマチにオープン
NTTドコモが、東京ソラマチに常設型の5G体験スペースをオープンする。家族や子供でも楽しめるような展示を目指すという。(2018/4/19)

あなたの知らない路線図の世界:
自己中心的! “思惑”が見え隠れする「えこひいき」路線図
路線図には企業が独自に作る「インディーズ」のものもある。特定の建物に案内するための路線図は、時として「誰をターゲットにしているか」といった思惑を浮かび上がらせることも……。(2018/4/9)

さよならPHS。往年の名機「京ぽん」をいま使ってみた 11万画素のカメラで写す、2018年の東京
PHSは2018年3月31日に新規受付を終了します。(2018/3/31)

「パソコンが2000年をカウントできない」 50年の歴史を追体験できる「人生ゲームタイムスリップ」
タカラトミーは、「人生ゲーム」の発売50周年を記念して「人生ゲームタイムスリップ」を3月末に発売する。コンセプトは、「家族みんなでニッポンの50年を人生体験する」(同社)。(2018/3/15)

新商品続々:
「人生ゲーム」50周年 友情・努力・勝利の「少年ジャンプ」コラボも
タカラトミーの「人生ゲーム」が発売50周年を迎える。50周年を記念した新商品ラインアップが続々と登場。「週刊少年ジャンプ」とコラボした「週刊少年ジャンプ人生ゲーム」も発売する。(2018/3/15)

月食でスーパームーン 珍しい「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」の写真、SNSに続々
ステキ!(2018/2/1)

Dev Basics/Keyword:
Custom Vision Service
Custom Vision Serviceを利用すると、何点かの画像をアップロード/タグ付けすることで、画像分類を行うためのカスタムモデルを作成可能だ。(2018/1/23)

乗って解説:
「革新ライン」が動きだしたKYB岐阜北工場、クルマの個性を支える足回りの秘密
KYBの売上高の過半数を占める四輪車用のダンパーと電動パワーステアリング(EPS)。クルマの個性や運転の感触を決める重要な部品でもある。KYBの岐阜北工場で、ダンパーやEPSの競争力を支える生産ラインや評価施設、テストコースを訪れた。(2018/1/5)

下り4.52Gビット/秒を達成:
スカイツリー〜浅草間で28GHz帯5Gの伝送に成功
Huawei(ファーウェイ)とNTTドコモ、東武鉄道の3社は2017年12月7日、東京スカイツリーと浅草間で、28GHz帯を用いた第5世代移動通信(5G)の高速伝送に成功したと発表した。(2017/12/8)

タイムアウト東京のオススメ:
運動不足を解消する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/11/28)

スターバックス481店舗が12月11日にライトダウン(消灯) 「京都議定書」採択から20年
埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市の九都県市内の一部店舗が対象。(2017/11/23)

【連載】浅草ソーシャルおじさんが教える、小さな組織のメディア運営 第1回:
「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮するSNS動線設計とは。(2017/11/17)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
“おとなのパルコ“は上野・御徒町で成功するのか?
人気急上昇中のイースト東京エリア、その中心的な街とも言える上野・御徒町に新しい「パルコ」が11月4日にオープンしました。これまでのパルコと何が違うのか? 店づくりの特徴からこれからの消費トレンドを探ります。(2017/11/6)

東京都内で8月から開始:
タクシー代を「乗る前に」決定 国交省が実験のワケ
国交省が、タクシーの配車アプリを活用して乗車前に運賃を確定するサービスの実証実験を8月から都内で実施する。どのような目的があるのだろうか。(2017/7/28)

ポケモンGOの“伝説”レイドバトルに挑戦!
(2017/7/23)

「ポケモンGO Plus」にリングオプションを装着してみた――ステッカーでスーパーボールに変身!
(2017/7/17)

北千住と赤羽が浮上:
住みたい街の基準、潮目は変わったのか?
毎年発表されている「住みたい街(駅)ランキング」に、異変が起きている。「北千住」や「赤羽」など、これまであまり見向きもされなかった街が、人気エリアとして浮上している。今後、どんな街が浮上して、どんな街が寂れていくのだろうか。(2017/7/10)

うまみちゃん、歌うまっ! 「うまい棒」妹キャラがまさかのCDデビュー決定
歌もうまい。(2017/6/20)

Smart Sensing 2017:
ソニーが独自LPWAを展示、100km超の通信を実現
ソニーセミコンダクタソリューションズは、「Smart Sensing 2017」で、独自開発の低消費電力広域(LPWA:Low Power Wide Area)ネットワーク技術について紹介した。2017年4月に発表したもの。極めて遠い距離や高速移動中の車両からでも安定した無線通信が行える。こうしたいくつかの実験データを示した。(2017/6/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。